これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年04月28日(金)
【引っ越しにお金はあまりかけたく】
引っ越しにお金はあまりかけたくないという場合、おススメの引っ越し業者は赤帽です。


中でもコンパクトな引っ越しにおいては評判の良い業者です。


時間制の運賃料金もありますから、ご自身でも運搬をすることで作業時間を短縮することが出来ると思います。


赤帽で使う車は軽自動車なので積載量が心配かもしれませんが、単身の引っ越しの荷物であれば十分です。


引っ越しをすると多くの場合、さまざまな不用品がでてきてしまいますが、こういう品物をサービスとして買い取る、引っ越し業者が増えており、大変な人気を呼んでいます。


クローゼットやワードローブといったものから各種ブランド品、あるいは大きなテーブルや応接セットといったものまで、不用品の種類は多くなりがちです。


このように数と種類が多いなら、業者を選ぶのが賢明です。


なぜならそういうところは、査定がしっかりとしていますし、品物の種類ごとに買い取り先を探さなくて済みますね。


数多くのものに囲まれた生活を日常としている方には、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは所有するものの整理と荷造りでしょう。


どんなに周りが協力しても、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすればもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、これもチャンスだと思いきって処分に専念すれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。


引っ越しに関わる手続きはたくさんありますが、大事なことに役所への手続きがあります。


その手始めは転出届と転入届です。


先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。


そして転入する市区町村の役所でそれを提出して、転入手続きをするという流れになります。


言うまでもなく、転出届とセットでないと転入届の提出もできないことに要注意です。


この届が他の手続きの元になるので引っ越ししたら、すぐに手続きを終わらせた方が良いです。


以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折に新しく購入したマンションに、転居を決定しました。


さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、天板を取り外して分解できる書斎机が、うまく分解できず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、高い値段ではなかったものの、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。


見積もりをもらった時にでも追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大事だと思いました。


04:42
2017年04月27日(木)
【借りていた部屋から引っ越す時は、少しでも部】
借りていた部屋から引っ越す時は、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。


別段掃除をする義務はありませんし、掃除をして何かメリットがあるなどとは断言することができないのですが、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。


これが敷金返還について良い影響があるかもしれません。


ところで、お掃除をするなら、落とすのが難しい汚れだったり修理が難しいほどの破損などは、放置した方が良いでしょう。


無理矢理汚れを落とそうとしたり、破損部分を修理しようとしても、なかなか上手くはいきません。


引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、その私が、たった一つ皆さんに伝えたいことがあります。


「壊れやすいものは、絶対に他人に任せるな」です。


忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの食器が割れてしまっていました。


それらが、自分で作った陶器だったため、「まさか」と思い、衝撃を受けました。


といっても、高い物ではなかったので、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。


そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。


引っ越しをして住所が変わりますとそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。


運転はほとんどしないからということで、この次の更新時まで別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。


例を挙げると、携帯電話の申し込みだったり、機種変更の際に携行率の高さもあって、本人確認書類としてよく活躍しています。


また、新しく口座を作ったりする時も本人確認書類は必要です。


ですから、できるだけ早く最寄りの警察署か免許センターで、住所変更は済ませておきましょう。


全国共通の引っ越し必須グッズがあります。


荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。


誰でも簡単に手に入りますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、引っ越しに使ってくださいということで、このようなグッズをもらえるという話もよく聞きます。


契約すればただで手に入るものが、先に買ったものが無駄になったと泣かないように契約までの流れをよく見て、見積もりに来てもらう前に念を入れて確かめてください。


引っ越しの荷造りで大変なものといえば、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。


お皿やグラスといった割れ物は特に、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと運んでいる途中で壊れることも考えられます。


近頃、薄いガラスの食器が人気を集めています。


繊細なガラス製品は、内側に新聞紙を詰めてから外側を包み、業者によっては専用の箱を用意しているので、それに詰めるというように、どこまでも慎重に包んで、運べるようにすると破損の可能性はかなり低くなります。


04:42
2017年04月26日(水)
【どのような場合でもダンボールは引っ越しに】
どのような場合でもダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、無料ではないとか、それだけでは足りないとかいう話も耳にします。


上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、業務用ダンボールはほとんど無料です。


その場合、サイズは一定していません。


車に乗せるとき、ダンボールは縦にも横にも積み重ねられるため、同じダンボールを積むのでなければ積み重ねるとき配慮が必要です。


あらゆる引っ越しには大小さまざまな問題が伴ってきます。


ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。


自分の場合は新築に引っ越したので当然ながら新しいガスコンロがありましたが、引っ越し先が中古の住宅であれば引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。


引っ越し先でガスの種類が変われば、ガスコンロも使えないことがあるので、ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新しく買う予定であればどんな器具なら使えるかを確認しましょう。


今、来月の引っ越しのために準備していますが、引っ越し先までピアノを持っていくかこの際、処分するかどうか悩んでいます。


もうピアノを弾くつもりはありません。


ピアノもかわいそうかもしれません。


もし手放すとしても費用はかなりかかることでしょうし、悩んでいるうちに時間が経ってしまいます。


もらってくれる方がいれば一番良いと思いますが、探すのもけっこう大変です。


少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。


ですから、どこそこを利用したい、などという思い入れも特にないのなら名の知れた大手を使うのがやはり間違いがなさそうです。


実際の会社名を挙げるとするなら、CMでも有名な、アリさんマーク引っ越し社でしょうか。


全国展開しているような大手ですから、利用人数が桁違いです。


経験豊富なスタッフも大勢いるでしょうし安全かつスピーディに、仕事を済ませてくれるのではないでしょうか。


アパートなど、賃貸の部屋から引っ越す時は、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。


大家さんや管理人さんの立場の人が部屋に入ってきて、室内の状態をくまなくチェックする訳です。


立会いを終了させてやっと退去です。


また、いろんなケースもあるようですが、電気ガス、水道代など公共料金の清算はきちんと済ませておかないといけませんし、スペアを含めて鍵は全部返却することになっています。


返却漏れのないようにしましょう。


04:30
2017年04月25日(火)
【お天気の状態によって、引っ越し作業の効】
お天気の状態によって、引っ越し作業の効率は変わり、特に雨天時には、雨天用の梱包をする必要が出てきますし、足元が悪くなって運搬も注意深くなります。


作業を一貫して業者に任せてしまうのでしたら、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、道路事情が降雨により悪化して荷物の到着が遅れたりする等のトラブルは考えられます。


スタッフの手を借りずに、自分で荷物を梱包をするなら、濡らしてはいけないものはビニールで包む、などの対策はしておきます。


季節によってはゲリラ豪雨などもありますし念のための備えはしておいた方が良いですね。


引っ越し業者も星の数ほどありますが、全国レベルの実績を上げているのが引っ越しのサカイですね。


支店は全国に170社以上あり、自社の保有車は3500台超で、大手らしく、充実したサービスをできるようになっています。


幅広いニーズに応えられるよう、どのスタッフも一定水準のサービスを行うのでその意味でも、安心して依頼できます。


地方出身の私は、引っ越しもこれまで3回経験しています。


進学、就職をきっかけに引っ越したのですが、何回やっても荷作りには手間取るものです。


そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、多少割高でも、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープなら問題なく荷物を運べるのです。


ただでもらえるスーパーのダンボールやクラフトテープなどどは、運んだときに差が出ます。


荷物を無事に運ぶためには欠かせないものなので、あきらめないで入手しましょう。


退職して年金をもらうようになると、日常生活そのものが一変します。


これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。


今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、退職して年金生活になれば、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。


まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたらおそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。


退職金などを元手に、引っ越しを考えるのも良いのではないでしょうか。


引っ越しを一度でも経験すればきっとおわかりだと思いますが、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。


引っ越し経験は私にもありますが、解約の手続きそのものは難しいものではありません。


きちんと解約手続きを終わらせないと請求は自分のところに来てしまうので決して忘れてはなりません。


こうしたケースでは、引っ越した後もその月の使用料は全て料金を請求されるのが普通です。


04:24
2017年04月24日(月)
【賃貸の物件から引っ越す場合には、退去時の】
賃貸の物件から引っ越す場合には、退去時の原状回復義務はつきものですが、経年劣化は避けられないこととして考慮されます。


入居者による破壊や破損と判断されると修理費用は入居者持ちとなることが普通ですが、日焼けなど、避けられない変化は入居者の費用負担で直す必要はありません。


何にしても、余計な傷や変化を生じないように暮らすのが無難な道だと言って良いでしょう。


転居などきっかけがあって今後NHKは見ないという見通しがあり、受信料支払い契約を解除したい場合、自宅に受信できる機械がないことを証明する手続きも要求されて、思いの外大変なことになります。


加えて、受信料を自動引き落とし契約にしていると、解約の手続きが全て終わるまでは容赦なく受信料が引き落とされます。


段取りを決めたら、一日でも早く解約へと進んでいきましょう。


この間、引っ越しまして、準備で疲れてしまったのは確かです。


マンションの高い階に住んでいたため大きい荷物の移動は、業者にお願いするしかありません。


けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。


小さめの荷物で、自分で運べるものは何日も前から時間をとって、台車を借りて荷物を載せ、なんとか移動できました。


案外、台車は便利ですよ。


一般家庭の引っ越しを扱う会社としては実績を知られているのはパンダマークの引っ越しのサカイになります。


支店は全国に170社以上あり、自社の保有車だけで3500台以上あるので、一般家庭の引っ越しでも、大手の強みを生かしたサービスを用意しているのです。


細やかなサービスができるよう、スタッフの仕事も一定の水準を保っているので安心して引越しを任せることができます。


引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。


「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。


まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、陶器が何個か、欠けてしまっていました。


それらが、自分で作った陶器だったため、とてもショックを受けてしまいました。


とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、クレームをつけることはしなかったです。


以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。


04:24
2017年04月23日(日)
【少し調べてみるとわかるのですが、引っ越し】
少し調べてみるとわかるのですが、引っ越しにかかるお金というのは思わぬ出費もあったりして、意外とかかることが多いようです。


そういうことですから、出費を抑えるためにも業者の選択は慎重に考えてしかるべきです。


と言いますのも、同距離で荷物が同じ量の場合でも会社により、料金が変わってくることがあります。


複数の業者の料金を知って、引っ越しの費用をできるだけ抑えたいという人には、一括見積サイトが断然おすすめです。


使い方ですが、サイトの入力フォームに必要事項を書いて申し込むだけです。


そうしたら一度に複数の業者から見積もりを取れますから、重宝します。


単身世帯の引っ越しでは、通常の引っ越しパックを利用するよりも荷物の多くない単身世帯に向いたサービスを使っていくと引っ越し費用を抑えられます。


こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く荷物が少ない人向けという先入観をもたれますが、運べる荷物は結構多いのです。


若干荷物がはみ出すようなら、同じ業者のサービス、例えば宅配便などで送ると良いでしょう。


引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に気配りが必要なのは何といっても割れ物です。


新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。


安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。


ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、一個ずつ底から包むのが基本です。


新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくとぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。


また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、飛び出たところを先に包むのがコツです。


引越しで居住地が変われば、様々な形で届を出して、使い続けるために、変更することになるものもあります。


引っ越し後も固定電話を使う場合、番号が変わることがよくあるものです。


NTTに住所変更の申し込みをして引っ越し先で新しい電話番号を使うための手順をきちんと理解しておきましょう。


固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、同じ市内局番エリア内の引っ越しなら引っ越ししても電話番号は変わらないことになります。


引っ越しをすると、様々な手続きをする必要が出てきます。


それらの中でも、特に大事なものと言えば免許証など、自動車関連のものかもしれません。


運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが本人確認書類として大変重宝しますので、ただちに手続きをすませてしまう人は多いです。


しかし、大事な車庫証明の登録は忘れられていることがあります。


警察署で手続きができる書類ですから、免許証と一緒に手続きをしておけば二度手間にならずに済みます。


04:00
2017年04月22日(土)
【作業を順調に終わらせる計画性も、引っ越しにおいては重】
作業を順調に終わらせる計画性も、引っ越しにおいては重要ですが、覚えておかなければならないのはいかに費用を抑えるかということでしょう。


なんだかんだとお金が必要になり、予想の金額を超えることだって多いのです。


出来るだけ安く見積もってもらえるかどうかが要点になりますから、複数の引っ越し業者に一括で見積もりをお願いできるサイトを利用して、一番安価でサービスの良い業者を見付けるのが良いと思います。


快適で安全な住環境を構成しているのは住居内で終わるわけではありません。


近所との人間関係も、良好な住環境を作る要素だと思ってください。


その第一歩として、引っ越しの時の挨拶は早く終わらせておきましょう。


挨拶の品を準備してから訪ねることが大事です。


挨拶は要点だけ伝われば良いので、印象を良くするよう気をつけましょう。


はじめの印象は、後々までの人間関係を決めるものです。


冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくのを忘れ、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。


前日までに、冷蔵庫については庫内にものがないようにして、スイッチも全て切って下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てればもう大丈夫です。


庫内のもの、とりわけ生もの、氷などは前日までに計画的に消費し、常温で保管できるものを買うように配慮し、冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。


引っ越しプランは人それぞれながら、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。


しかしそうであっても、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、業者の作業を見ておいた方が良いです。


引っ越し業者の人が、もしも大型の荷物を運んでいる時に誤って壊したり、傷をつけたりすると、業者は、約款により補償を行わないといけません。


ただし、確かに引っ越しによってついた傷なのかを確認しておかないと、すみやかな補償が難しくなるかもしれません。


引越しにあまりお金はかけたくないという人の赤帽は最適な引っ越し業者だと言えます。


特に単身での引っ越しといった小規模な引っ越しにおいては評価が高い引っ越し業者です。


時間制の運賃料金もありますから、荷物運びを手伝うことで作業にかかる時間を抑えることが可能です。


赤帽で使う車は軽自動車なので積載量が心配かもしれませんが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。


02:36
2017年04月21日(金)
【単身で引っ越しするとき新居でもベッドを使うかどうか迷っ】
単身で引っ越しするとき新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。


ワンルームに住むとすれば、広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。


まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼しても新居の玄関からベッドを入れられないといったハプニングも起こるようです。


そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を思い切って試してみると結構適応できるのではないでしょうか。


引っ越し代を安く済ませたい方にとって、味方になってくれるのが赤帽です。


特に単身での引っ越しといった小規模な引っ越しにおいては他業者よりも強いです。


時間制による料金設定のため、荷物の運搬を手伝う事で引っ越し作業にかかる時間を可能でしょう。


赤帽車が軽という懸念があるかもしれませんが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。


住むのに手狭になってきたマンションを引き払い、家を買うことにしましたが、契約を問題なく完了させるために印鑑登録された実印が必要、ということをその時に初めて教わりました。


登録は一応していました。


親が代わりにやっておいてくれました。


しかし、市を越境して引っ越すことになるため、新居のある市の役所などに行ってまた登録をしておかなければならないのです。


なので、急に登録に行かないといけなかったですから大変慌ただしい思いをしました。


いよいよ年金生活というと、生活が大きく変わることは避けられません。


思い切って、環境も変えてみませんか?いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、退職して年金生活になれば、生活と住環境のずれが出てくるものです。


特に、賃貸にお住まいのご家庭ではおそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。


これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも十分検討の余地があります。


私が社会に出て間もない頃、仲の良い友達と住んでいた時期がありました。


ペット不可のアパートが圧倒的に多く猫を飼っている友達は猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。


いくつもの不動産屋を回り、やっと条件に合う物件を見つけました。


すぐに入居でき、私たち二人も、そして猫も喜びました。


02:24
2017年04月20日(木)
【いろいろな引っ越しの進め方がありますが、全てを業】
いろいろな引っ越しの進め方がありますが、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。


しかしそうであっても、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、作業を、なるべく近くで見守りましょう。


もし仮に、引っ越し業者のスタッフがそういう荷物を運んでいる最中に破損させたり、傷をつけたりしてしまったら、業者は、約款により補償を行わないといけません。


ただし、傷が確実に引っ越しによってついたものだと確認しておかないと、すみやかな補償が難しくなるかもしれません。


もし、引っ越しされる方が車をお持ちならば、車も住所変更届が必要になりますが、そうしたらナンバープレートも変わることになるのかちょっと気がかりな問題です。


答えはシンプルで、変更されるかどうかは引っ越した先がどこの陸運局の管轄かで分かれます。


転出してきたところと、同じ陸運局の管轄なら同じナンバープレートを使えますが、管轄が違う地域に引っ越すのであれば、当然、ナンバープレートも変わります。


挨拶は引っ越しにとって欠かせません。


今でもやはり、転居元や転居先の隣人へちゃんと挨拶に行くのが気持ちよく生活できるポイントです。


挨拶をしなかったせいで関係が拗れてしまうことも珍しくないからです。


いざという時の隣人トラブルを円満に解消するためにも、隣近所の住人には、積極的に挨拶をするのがおススメです。


単身で引っ越しするとき引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。


新居がワンルームの場合は特に、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。


また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも転居先のドアからベッドの搬入ができないという大変な話もあるようです。


余計な心配をしなくて済むよう、まずは布団だけにして試しに始めてみるといいかもしれません。


春や秋は、一年のうちで一番引っ越しが行われるシーズンです。


これは、大学入学や就職・転職といった出来事が多いことが要因だと言えます。


多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと耳にしますが、詳細を聞いてみると、様々な手続きが複雑でややこしいことが不満だそうです。


水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、引っ越し元から引っ越し先まで、複数の手続きをきちんと終わらせなければなりません。


ですから、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。


00:30
2017年04月18日(火)
【引っ越しをして、住所が変更された場合、】
引っ越しをして、住所が変更された場合、早めに国民健康保険の資格喪失手続きとそれから加入手続きもしておかないといけません。


ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。


印鑑、国民健康保険証と、さらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて申請をしてください。


同市、同町内での引っ越しである場合でも、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。


引越しで居住地が変われば、転出・転入の手続きをしますが、引き続き使うためには、内容を更新しなければならないこともあるでしょう。


例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。


NTTに住所変更の申し込みをしてこの回線を引っ越し後も使うために、どんな手続きが必要か確認しておきましょう。


固定電話の番号は、市外・市内局番とその後の個別番号から成り立っています。


同じ市内局番エリア内の引っ越しなら電話番号を変える必要はありません。


引っ越す時期によって、業者に支払うお金も相当変動があるようです。


どうしても春先は、学校や職場が変わるため引っ越しが増えます。


そのため業者が見積もる値段も高めになります。


週末および休日の引っ越しも当然割高になります。


安いからといって平日に引っ越すか。


なかなかそうはいきません。


丁寧に調べていけば、ネットでも電話でも、様々な業者から見積もりを出してもらうことが可能です。


業者のサービスを十分比較して、できるだけ安くしていけると良いですね。


引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら業者からレンタルできる専用の衣装ケースがありますので、これを使うと衣服をスピーディに梱包できるようになります。


衣装ケースではなくダンボールを使用した場合はたたんで詰めていくので手間がかかりますがこうした運送専用の衣装ケースを使うことができればハンガーのままケースにかけていって、荷造りを完了させられます。


転居先に着いたら、ケースから取り出してダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。


この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、そういった不動産の売買契約時には印鑑証明書(及び実印)がいるのを知らずにいたので、少々驚きました。


以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、この状態、つまり別の市から転居してくる場合ですと、新しい引っ越し先の役場でまた登録をしておかなければならないのです。


なので、急に登録に行かないといけなかったですから忙しかったです。


こういう手続きは余裕を持って行いたいですよね。


23:42

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++