これから引越しする人に・・・

2021年04月07日(水)
【国民年金の加入者が引っ越しを行なうと、加】
国民年金の加入者が引っ越しを行なうと、加入者なら持っているはずの、国民年金手帳の住所を変更する手続きをしないといけません。


引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場でなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。


手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。


どうしても本人が手続きに行けない、という場合は、記入漏れのない委任状が出せれば本人の代理人が、手続き出来るようになりますので、ご参考までに。


引っ越し代を安く済ませたい方にとって、味方になってくれるのが赤帽です。


中でも単身引っ越しでは評価が高い引っ越し業者です。


ほとんどが時間制の料金が適用されるので、荷物運びを手伝うことで作業時間を短縮することが可能です。


赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、一般的な引っ越しの荷物の量であれば、何の問題も無いでしょう。


転居をきっかけとして、電話回線をどうするかも考えていくべきでしょう。


今どき、固定電話は絶対必要とは言えませんが、やはり電話回線を使い続けたいとすれば、電話会社との間で、転居しても使い続けるための意外と時間がかかるやりとりが生じます。


書類の往復に手間取っていると、固定電話のない生活を余儀なくされますから年度末やお盆、年末年始などは特に急いで片付けるようにするべきです。


距離が近い引っ越しの場合でしたら業者の手を借りずに引っ越しすることは可能です。


方法を説明しますと、とにかくまず、自家用車を使って運べるだけの荷物をコツコツ新しい住居に運んでしまいます。


少量ずつであっても、何日もかけますからあまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。


大型家具などは、さすがに自家用車では無理なので、トラックを一日レンタルして、運んでしまいましょう。


この方法を実行できれば、費用は大幅にコストカットできるはずです。


今日においても、引っ越しの挨拶は必要不可欠なようです。


転居元・転居先の隣近所へちゃんと挨拶に行くのが今後の生活を気持ちよく過ごすためにも良いと思います。


実際問題、挨拶を欠かしたために隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。


生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣近所の人には、出来るだけきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。


12:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++