これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年05月23日(水)
【無駄なお金を一円でも使いたくなければ見積もりをと】
無駄なお金を一円でも使いたくなければ見積もりをとった後で、引っ越しの業者を決定することを忘れないでください。


正確に見積もりを出してもらいたければ業者に来てもらうべきですが、それはちょっとできない、という場合はどんな荷物がどのくらいあるかを電話で伝えることで大体いくらぐらいになるかわかります。


いくつかの業者の見積もり価格を出すと他より安い値段で引き受けてくれることもありますから損をしたくなければ、5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。


引っ越しにまつわる諸々の料金について、いくら位になるかわからないでいると、少々心配になってしまうかもしれません。


しかし、そういった情報はインターネットの利用によりすぐにわかるでしょう。


同時に多数の業者から各々の見積もり額を提示してもらえるサービスサイトもあり、正直、どこを選べば費用が抑えられるか等を決定するのが難しい時は一度、業者の比較サイトを覗いてみて、一括見積もりを申し込んでみると良いでしょう。


引っ越しをするならば、ご近所への挨拶はお互いが気持ちよく生活するためにも欠かすことが出来ません。


ここで悩むのが贈答品でしょう。


その中身はともかくとして、のし付けで戸惑う方もいると思います。


かしこまりすぎても逆に不自然ですから、外のしを選ぶようにしましょう。


表書きにはご挨拶、のし下には自分の苗字を記載すれば問題ないでしょう。


まだ社会に出たばかりの頃に二部屋の賃貸を友達と一緒に借り、一時住んでいました。


当時はペット不可のアパートがほとんどで、猫と一緒に住みたい友達は猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。


二人で不動産屋に相談し、やっとのことで物件が見つかりました。


引っ越しも早々にできて私たちも猫も満足できるところに住めました。


もう長い間、犬とともに生活していますから、住まいを変えることになった時には必ずペット飼育可能なマンションのことをなんとか探せるよう、努力しています。


ところで、単にペット飼育が可能なマンションと言いますが、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといった設備の整ったマンションがいいです。


設備にお金がかかるせいで、家賃が少々アップしたとしても愛犬と一緒に快適に日々を送りたいのです。


22:06
2018年05月22日(火)
【引っ越しにかかる費用ですが、意外と大きな額になるのが実】
引っ越しにかかる費用ですが、意外と大きな額になるのが実は、エアコンの取り外しや、設置の工事にかかる費用なのです。


エアコンを取り付けたり、外したりするのは、専門家の仕事になりますので、エアコン取り付け一台につき約一万円ほどかかるようです。


引っ越しのオプションとして、業者にエアコンのことも頼んでいる場合は概ね安く済むはずですけれど、エアコンを荷物として移動させるだけなら、どこか別の業者に取り付けを頼むか、いっそ転居先で新しく購入してしまうかよく考えてから、判断しましょう。


引っ越しも色々ありまして、例えば全ての作業を任せるタイプの引っ越しを選ぶととても楽できますが、当然、その分だけ費用がかさむことになるでしょう。


運ぶ荷物があまりない、単身の引っ越しは、そうした状況に適したサービスがありますから、それを利用しましょう。


こうしたコースを選択するだけでも、引っ越しコストは大きく減らすことができますから、その分は、何かと物入りな新生活のために使えるというものです。


賃貸の物件から引っ越す場合には、原状回復しなくてはいけないことになっています。


一方で経年劣化は避けられません。


どう見ても破壊や破損だと判断できるところは退去時に修理費用を払わなくてはならない可能性が非常に大きくなりますが、経年劣化と見なされる日焼けなどは修理費用を出す必要はないとされます。


いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことが無難な道だと言って良いでしょう。


どのような場合でも引っ越しでダンボールを使うことになり、サービスとして、業者がくれることもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。


上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、無料でダンボールを分けてもらえます。


その場合、サイズは一定していません。


荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、サイズが揃っていないと搬出で積み重ねるとき注意してください。


引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。


初の引っ越しであれば尚更のことでしょう。


引っ越しの負担を軽減するためには、なによりも、ゆとりを持った計画を立てることが大切です。


その計画を、気負わず大らかな気持ちで実行することがコツだと言えます。


計画通りテキパキと進めていければ特に問題はありませんが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。


ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、計画通りに進まないことがあっても、簡単に軌道修正して準備を続けることが出来るでしょう。


22:00
2018年05月21日(月)
【今どきのマンションやアパートでは隣人はどん】
今どきのマンションやアパートでは隣人はどんな人なのか、ほとんど知らなくて済んでいるのが常識になっているようです。


そんなご時世であっても、会えば挨拶して、何かあったときに助け合うくらいの関係はあってもいいのではないでしょうか。


ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは転入の際には、ちょっとしたおみやげとともにお隣に伺うことは、当たり前ですが大切です。


部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、かかる時間はどのくらいか、というと毎回変わります。


部屋は何階なのか、荷物はどれだけあるのか、更に、作業をする人員の数などによって全く違ってきてしまうのです。


そういったことを踏まえて、ということになりますが、単身の方の、特に荷物が多い訳ではないケースで30分程度、荷物の量が極めて多めの世帯であれば2時間と少し程、特殊な条件がついてなければ、大体はこの時間内で済むでしょう。


日通が引っ越しも扱っていることは、「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、引っ越し事業が広く知られるようになっています。


引っ越しサービスを扱ってきた業者を思い浮かべると、何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたというのが当然だと思っていました。


ですが、今は運送会社の多くが家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。


日通のように、運送会社の中でも有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。


色々とやることの多く、時間と手間のかかるのが引っ越しです。


ところで運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についても業務の一つとして、メニューに入っています。


であるならばなるべく作業員にしてもらった方が良いかもしれません。


やはりプロですから作業は早くて、荷物の扱いに慣れていますし、荷物の紛失や破損などがあれば責任は作業をした業者にあるとして被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。


引っ越しをして、住所が変更された場合、なるべく早く、国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。


資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、加入手続きの方は、引っ越し先の住所で行うことができます。


手続きに必要なものは、印鑑と加えて、運転免許証など本人確認書類を用意して届け出に行きましょう。


同市、同町内での引っ越しである場合でも、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。


21:06
2018年05月20日(日)
【引っ越しの業者の一つとして、】
引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)はテレビで「引っ越しは、日通」のコマーシャルを見かけるのが当たり前になってきたくらい誰でも知っている事業になりました。


一般家庭向けの引っ越し業者を調べたとき引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名であるのが当然だと思っていました。


ところが、運送会社は近年、家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。


とりわけ、日通のように運送会社としても大手ならば、引っ越しサービスも一定の水準をクリアしていると言えます。


新しい家に引っ越しが済んで、新住所での生活をスタートさせるなら運転免許証に記載されている古い住所も、変更の手続きをしましょう。


ペーパードライバーの方などは、次の免許更新の時が来るまで免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。


一つの例としては、何かを申し込む際(例えば携帯電話の新規申し込みや機種変更)に本人確認書類として使うことができます。


銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。


ですから、できるだけ早く最寄りの警察署か免許センターで、住所変更は済ませておきましょう。


なるべく引越し料金を安く済ませようという時に赤帽は最適な引っ越し業者だと言えます。


特に単身での引っ越しといった小規模な引っ越しにおいては他業者よりも強いです。


料金が時間制なので、ドライバーの運搬を手伝えば作業時間を短縮することが可能です。


赤帽車は軽自動車なので積載量に不安があるかもしれませんが、意外とたくさん積められますから、安心して引っ越しが出来ます。


1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。


この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが要因だと言えます。


多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだとよく聞くのですが、どうやら各種の手続きが煩雑であるということが主な要因となっているようです。


引っ越しにおいて必要不可欠なガス、水道、市役所への提出書類など、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、しっかりとプランを立てて作業するのをお勧めします。


引っ越しも色々ありまして、例えば全ての作業を業者に頼むことにすると、楽で良いのですが、人手も手間も要るので高くつきます。


ですから、独り身の人や単身赴任の引っ越しであれば、お一人用のサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。


自分の引っ越しに適したコースを選ぶと、それだけでも支出は相当減らすことができ、それなら、その分、新しい生活のため残しておくと良いでしょう。


19:48
2018年05月19日(土)
【つい先日の引っ越しで、荷作りをしているときま】
つい先日の引っ越しで、荷作りをしているときまずクローゼットを空にしてみると新居に持っていく気にならないものばかりで仕分けが大変でした。


とりわけ服は何年もしまい込んでいたものが多かったのです。


思いがけず、引っ越しのおかげで今までためこんでいたものを捨てられて、自分の持ち物も、自分の心も余計なものがそぎ落とされました。


何かの節目でテレビでNHKを見ることがなくなったなど、NHKに解約を申し込んでも、自宅に受信機がないという証明が必要になるなど面倒な手順を踏まなければなりません。


また、受信料を口座引き落としにしていると、解約手続きが完了するまでの間もたとえ受信機がなくても受信料は取られます。


段取りを決めたら、一日でも早く契約を解除する手続きを進めるのが正解です。


もしも引っ越して、住まいの住所が変わったら、早めに国民健康保険の資格喪失手続きとそれから加入手続きもしておかないといけません。


資格喪失手続きは旧住所の方で行えますし、加入手続きの方は、引っ越し先の住所で行うことができます。


届けに必要なものは、国民健康保険証と印鑑と、さらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて手続きを終わらせてしまいましょう。


誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。


いざ引っ越そうという時に、自分の家のエアコンをどう取り扱えばいいのかわからない、といった類の困った状態に陥ってはいませんか?エアコンの取り外しや取り付けは、専門知識のない個人ではなかなかできませんから、なら購入先の電気屋に任せるべきでしょうか。


あるいは、業者に引っ越し当日、取り外してもらうか、さらに、転居先において、取り付け工事はいつどうするのか、など、わからなことだらけで悩みますね。


扱いの難しさもあり、エアコンのは通常専門業者に任せるのが安心ですから、最寄りのエアコンサポートセンターまで相談し、利用を考えてみるのも良いですね。


引っ越しをするならば、ご近所への挨拶は今後の近所づきあいがギクシャクしないようにするためにも大事なものです。


贈答品については、のし付けをどうするのが良いのかで悩む方も多いのではないでしょうか。


あまり堅苦しいものも良くありませんので、外のしを選ぶようにしましょう。


表書きにはご挨拶、のし下には自分の苗字を記名すれば引っ越し挨拶の贈答品として十分だと思います。


19:36
2018年05月18日(金)
【世帯の大小に関わりなく引っ越しでは必】
世帯の大小に関わりなく引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、有料のところもあるので、必ず確認してください。


スーパーやディスカウントストアにきいてみれば、業務用ダンボールはほとんど無料です。


ただし、サイズはばらばらです。


移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、同一サイズでない場合、搬出で積み重ねるとき注意してください。


自営業の人など、国民年金加入者が引っ越しを行なうと、国民年金手帳の住所変更の事務手続きを行なうことになるでしょう。


期限は14日以内となっており、転居先の役場を訪れて住所変更手続きをしてしまいましょう。


必要になる、国民年金手帳と印鑑は、忘れないようにします。


もし、本人が役場まで行けないのであれば、委任状を作成することで配偶者などを代理人として、手続きすることができます。


引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、当日や前日に、いわゆるドタキャンをしてしまうことにより、キャンセル料を請求されることがあります。


業者は見積もり作成時、引っ越し業者はキャンセル料の発生条件などについて説明することになっています。


けれども、書面だけでの説明となると書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、引っ越しの予約を入れようとする時に、キャンセル料がいつ発生するか質問しておく方が良いかもしれません。


もうそろそろ、犬を飼い始めて十年ほど経ちます。


ずっと一緒に暮らしてますので、住むところを変える際にはどうしてもペット可のマンションでないと困るので、意地でもがんばって見つけるようにしています。


ペットが飼えるだけのマンション、というだけではなくて、ドッグランや犬用の水飲み場といったようなちゃんと設備が整った物件をみつけたいものです。


設備にお金がかかるせいで、家賃が少々アップしたとしても愛犬と一緒に生活していけるのならいい、と思っています。


これまで何度も引っ越しをしてきていますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。


「壊れやすいものは、絶対に他人に任せるな」です。


とある引っ越しの時、運んでもらった荷物の中で、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。


割れたものが、自作のお皿だったりしたため、かなりショックを受けました。


ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、クレームをつけることはしなかったです。


以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。


18:36
2018年05月17日(木)
【様々な事務手続きが必要となる】
様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。


特に重要なものとしてはやはり、自動車関連でしょう。


免許証は、登録してある住所を変更してもらうのですが本人確認書類として大変重宝しますので、しっかり手続きを行う人が多いのですが、重要度が同じくらい高い、車庫証明については、登録のし直しを忘れているケースが多いようです。


車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、どちらも大事な手続きですし、同時に済ませてしまいましょう。


これで少しは楽でしょう。


忘れていませんか?引っ越しの際に準備しなくてはならないことの一つがインターネット回線の移転手続きです。


忘れている方も多いようで、引っ越しの手続きは全て終わったと思っていても、はじめて移転手続きが終わっていなかったことに気づいた、そういう話は実際にあるのです。


引っ越しが多い時期だと開通に数週間かかることも珍しくありません。


いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも一日でも早く行うべきです。


多くの方は、引っ越しを契機として様々な側面から、生活そのものを改めて考え直すものですが、NHK受信料を支払うかどうかもこれを機にちょっと考えてみませんか。


まして、引っ越すときにテレビを処分するのなら継続して受信料を払う必要もなくなるので、受信料が引き落とされているならそれを止め、NHKに解約を申し出る手続きを思い切って実行しましょう。


物件探しについてなのですが、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。


そこのお店で、私を担当してくれた方が大変親切で、色々な質問にも答えてくれましたし、印象が良かったので、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。


違う不動産屋さんも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、他の違う店での物件情報も、紹介できると、店の人に教えてもらったため、あちこち出向かずに済みました。


待ちに待った年金生活ですが、生活の大きな変化を余儀なくされます。


ここで、住む環境を変えてみるのはいかがでしょうか。


現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、生活そのものが大きく変わるとすると、生活と住環境のずれが出てくるものです。


これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は家賃を払い続けられるかが問題になってきます。


よりよい環境を求めて引っ越すのも良いのではないでしょうか。


18:06
2018年05月16日(水)
【アパートなど、賃貸の部屋から引っ越すのであれば、なるべ】
アパートなど、賃貸の部屋から引っ越すのであれば、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。


別段掃除をする義務はありませんし、掃除をして何かメリットがあるなどとは言うことはできませんけれど、管理人の印象は格段に良くなりますから、この後の敷金の返還時に良い風に、影響が出ることも考えられます。


お掃除については、もし落としきれない特殊な汚れや自分で直せないような破損のことは、放置がベターです。


無理矢理汚れを落とそうとしたり、破損部分を修理しようとしても、なかなか上手くはいきません。


大きな荷物の運搬を行なう際に、どうしても気を付けたいことは、なるべく大型家具の表面や、家電に傷、へこみなどのダメージをつけないようにします。


新居にマッチするよう買った新品家具などは、毛布を巻いたり、市販の緩衝材なども使用して用心深く運ぶようにしたいものです。


新品のきれいな家具を新居に並べられる、と思うと嬉しくなりますが、それが細かい傷だらけだったりしたら、とても損した気分になりそうです。


自分の引っ越しでは、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、他は自分たちの車で移動しました。


荷物を全部移動させたところで、市役所に行って住民票の移動も終えてきました。


あちこちで思いがけないことがあっても、何人もの方が協力してくださり、ずいぶん助けてもらいました。


挨拶まわりもしてきました。


手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。


どのような場合でもダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、無料ではないとか、それだけでは足りないとかいう話も耳にします。


そんなときにも、スーパーなどに行くとダンボールは無料で分けてくれるものです。


サイズが整わないのは仕方ありません。


荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、同一サイズでない場合、気をつけて積み重ねないといけません。


思いもよらない問題に突き当たるのが引っ越しですが、転居後も同じガスコンロを使えるかどうか、確認することも案外大きな問題です。


私の引っ越しでは、新築の家だったのでガスコンロも新しくなったのですが、家具付きアパートなどでは、手持ちのガスコンロを引き続き使うことになるかもしれません。


ただし、ガスの種類が違うと同じガスコンロを使えないこともあるので、ガスコンロを引っ越し先でも使う場合や、新規購入を考えている場合は新居のガスは何か、確認が必要です。


18:06
2018年05月15日(火)
【新しい家に引っ越しが済んで、新住所】
新しい家に引っ越しが済んで、新住所での生活をスタートさせるならもちろん、運転免許証の住所の記載についても変更の手続きを行なう必要が出てきます。


運転はほとんどしないからということで、この次の更新時まで別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、車やバイクの運転時に携行するだけではなく、運転免許証は使い道が意外とあります。


例を挙げると、携帯電話の申し込みだったり、機種変更の際に常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。


また、新しく口座を作ったりする時も本人確認書類は必要です。


因みに、住所変更で免許証が再発行されるわけではなく、裏面に新住所が新たに記載される形です。


時間もそうかかりませんし、早めに済ませておいた方が面倒がなさそうです。


世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。


例えば、大学入学や就職、転勤といった環境の変化が主な理由です。


引っ越しは大変面倒臭いものだとよく聞くのですが、どうやら各種の手続きが煩雑であるということが主な要因となっているようです。


電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、しっかりとプランを立てて作業するのをお勧めします。


テキパキと計画通りに引っ越しを進めることも重要ですが、やはり一番に考えたいのは出費をどうやって抑えるかということでしょう。


引っ越しの準備には何かと物入りになって、予算を超えてしまうことも珍しくありません。


業者に見積もりを依頼した時点で、出来るだけ安い業者を選べるかどうかが要点になりますから、一括見積もりサイトを活用し、一番自分に合った業者を選ぶようにしましょう。


引っ越しの荷物の移動についてですが、設置の場所やその周りなどに、少し注意したい家電と言うとどうやら、洗濯機のようです。


水を毎日大量に使う家電ですから必ず、近くに水道がある場所に設置するしかない家電です。


浴室の近くに設置されることの多い洗濯機ですが、周囲は湿気がこもりやすく、水漏れが出てしまった時の惨事を想像すると、湿気対策の換気、それから水漏れの対策をぜひ完璧にしておきましょう。


人により引っ越しのやり方は様々ですが、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。


しかしそうであっても、少し大きめの家具や、重量のある家電が運搬される時には、業者の作業を見ておいた方が良いです。


仮に業者が大きな荷物を運んでいる間に傷を作ったり壊したり、といったことになると、引っ越しにまつわる約款によって、業者が補償を行ないますが、確実にその傷が引っ越しによるものなのかどうか確認しておかないと、すみやかな補償が難しくなるかもしれません。


17:30
2018年05月14日(月)
【世帯全体での引っ越し経験があればきっとおわか】
世帯全体での引っ越し経験があればきっとおわかりだと思いますが、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。


私も、世帯での引っ越し経験があります。


さほど難しくない手続きで解約できます。


しかし、その解約を忘れてしまうと、請求は引き続き自分の方に来ますから、決して忘れてはなりません。


その場合は、転居していても月末まで自分が支払うルールになっています。


引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと思う方もいるかもしれませんが、やはり今後の生活を快適に過ごすためにも大切ですよね。


さて、挨拶には何か贈答品を用意する必要がありますが、のし付けが困りますね。


あまり堅苦しいものも良くありませんので、のしは外のしが最適です。


表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記名しておけば引っ越し挨拶の贈答品として十分だと思います。


誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。


私の場合は、家を新築したため、ガスコンロも必然的に新しくなりましたが、引っ越し先が中古の住宅であれば手持ちのガスコンロを引き続き使うことになるかもしれません。


ただし、ガスの種類が違うと同じガスコンロを使えないこともあるので、ガスコンロを引っ越し先でも使う場合や、買い換えの計画があれば使える器具を調べておくことが必要です。


転居時に、置く場所をあまり自由にできない家電と言えばやはり、洗濯機です。


洗濯機はほぼ毎日、水をたくさん使いますし、水道の近くに置くことになります。


水回りに設置する洗濯機の周囲というのは、湿気がこもりがちで、それにまた、洗濯機からの排水溝から水漏れが起こると大変ですから、換気や、水漏れの対策はなるべくちゃんと行っておいた方が良いです。


家移りするということは、これまでの生活の後始末や、新しい生活への対応として予想外の出費を避けられないので、引っ越し作業については予算の削減を図っていきたいですよね。


まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。


割引サービスがある場合、その条件としていわゆる引っ越しシーズンを上手く外せば基本料金から安くしてくれることが多いため割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。


16:06

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++