これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年06月24日(月)
【引っ越しに際しては、様々な手続きが必要に】
引っ越しに際しては、様々な手続きが必要になってきますがインターネット環境をちゃんとしておく、ということも大事なことです。


思うところがあって、プロバイダを変更したい時はこの機会に解約を考えてみましょう。


でも、そうではなく、今の状態を続けたいと考えるなら、今までの契約は維持し単に住所変更手続きだけで良いのですが、以前のプロバイダが新居では使えない場合もありますので要確認です。


もし、引っ越し先にまったくネット環境がなかったりした場合は開通工事などの必要も出てきます。


ネット環境が整うまで、しばらく時間がかかることもあるということです。


荷造りが大変なものはいくつかありますが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。


食器は割れ物が多く、細心の注意を払って梱包しなければ運搬中に壊れてしまったら泣くに泣けません。


どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。


繊細なガラス製品は、内側に新聞紙を詰めてから外側を包み、特別な箱に詰めるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば破損の可能性はかなり低くなります。


就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、おおざっぱで構いませんので、引っ越し準備をいつからどうやって開始し、引っ越しの日をどんな状態で迎えるか、というプランを立てましょう。


一般に、準備のスタートが早すぎると普通の生活を送る上で、困ることになるかもしれませんし、のんびりしすぎると予定に間に合わなくなることも考えられます。


まず手をつけていきたいのは、今使っていない本や道具、衣類などで、これらから最初にまとめていくようにすると作業を段取り良く進められます。


この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、そのときの対応が今でも気になっています。


液晶テレビの運搬に限って専用の保険があると言うのです。


問題になったのは40型の液晶テレビで、明らかに購入価格が30万円以上のため、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。


言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、この対応はどこでも同じなのかもやもやは今でも消えません。


引っ越しを業者に依頼する場合、引っ越しの日程など大まかな枠組みが見えてきたら、業者から見積もりをとり、業者との間で諸条件に折り合いをつけられれば、はじめて今後の作業を依頼することになります。


業者に荷造りを丸投げせず、ご自分で荷造りを進めるお考えなら、業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。


引っ越し当日になれば、作業の流れは全面的に業者に任せるのが普通です。


10:24
2019年06月23日(日)
【引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、業者によ】
引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、業者によっても必要経費が変わります。


多くの引っ越し業者がありますから、その中でも自分にとってベストな業者を選択したいですね。


他より多少費用が高い業者でも、引っ越しの時の不用品を回収してくれるサービスを行っている所もあるようです。


ですから、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、付随するサービスを確認した上で比較検討するのが良いのではないでしょうか。


引っ越しをする場合、アート引越センターに作業を依頼すると、順調に終わらせることが出来ると思います。


荷造りのための段ボールの用意や家具の運送などなど、引っ越しが完了するまでありとあらゆる作業をサポートしてくれると思います。


家具運びについてもしっかりと対応してくれますから当日もトラブルなく引っ越しを完了することが出来ると思います。


愛犬と10年近く一緒に暮らしてきました。


なので、住むところを変える際には絶対に、部屋でペットが飼えるタイプのマンションをどうにかして見つけるよう、頑張ってます。


単にペットが飼えるマンションというだけでなく、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといったちゃんと設備が整ったマンションがいいです。


そういった設備のせいもあって、家賃がそれなりに高くなってもそれでも犬と一緒にいられるなら、文句はありません。


以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折に完成したばかりのマンションを購入できまして、引っ越すことにしたのでした。


引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、天板を取り外して分解できる書斎机が、うまく分解できず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、不当な値段などではなかったと思いますが、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。


見積もりを出してもらった段階でどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。


引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによってかなり異なってきます。


日本で最も引っ越す人が増えるのは、学校や職場の異動が多い春で、業者に支払う費用は高くなります。


週末や祝日も、同様に高くなります。


引っ越しする時期や曜日は、そう簡単に変えられないことが多いでしょう。


丁寧に調べていけば、ネットでも電話でも、業者からの見積もりを無料で出してもらうことができます。


相場はどのくらいかしっかり調べ、費用を少しでも抑えていくべきです。


09:36
2019年06月22日(土)
【この頃ではもう、知る人も少なくなってき】
この頃ではもう、知る人も少なくなってきたようなのですが、引っ越しをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といった習慣がかつてはあったのです。


どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長くお付き合いを致しましょうという、願いが込められていますし、この度、お側(ソバ)に越してきた者ですとダジャレも仕込んでご近所のみなさんに振る舞ったのが、始まりだと言われているようです。


いよいよ明日は引っ越し、という日には、翌日のスケジュールがどうなっているか見てください。


何時の約束で引っ越し業者が来るか、作業終了の目標は何時かといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。


荷物は運びやすいように移動しておきましょう。


当日の関係者のために冷たい飲み物の準備をしておきましょう。


搬入が終わったら、飲み物を出すことで夏だと、とても感謝されます。


地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。


引っ越しの理由は進学や就職ですが、毎回苦労するのが荷作りです。


そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば荷物が丈夫になり、運びやすくなります。


スーパーなどのダンボールやクラフトテープに比べても丈夫さが全く違います。


途中で荷物が壊れないようにするためにも、何とか手に入れたいものです。


家族の事などを考えて家と土地を買ったのですが、そういった不動産の売買契約時には印鑑登録された実印が必要、ということを知らずにいたので、少々驚きました。


印鑑登録申請については、親が済ませていてくれていたのですが、今回は他の市から越してくる形ですから、転入先の公共機関(市役所や出張所など)において登録をやり直しておく必要があるわけです。


それを知って、急いで登録に行きましたがかなり慌てふためいたものでした。


予約を入れて、引っ越し作業を依頼しておいた場合、当日や前日に、いわゆるドタキャンをしてしまうことにより、業者からキャンセル料金を支払うよう求められるケースがあります。


業者は見積もり作成時、引っ越し業者はキャンセル料の発生条件などについてちゃんと説明しなければなりません。


ところが、口頭でなく書面で示されるとキャンセル料についての記載に気付けないこともあります。


ですから、業者に予約を入れる前に、キャンセル料がいつ発生するか尋ねておくべきではないでしょうか。


09:00
2019年06月21日(金)
【引っ越しは段取りが一番大事です。荷】
引っ越しは段取りが一番大事です。


荷物の量に見合ったダンボールを調達して、梱包作業を順次行ってください。


引っ越すときまで使うものが紛れないようにしておき、大まかな種類で分け、詰めれば大丈夫です。


中身が何か書いた紙を、ダンボールに貼っておくと荷解きの順番を考えられます。


引っ越してすぐ使う、電気やガスや水道などの転出入手続きも日程を考え、計画的に取りかかりましょう。


転居先に出かけたり家電を処分したりすることも含め、引っ越しにまつわる出費はかなり高額になってしまうことが多いです。


そういうことですから、出費を抑えるためにも業者の選択は少し慎重になった方が良いかもしれません。


引っ越し料金については、距離や荷物の量が変わらない時も各業者ごとに金額の違いが出てきます。


無駄な費用をかけたくない、という人にご紹介したいのが、引越料金の一括見積もりができるサービスサイトです。


サイトを訪問して必要事項を打ち込み、申し込みをするだけで数社からの見積もりを比べて検討ができるので、忙しい時でも手間がかからないので、大変便利です。


引っ越しも来月に迫ってきましたがピアノを転居のときに持っていくのか持っていかずに処分するかで迷っています。


誰もピアノを弾くことはなく、場所をとるだけの存在です。


一方、捨てるというのも無料では済まないだろうし、悩みは尽きません。


もらってくれる方がいれば一番良いと思いますが、引き取り手はそうそう現れません。


私は地方出身だったので、今まで3回引っ越ししています。


進学、就職をきっかけに引っ越したのですが、どうしても荷作りに手間取ってしまいます。


そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、少しお高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを手に入れるのが頑丈で運びやすい荷物が作れるということです。


スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは丈夫さが全く違います。


頑丈な荷物を作るためにどうしても必要ですから、何とか手に入れたいものです。


アパートやマンション、賃貸のお部屋から引っ越していく際、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。


何か効果があると到底、言えないのですが、ただ、管理人の印象は、かなり良くなるはずですから、敷金返還のことなどについて良い影響があるかもしれません。


お掃除については、もし落としきれない特殊な汚れや大きめの破損については、変に隠したりせず、あまり触らないでおきます。


張り切って修理しようとすると、たいてい悪化するのが常です。


09:00
2019年06月20日(木)
【どれだけの荷物をどこまで運ぶのかによって引っ】
どれだけの荷物をどこまで運ぶのかによって引っ越しの相場も変わります。


引っ越しにかけるお金を節約するために、何より先に、必要経費の大体の目安を付けるために相場を理解すると良いでしょう。


その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、一般的な相場より安くてサービスもセットになっている業者を選ぶのが充実した引っ越しになるポイントです。


引っ越しをするにあたっては、スムーズに準備を進めることも大切なのですが、覚えておかなければならないのは出費をどうやって抑えるかということでしょう。


引っ越しの準備はえてして計画通りには進まない物ですから、予想の金額を超えることだって多いのです。


業者に見積もりを依頼した時点で、出来るだけ安い業者を選べるかどうかが重要ですので、複数の引っ越し業者に一括で見積もりをお願いできるサイトを利用して、一番安価でサービスの良い業者を見付けるのが良いと思います。


単身世帯でも、大家族でもダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。


そんなときはスーパーなど、大きなお店に行くと、業務用ダンボールはほとんど無料です。


その場合、サイズは一定していません。


荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、同じサイズでなければ計画的に積んでいく必要があります。


今まで、何度か引っ越しの経験があります。


そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、今までは、引っ越し当日に解約することが多かったです。


引っ越し直前というのは、気力も体力も消耗するので引っ越しする前日の夜に最後のお風呂に入り、翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。


引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めば気持ちが休まるのです。


様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。


中でも特に重要度の高いものとしてはやはり、自動車関連でしょう。


普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は本人確認書類として大変重宝しますので、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。


でも、同じように重要な、車庫証明の登録し直しについては、後回しにされてしまうことがあります。


これについても警察署で手続きができますので、忘れずに免許証とセットで済ませてしまえば手間が省けるのではないでしょうか。


08:36
2019年06月19日(水)
【なんらかのサービスをしてもらった時にチップを渡】
なんらかのサービスをしてもらった時にチップを渡す習慣は、日本にはまったくありませんが、例外として、引っ越しの時は作業スタッフの面々にお金を渡すという人は、実は大半です。


素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、また、飲み物など差し入れを、あらかじめ用意したりします。


こういったことをする必要は、本来全くないのですが、作業をする方からすると、もらえるのはかなり喜ばしいことのようです。


気持ち良く作業してもらえるなら、チップ的なものも充分ありですよね。


無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。


ほとんど車に乗らないから、次の免許更新の時が来るまで別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、車やバイクの運転時に携行するだけではなく、運転免許証は使い道が意外とあります。


身近な例としてなら、携帯電話の機種変更時に、運転免許証を本人確認書類として使う人は多いです。


他に、スポーツジムの会員になったり、銀行口座の開設時などでも使われます。


因みに、住所変更で免許証が再発行されるわけではなく、裏面に新住所が新たに記載される形です。


時間もそうかかりませんし、早めに済ませておいた方が面倒がなさそうです。


同じ町内など、引っ越し先が近い場合は専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引っ越しはできます。


その方法ですが、まずは自家用車で運べる分の荷物を日数をかけて運んでいくようにします。


時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことで自家用車で無理なく、しかも十分な荷物を運搬できます。


そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。


このレンタルトラックで効率よく運び込んでしまいます。


この方法を実行できれば、費用はかなり安くできます。


引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。


ですがもしも、引っ越し前の家が賃貸であるなら、大家さんや管理人といった立場の人にエアコンは今のまま設置して、置いて行きたい、それが可能か知りたいと聞いてみるのが良いです。


次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。


エアコンをこうして残していける場合はエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、それなりの節約につながります。


引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと思う方もいるかもしれませんが、やはりご近所トラブルを未然に防ぐという意味でも必要不可欠ですね。


ここで悩むのが贈答品でしょう。


その中身はともかくとして、のし付けをどうするのが良いのかで戸惑う方も多いようです。


かしこまりすぎても逆に不自然ですから、のしは外のしが最適です。


表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記名するように指定すれば完璧ですね。


08:30
2019年06月18日(火)
【転居するのが好き、という方でなければ、引っ越しが】
転居するのが好き、という方でなければ、引っ越しが人の一生の中でも転換期になり得るわけですが、数々の大変な事態に陥ることもあっておかしくありません。


引っ越し当日は特に忙しいものですが、多くのことを同時にこなそうとし、どこかに番狂わせが起きると、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。


前日までの準備は万端にしておくことが必要です。


引っ越しでは、ご自分が所有する車も住所変更の届を出さなくてはなりません。


そうしたらナンバープレートも変わることになるのかちょっと気がかりな問題です。


これは単純な話で、ナンバープレートの変更は転入先を管轄する陸運局の問題です。


その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければナンバープレートの変更はありません。


陸運局の管轄地域が異なる場合、ナンバープレートも変更されるというのが決まりです。


引越しにあまりお金はかけたくないという人の赤帽は最適な引っ越し業者だと言えます。


ご存知のように、一人暮らしなどの引っ越しには実力を発揮します。


時間制による料金設定のため、荷物の運搬を手伝う事で作業にかかる時間を抑えることが可能です。


赤帽で使う車は軽自動車なので積載量が心配かもしれませんが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。


世間的にも、引っ越し先の挨拶回りは今後の生活を快適に過ごすためにも必要不可欠ですね。


ここで悩むのが贈答品でしょう。


その中身はともかくとして、のしをどうすればいいのかが難しい問題ですよね。


かしこまりすぎても逆に不自然ですから、のしのタイプは外のしにして、表書きに「御挨拶」、のし下に「自分の苗字」を記載すれば問題ないでしょう。


引っ越しをすると、様々な手続きをする必要が出てきます。


特に重要なものとしては免許証など、自動車関連のものかもしれません。


運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが便利な本人証明書という側面も大きいこともあって、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。


でも、なぜか車庫証明の登録し直しのことは、忘れられがちです。


これについても警察署で手続きができますので、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。


そうすると何度も足を運ばずに済みますよ。


06:18
2019年06月17日(月)
【就職や転勤、あるいは一人暮らしを始】
就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、簡単なもので充分ですから、引っ越しまでの大まかなプランを立てておきたいところです。


一般に、準備のスタートが早すぎると今現在の生活が少し、不自由になることもあるでしょう。


ですが、のんびりしすぎると予定に間に合わなくなることも考えられます。


ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などから少しずつ荷造りしていくと作業を段取り良く進められます。


忘れられていた様々なものが引っ越しの時に出てきますが、当然、不要品が出てきます。


悩ましい問題ですね。


こんな時に朗報があります。


引っ越し業者の不要品引き取りサービスの活用です。


電化製品などは、業者によっては粗大ゴミにすれば処分にお金がかかるものをリサイクルということで無料回収を行うところもあるので必ず調べてみましょう。


やっと、マイホームの購入をすることにになりました。


でも、契約締結をするためには印鑑登録された実印が必要、ということをその時に初めて教わりました。


親が私の代理で印鑑登録を申請してくれてはいたものの、今度買う家がそれまでと違う市になりますので、引っ越し先の市役所とか出張所にて登録をやり直しておく必要があるわけです。


契約直前になっていきなり登録に行く事になったので当時は結構うろたえました。


部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、かかる時間はどのくらいか、というといつも同じではありません。


何階の部屋か、荷物はどれくらいか、そして作業する人数などにより甚だしく異なってくるからです。


そこをかなり無理矢理、計算してみますと、一番短時間で済むのは、荷物の少ない単身者の場合で、これが30分程、家族数が多く、荷物も多い場合は2時間と少し程、一般的な家庭の引っ越しなら、大体この範囲内で積み込みは終わるでしょう。


引っ越しは一つの転機であり、様々な側面から、生活そのものを改めて検討するでしょうが、漫然と支払っているNHK受信料も検討しなければならないでしょう。


まして、引っ越すときにテレビを処分するのならどう考えても受信料を払う必要はありません。


まず、引き落としされていれば中断して、NHKに解約手続きを申し込む手続きを思い切って実行しましょう。


06:12
2019年06月16日(日)
【少しでも引っ越しにかかる費用】
少しでも引っ越しにかかる費用を節約したいならおよその見積もりを出してもらってから、引っ越し業者を決めるべきです。


業者に来てもらえば正確な見積もりが出ますが、業者に来てもらうことが困難であれば荷物が大体どのくらいか、電話で説明できれば大体いくらぐらいになるかわかります。


いくつかの業者の見積もり価格を出すと安くしてくれる業者もいるため損をしたくなければ、5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。


あこがれの年金生活ではありますが、今までとは全く違う生活になります。


これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。


退職前のお住まいがどんなところであっても、退職して年金生活になれば、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。


とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。


よりよい環境を求めて引っ越すのも今はごく当たり前の話です。


引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、当日や前日に、いわゆるドタキャンをしてしまうことにより、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。


見積もりを見せる時には、キャンセル料金について、その発生条件などを客に説明をする義務があります。


ですがこれを、書面だけで説明されてしまうとその記載部分に気付けないかもしれません。


なので、引っ越し作業の予約をする前に、念のためキャンセル料についての詳細を質問しておく方が良いかもしれません。


いつ引っ越しするか決まった時点で最優先しなければいけないのは転出届を提出し、転居を公にすることです。


この転出届、現在住んでいる市区町村で役所に行けば手続きできますし、郵便で役所に送ることもできます。


また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。


実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことができる市区町村が多いようです。


少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。


ですから、「選ぶ基準がわからない」「どこがいいのか判断できない」ということでしたら全国に支店のある大手にしておくとまず間違いのない選択となるでしょう。


大手といえば、例えばどこかということでしたら、テレビCMなどでもおなじみのアリさんマーク引越社などです。


こういった大手は、利用人数が桁違いです。


ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし良い引っ越しにしてくれることでしょう。





06:12
2019年06月15日(土)
【引っ越しの時に自分で荷物を梱包して準備を済ませてし】
引っ越しの時に自分で荷物を梱包して準備を済ませてしまう人も、大勢いらっしゃるようではありますが、業者にもよるものの、梱包作業も業務の一つとして、メニューに入っています。


こういった場合でしたら自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。


やはりプロですから作業は早くて、荷物の扱いに慣れていますし、荷物に何かがあったとしても梱包を行った業者が責を負って弁償するケースもあるためです。


洗濯機ですが、うちではドラム式のものを使っています。


以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。


新居に引っ越しの荷物が届けられた時、濡れて水を含んだダンボールに気付き引っ越し業者に連絡を入れてみました。


どうやら、洗濯機のホースに水が残っていることに気付かず何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。


その状態のままで引っ越し先に到着してしまったのでしょう。


荷台まで水は流れていきませんでしたから、特に害も無かったのですが、まさか、洗濯機のホース内の水を抜く、という発想はありませんでしたから今度からはぜひ気を付けたいです。


先日引っ越しをしましたが、大きい家具だけ業者に運んでもらい、後の細かいものは自分たちで動かし、お金を節約しました。


荷物の移動が一段落したところで、市役所で転入の手続きをしてきました。


何かと見落としていたこともあったけれど、いろいろな人が手をさしのべてくれてずいぶん助けてもらいました。


ご近所への挨拶も済ませ、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。


一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートでは隣人はどんな人なのか、ほとんどはっきりしなくても何とかなるというのが当然と思う人が増えています。


とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、切羽詰まったときには気軽に助けを求められるくらいの関係はあってもいいのではないでしょうか。


関係作りの最初の一歩として、引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、両隣に挨拶に行くことをおすすめします。


いろいろな引っ越しがありますが、どんな場合でも新しい環境に慣れるまでどうしてもお金がかかるものです。


引っ越し作業については安くあげたいと思うはずです。


少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。


どこの業者でも、割引は年度末などの繁忙期以外に引っ越しすれば基本料金から安くしてくれることが多いため割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。


06:12

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++