これから引越しする人に・・・

2018年01月13日(土)
【いよいよ引っ越し、という時に】
いよいよ引っ越し、という時に運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についても会社のサービスとして行ってくれるプランやコースがあります。


であるならば時間をとる梱包作業は業者にしてもらうことを、おすすめします。


業者の方が作業には慣れていて、時間もかかりませんし、なんらかの事故が起こってしまった時に実際の作業をした業者が、その責任をとって被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。


単身で引っ越しするときベッドか布団かは悩むところです。


ワンルームに引っ越すとすると、かなりの面積を占めるのがベッドです。


それに、業者がベッドを移動するとき、新居の玄関からベッドを入れられないといったハプニングも起こるようです。


そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることを試しに始めてみると部屋をより広く使えるようになりますよ。


マンションやアパートですと、今では隣に住む人の顔さえ知らなくて済んでいるのが当たり前のこととして受け入れられています。


だからといっても、日頃から挨拶する、切羽詰まったときには気軽に助けを求められるくらいのつながりがあった方が良いでしょう。


関係作りの最初の一歩として、転入の際には、ちょっとしたおみやげとともに両隣に挨拶に行くことをおすすめします。


住まい探しについては、近くにある不動産屋さんの店舗に問い合わせに行き、そこで探してもらいました。


そこのお店で、私を担当してくれた方がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、担当の人がおすすめする物件の中から、選ぶことにしました。


近所に何軒かある他の不動産屋さんへも訪れてみるつもりだったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれるということらしいので、不動産屋さんをいろいろ回らずに済んで助かりました。


今の家に私たちが引っ越したとき、当時1歳になる子供がいました。


こんな幼い子供でも何かと変わったことを感じていたようで戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。


引っ越したときに、子供のものについてもおもちゃや衣類など仕分けることにしました。


何かと整理する中で母子手帳があったので、今まで書いたところを改めて読みました。


それほど昔のことではないのに、ずいぶん懐かしく感じました。


04:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++