これから引越しする人に・・・

2018年11月09日(金)
【様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越し】
様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。


中でも特に重要度の高いものとしては免許証など、自動車関連のものかもしれません。


免許証は、登録してある住所を変更してもらうのですが本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、ただちに手続きをすませてしまう人は多いです。


しかし、大事な車庫証明の登録は忘れられていることがあります。


これについても警察署で手続きができますので、忘れずに免許証とセットで済ませてしまえば何度も足を運ばずに済みますよ。


引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手続きの筆頭といえば、自動車などの運転免許証を住所変更することです。


運転免許証を写真付き身分証明書として使う場面は多く、一日でも早く、住所変更の申請に行くことをすすめます。


転入した地域を管轄する警察署に、運転免許証と一緒に新しい住民票の写し(本人だけの記載で良い。


住所変更した後の健康保険証や公共料金領収書なども有効)を出した上で、届を書き、少し待っていれば手続きは完了です。


都会のマンションやアパートでは、最近は隣に住んでいる人のことを全くはっきりしなくても何とかなるというのがごく普通になっています。


そうは言っても、日頃から挨拶を交わし、何かあったときにはお互いに助け合えるという関係はあってもいいのではないでしょうか。


関係作りの最初の一歩として、引っ越してきたときには手土産を持ってお隣に挨拶に行くことがまず必要です。


いろんな引っ越しのやり方がありますが、梱包から何から作業を全てお任せにしてしまうと、もちろん、サービス分お金がかかることになります。


単身での引っ越しなら、お一人用の引っ越しパックやコースを利用すると良いようです。


こうするだけでも、引っ越しのコストをかなり抑えることができますし、その分は、何かと物入りな新生活のために残しておくと良いでしょう。


部屋を引っ越して出て行く際、扱いに困るのがエアコンです。


けれど、賃貸住宅から退去するのなら、管理人や管理会社の担当者に対して部屋のエアコンを、設置したまま残していくことが可能かどうか一度尋ねてみましょう。


管理する人の立場からすると、次の住人がすぐに使えるのでそのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。


エアコンをこうして残していける場合は取り外し工事の料金がかからなりますから、その分、少し節約できるかもしれません。


15:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++