これから引越しする人に・・・

2020年06月30日(火)
【引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じ】
引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのはエアコンの設置や取り外しの工事代だと言われています。


エアコンの設置や取り外しは、専門知識のない人にとっては大変難しいので、必ず専門業者を呼びます。


なので、エアコン取り付け一台につき一万円くらいはかかるのが普通です。


ですが、もしエアコンの取り外しと取り付けが、引っ越しプランのオプションとしてついているなら値段はそう高くはならないようですが、引っ越し業者はエアコンを新居に運ぶだけ、そして工事をどこにも頼んでいないという場合は、改めて専門業者に取り付けを頼むか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取ってもらうようにするか等々いろいろと、考え合わせてみると良いですね。


うちの洗濯機はドラム式で、少し前のことですが、転勤による引っ越しをしています。


新居に引っ越した日、荷解きをしていたら、ダンボールが濡れているのを見つけてすぐに業者に電話をしました。


原因は、洗濯機でした。


ホースの中の水が運搬時の揺れなどで出てきてしまい、それに気付かないまま荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。


箱が濡れていただけで、別段何か損害が出たわけではありませんが、ホースの中に残った水を抜く、ということは考え付かなかったので次回からは気を付けたいです。


引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらったのですが、大きな疑問を感じてしまいました。


実は、液晶テレビを運ぶのには個別の保険をかけることになっているそうです。


そのとき運んでもらったのは40型の液晶テレビで、30万円以上の購入価格であれば、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。


どうしようもないので、1500円くらい払って保険をかけました。


これで良かったのかずっと疑問に感じています。


あらかじめ引っ越しの費用がいくら掛かるのか、把握しているつもりでも予定外の出費なども重なり、思っていた以上にかかってしまうことがあります。


そういうことですから、出費を抑えるためにも業者の選択はよく考えて検討した方が良いでしょう。


と言いますのも、同距離で荷物が同じ量の場合でもそれぞれの会社によって料金体系も異なりますので、それが金額の違いになります。


引っ越し料金一括見積サイトの存在が、業者ごとの料金を知りたい時には役に立ちそうです。


サイトを訪問して必要事項を打ち込み、申し込みをするだけで業者から見積もりを知らせてきますので、それらを比べることができ、わかりやすいです。


法律上、賃貸物件からの引っ越しの場合、原状回復しなくてはいけないことになっています。


一方で経年劣化は避けられません。


入居者が壊したことが明らかとされれば修理費用は入居者持ちとなるわけですが、壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは修理費用を出す必要はないとされます。


賃貸の場合、住宅を傷つけないように暮らすのがいずれやってくる退去時を考えると賢明です。


05:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++