これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2021年04月22日(木)
【転居とともに絶対必要になる手続きの代表】
転居とともに絶対必要になる手続きの代表が自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。


運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。


転入した先の警察署で、交通課に運転免許証と一緒に新しい住民票の写し(本人だけの記載で良い。


住所変更した後の健康保険証や公共料金領収書なども有効)を所定の窓口に提出し、必要事項を書いて出せば記載事項変更は終わりです。


引っ越しなどで住所が変わった時は、すみやかに、国民健康保険の資格喪失手続きとそれから加入手続きもしておかないといけません。


資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。


必要なものは、国民健康保険証、印鑑、もう一つ、本人確認書類にできる運転免許証かパスポートを用意し手続きをします。


誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、提出しないといけないのが、転居届ですので、注意します。


引っ越しのため、自分のものを全部整理しました。


ぎっしり詰まっていたクローゼットの中身を全部出してみると、もう使わないものが大半だったので自分に腹が立ちました。


奥の方から出てきた服は何年も着ていないものばかりでした。


思いがけず、引っ越しのおかげで仕分けして処分することになり、クローゼットも、自分の心の引き出しもかなり身軽になれました。


まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で住んでいたこともあります。


ペット不可のアパートが圧倒的に多く一緒に住む友達は猫を連れていたのでその条件をクリアするのが大変でした。


不動産屋さんにも何度も問い合わせて猫が飼える物件に出会いました。


早速入居できたので私たちも猫も満足できるところに住めました。


引っ越しの準備もいろいろとありますが家中の物を持っていくかどうか仕分けをしてみたら、不要になった家具など、粗大ゴミが出てきます。


転居に伴う粗大ゴミは通常はゴミ収集日に持って行ってもらうことはできず、自治体に処分方法を聞いて指示通りに処分することになります。


粗大ごみを「そのうち捨てよう」と溜めておくと邪魔だし、一気に運ぶのは大変ですから、効率よく処分を進めておくと良いでしょう。


03:30
2021年04月21日(水)
【引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も多くの人が】
引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、誰でも知っている事業になりました。


一般家庭向けの引っ越し業者を調べたとき何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたという先入観がありました。


ところが、運送会社は近年、一般家庭を対象にした引っ越しを扱うようになっています。


運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。


これまでの人生の中で、引っ越しが多くない方にとっては往々にして、引っ越しは一生でも大事なイベントの一つかもしれませんが、数々の大変な事態に陥ることもあるかもしれないと考えておきましょう。


引っ越し当日はみんな忙しいのに、仕事が重なってしまったときにどこかに番狂わせが起きると、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。


当日までに、余裕を持って準備を進めておきましょう。


うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、ほとんどの引っ越し作業について、お任せするプランを利用しています。


ところで、毎回の事ながら、心付けをいつ渡すべきか、困ることが多いです。


お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、大変なお仕事を終わらせてくれた、素晴らしいスタッフの方々に、個人的なお礼の気持ちを伝えたいのです。


飲み物をペットボトル一本ずつ、プラス作業してくれた各々に千円を気持ちとしてお渡ししています。


でもふと、こういった際の心付けの金額は、皆さんはいくら包んでいるのだろうか、と気になっています。


学校や職場から便利なところに住みたい、家族が増えたり減ったりして、今の住まいでは合わないといったことがあって引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。


引っ越しで家財道具を整理し、使っていないものや着なくなった服など思い切って処分して、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。


もっとも、布団類は引っ越しで処分することは少なく、これまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。


毎晩寝て身体になじんでいるので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。


いざ引っ越しをと思っても、どの業者を選んだらよいのか悩む方も多いと思います。


これまで引っ越しの経験が無い場合は、色々な不安も感じると思います。


初めての引っ越しの時、私の場合は引っ越しのサカイでした。


他の業者にも見積もりを出しましたが、こちらが一番安価でサービスも良かったです。


従業員さんもすごく親切だったことが印象的でした。


これ以来サカイさんのファンで、引っ越しの時にはいつもお世話になっています。


違う業者も考えないわけではないですが、やはり慣れている所だと安心感と信頼感があります。


今後もまた引っ越しの機会があっても、ずっとサカイさんにお願いするつもりです。


02:36
2021年04月20日(火)
【先日引っ越しをしましたが、大】
先日引っ越しをしましたが、大きい家具の移動は業者に依頼しましたが、あとのものは自分たちで運びました。


先に荷物を全部移動させ、市役所で転入の手続きをしてきました。


何かと見落としていたこともあったけれど、思いがけない人が協力してくれるもので、嬉しい誤算でした。


両隣にも挨拶に伺いました。


まだ片付けはたくさん残っていますが、がんばるしかありません。


お店などで、何かをしてもらったタイミングですっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、引っ越しの時に限っては、業者に料金以外のお金を包むという人はかなり大勢います。


引っ越し作業という大仕事をしてくれるスタッフにお礼の気持ちをこめて、心付けを渡したり、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。


これらは、全く必要ないことではありますが、作業をする方からすると、もらえるのは素直に嬉しいし、正直助かる、ということです。


引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。


しかし、退去するのが賃貸住宅の場合なら、物件を管理する人を探してエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか聞いてみるのが良いです。


次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、あっさり希望が通ることがあるのです。


そうやってエアコンを置いていくことができれば撤去にかかる費用が丸々不要になりますから、幾分か費用の節約ができるでしょう。


今日においても、引っ越し時の挨拶は近所とのコミュニケーションを円滑に進めるという点から言っても大事なものです。


贈答品については、のし付けで戸惑う方もいると思います。


かしこまりすぎても逆に不自然ですから、のしは外のしが最適です。


表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記載すれば引っ越し挨拶の贈答品として十分だと思います。


引っ越しの荷作りをしているときになかなか整理できなかったクローゼットの中のものを全部出すと、使わないものをためこんでいたことがわかって仕分けが大変でした。


奥の方から出てきた服は長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。


結果として、引っ越しをきっかけに不要なものを片付けることができて、引っ越しの荷物も、自分自身もかなり身軽になれました。


02:18
2021年04月18日(日)
【引っ越しの荷作りをしているときにクローゼ】
引っ越しの荷作りをしているときにクローゼットの中を全部開けてみたのですが、いらないものばかりがゾロゾロ出てきて仕分けが大変でした。


とりわけ服は持っていたことを忘れるくらい長くしまっていたものがありました。


思いがけず、引っ越しのおかげでいらないものを手放すことができ、荷物も私の心もスッキリしました。


いよいよ来月引っ越しするのですが荷物の中にピアノを入れるか持っていかずに処分するかで迷っています。


持っていっても弾かないのでただの飾りにしかなりません。


これを処分するにしてもまた費用がかかりそうですし、本当に悩みどころです。


もらってくれる方がいれば一番良いと思いますが、引き取り手はそうそう現れません。


コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は引っ越し会社から借りることができる専用の衣装ケースがありますので、これを使うと荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。


衣装ケースではなくダンボールを使用した場合は一着ずつ衣類を重ねて梱包することになるのですがこういった衣装ケースの場合は様々な種類の衣服を、ハンガーにかけられている状態のままでケースに収めていくことができるのです。


新居で行なう荷ほどきも同様にハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことができて便利です。


数年前、新築の家を建てて引越しした際、何といっても、デスクトップパソコンの移動に全力を尽くしました。


なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。


業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。


しかし、他の荷物以上に業者さんが慎重に運んでくれて、傷もつかず、データも全て無事でした。


いよいよ引っ越し、という時に自分で荷物を梱包して準備を済ませてしまう人も、大勢いらっしゃるようではありますが、会社にもよるのですが、梱包を引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。


であるならばここは自分で作業せず、業者に梱包もしてもらうのが良いようです。


業者の方が作業には慣れていて、時間もかかりませんし、もし何か問題が起こった時には梱包作業をした業者がその責任をとり損害の程度に応じて弁償を行ってくれる可能性もあるからです。


23:06
2021年04月17日(土)
【引っ越しの時に様々な荷物を箱な】
引っ越しの時に様々な荷物を箱などに詰めていく梱包作業は、自分で行なうことにしている人が殆どのようです。


しかし、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についても会社のサービスとして行ってくれるプランやコースがあります。


でしたら時間をとる梱包作業は業者にしてもらうことを、おすすめします。


養生用のテープや緩衝材などもふんだんに使ってもらえますし、作業も慣れてて早いです。


それに、作業中や運搬中に、破損などの被害を受けることがあっても責任は作業をした業者にあるとして弁償するケースもあるためです。


どれだけの荷物をどこまで運ぶのかによって引っ越しにおける相場も変わることをご存知ですか?引っ越しにおける金銭的な負担を減らすためにも、実際に行動するより先に、必要になるお金の大体の目安を付けるために相場を分かっておくことが必要です。


こうして、業者の見積もりを比較検討した上で、相場より安価でサービスの良い引っ越し業者を見付けるのが後悔の少ない引っ越しの方法だと思います。


引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、その中でも、新生活を始めるにあたって、どうしても必要な水道を開通させることは引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。


水道を使えるようにするのは、いつぐらいが都合がいいかというと、引っ越し日に近いと、あまりに多忙でしょうから避けて余裕をもって、引っ越しをする日から、一週間前には使えるようにしておくことができれば、安心です。


大きな荷物を運ぶのは、引っ越し作業の中でも特に大変ですが、壊れやすい電化製品や、大きな家具にはダメージを与えないようにしましょう。


新しい住まいのために手に入れた大型家具などでしたら、ぜひ、クッションになる毛布などを家具に巻き付けたりして用心深く運ぶようにしたいものです。


お気に入りの新しい家具を、新居に置けるとなると嬉しいものですが、運んでいる途中で傷だらけにしてしまうと、誰だってガッカリしてしまうでしょう。


プロの業者から何らかのサービスを受けた時にチップを出す、という習慣は、かなり馴染みのないものですが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人は意外と多いです。


素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に労りや感謝の気持ちにかえて、お金を包むとか、あるいは飲み物、軽食などを用意する人も多いです。


ご存知の通り、差し入れも心付けも、必要ないものですが、作業スタッフからすると、もらえるとやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。


22:12
2021年04月16日(金)
【引っ越しは何度も経験してきました。】
引っ越しは何度も経験してきました。


どこでガスを止めるかはいろいろな意見があると思いますが、だいたい、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらいました。


引っ越し前はどんな時季でも気力も体力も消耗するので引っ越しする前日の夜に温かいお風呂をゆっくり味わい翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。


それに、当日になっても温かいものを飲むと気持ちが休まるのです。


就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、次はぜひ簡単に、準備の進め方を計画しておくと良いです。


一般に、準備のスタートが早すぎると今の生活に支障が出てくる可能性がありますし、あまりスローペースだと、予定に間に合わなくなることも考えられます。


ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などから梱包していけば無駄なく進めていけるはずです。


大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。


落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などという事態になったら困りますので、可能な限り、丁寧な仕事をしてくれそうな業者を選びたいと思っています。


転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、引っ越し作業は業者と一緒に行なうようにしていますが、運がいいのか、荷物をぞんざいに運ぶような業者に遭遇したことはありません。


とはいえ、引っ越し時には荷物の破損があった場合、補償する仕組みもあり、何もかも自分でやろうとがんばるのではなくプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。


引っ越しにお金はあまりかけたくないという場合、頼りになる引っ越し業者といえば、赤帽以外ありません。


中でもコンパクトな引っ越しにおいては他業者よりも強いです。


時間制による料金設定のため、荷物運びを手伝うことで作業の時間を短くすることが出来ると思います。


赤帽で使う車は軽自動車なので積載量が心配かもしれませんが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。


引っ越しは何度もしてきていますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。


忠告ですが「大事な物、壊れやすい物は他人に任せず自分で運ぶ」です。


まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。


割れたものが、自作のお皿だったりしたため、「まさか」と思い、衝撃を受けました。


ただ、値段のつくようなものではないので文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。


以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。


21:36
2021年04月15日(木)
【就職して、通勤に便利なところで一人きりの賃貸生活をす】
就職して、通勤に便利なところで一人きりの賃貸生活をすることになった時は、新居に運ぶ荷物が、数えるほどしかなかったので、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。


荷物なんて、ダンボールほんの数個で、レンタルトラックを使ったりするより格段に安く済みました。


かさばる寝具のようなものは向こうで新品を買うつもりでしたのでこんなやり方もできました。


引っ越しは先週末に終わりました。


引っ越し作業が全て終わり、部屋の電気をつけて明るくなったとき「これからここで生活するんだ」と嬉しくなりました。


その後、思い切って奮発し、普段ならぜいたく品の宅配のピザとお寿司、お気に入りのワインを並べて引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。


新しい生活にわくわくしています。


家族が多く、荷物も大変な量になりますから、引っ越し作業はもう、ほとんど業者にお願いしております。


ですが、いつも、心付けをどの時点で渡せばいいのか、迷います。


料金は料金としてちゃんと払うにしても、長い時間働いてくれた、働き者の皆さんに、自然に感謝の気持ちが湧きあがってきます。


いつも飲み物をペットボトルで一本ずつと、加えて現金で千円程度をお配りしているのですが、こういった際の心付けの金額は、皆さんはいくら包んでいるのだろうか、と気になっています。


人や家により、引っ越し作業の規模は違ってきます。


例えば全部の作業を任せるタイプの引っ越しを選ぶととても楽できますが、当然、その分だけ費用がかさむことになるでしょう。


ですから、独り身の人や単身赴任の引っ越しであれば、そうした状況に適したサービスがありますから、それを利用しましょう。


適正なコースの選択だけで、引っ越し費用は大きく減らすことができますから、そうやって浮かせたお金は、新しい生活のため使うことができます。


引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によってハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。


通常のダンボールを利用すると箱の中にたたんで詰める手間が必要となります。


でもこの衣装ケースを使うと衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。


新居に到着したら、開梱してハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。


17:00
2021年04月14日(水)
【自営業の人など、国民年金加入者が引っ越しをすると、】
自営業の人など、国民年金加入者が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、変更する事務手続きを行なうことになるでしょう。


期限は14日以内となっており、転居先の役場を訪れて年金手帳の住所変更を済ませてしまいます。


手続きの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。


どうしても本人が手続きに行けない、という場合は、委任状を作成することで親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。


転勤で職場が遠くなったので、とか家族の人数が変わった、などの事情があって人は引っ越しするのではないでしょうか。


引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものや着なくなった服など思い切って処分して、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。


しかし、布団は買い換えや処分を行うことなくこれまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。


一日のうち何時間かは必ず使うものですから引っ越しが手放す機会にならないと思われます。


誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、ガスコンロを引き続き使えるか、買い直すのか、検討するのも問題の一つでしょう。


私の場合は、家を新築したため、新しいガスコンロが用意されていましたが引っ越し先が中古の住宅であれば元々のガスコンロで間に合うこともあります。


ただし、ガスの種類が違うと同じガスコンロを使えないこともあるので、ガスコンロを転居後も使おうとするか、買い換えを検討しているならば、使いたいコンロが使用可能か、注意してください。


大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、つい、落としてしまったりしないか、などと注目してしまいます。


落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などという展開は最も避けたいので、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。


転勤族なので引っ越しは何度も経験していますが、作業は私も一緒になってやっており、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。


万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し業者から補償を受けられるので、素人の自分がやるよりは業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。


世間的にも、引っ越し先の挨拶回りは今後の近所づきあいがギクシャクしないようにするためにも欠かすことが出来ません。


贈答品にも気を遣ったほうが良いのですが、のしのマナーで戸惑う方もいると思います。


かしこまりすぎても逆に不自然ですから、のしのタイプは外のしにして、表書きに「御挨拶」、のし下に「自分の苗字」を記載するようにしておけば問題ないでしょう。


16:30
2021年04月13日(火)
【アパートやマンションといった、】
アパートやマンションといった、賃貸物件から引っ越す場合、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。


管理会社から、担当者が来て、部屋のチェックを隅々まで行います。


これを済ませてようやく退去になります。


また、いろんなケースもあるようですが、払うべき公共料金の支払いはちゃんと済ませておくことになっていますし、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。


社会人になったばかりの頃は友達と二人で部屋を借りて共同生活していました。


アパートだと、ペットを飼えないところが多く一緒に住む友達は猫を連れていたので条件に合う物件を探すのに苦労しました。


いくつもの不動産屋を回り、猫が飼える物件に出会いました。


早速入居できたので二人と一匹はとても幸せでした。


どんなケースであっても、引っ越しの前に最優先しなければいけないのは転出届を提出し、転居を公にすることです。


転出届を出すのは簡単です。


自分が現在住んでいる市区町村で役所の窓口に提出します。


郵送で送ることもできます。


また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を持参した代理人が提出することもできます。


この手続きは、転居する2週間前くらいからできる自治体がほとんどです。


引っ越し作業に最も影響を及ぼすのがお天気です。


どういうことかというと、特に雨の日などは、荷物の防水など、やることが増えます。


作業を一貫して業者に任せてしまうのでしたら、業者の不備で荷物が濡れるなどの心配はないものの、雨による渋滞で転居先に荷物が届く時間が遅れ、終了時間がずれ込むことはあり得ます。


梱包、開梱を自身で行うなら、どうしても雨天対策は必要になってきます。


季節によってはゲリラ豪雨などもありますし天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。


うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。


そして、いつも迷うのが、心付けをどんなタイミングで渡すべきか、です。


お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、朝から夕方までかけて、大きな仕事をこなしてくれた、プロの作業員の方達に、感謝の気持ちを抑えられなくなるのです。


おつかれさま、とペットボトル一本と千円ほどを手渡しておりますが、よそのおうちではどうされているのか、知りたい気持ちがあります。


16:24
2021年04月12日(月)
【引っ越しによって、今までになかった問題が生じるもので、】
引っ越しによって、今までになかった問題が生じるもので、オール電化の家に引っ越すのでない限り、ガスコンロを引き続き使えるかチェックしなければなりません。


私は引っ越し先が新築だったのでガスコンロも必然的に新しくなりましたが、引っ越し先が中古の住宅であれば今使っているガスコンロを引き続き使った方が良いかもしれません。


ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。


ガスコンロを引っ越し先でも使う場合や、買い換えの計画があれば転居先のガスの種類を確かめてください。


引っ越しの時には、何かとやることが多いのですが、その中でも、新生活を始めるにあたって、どうしても必要な水道が通るようになると、水洗トイレも使用可能にできるとあってかなり大事です。


そうすると、いつ頃水道を使えるようにしておくといいかというのは人によりますが、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。


そして念を入れて、転居当日の一週間程前の辺りに水が出るようになっているなら、一番良いです。


人それぞれ引っ越しの仕方は異なります。


荷造りから荷解きまで全部を引っ越し業者に任せることにしてしまうと、当然それだけ費用がかかります。


なので、単身での引っ越しを予定しているのなら、単身パックというような、そういった方向きのサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。


適正なコースの選択だけで、引っ越し費用は大きく減らすことができますから、その分は、何かと物入りな新生活のために使うことができます。


結婚のために引っ越したとき、宅配便で身近に感じていたヤマトの単身引越しサービスを利用しました。


専門の業者にお願いした引っ越しを初めて行ったので電話でも緊張していたのを覚えています。


ですが、スタッフ全員が対応もしっかりしており、どの作業も丁寧だったので信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。


今度引っ越しするときも、ヤマト運輸の利用を考えています。


業者にあらかじめ予約を入れて、引っ越し作業を依頼していると、当日、あるいは前日のキャンセルによって、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。


通常、見積もりオーダー時、キャンセル料が発生する条件についてちゃんと説明しなければなりません。


ところが、口頭でなく書面で示されると書類をしっかり読まないと気付けませんから、引っ越しの予約を入れようとする時に、キャンセル料がいつ発生するか質問しておく方が良いかもしれません。


15:18

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++