これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年08月18日(金)
【荷造りが大変なものはいくつかあります】
荷造りが大変なものはいくつかありますが、どの世帯にもある食器は特に面倒です。


必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、慎重に包んで詰めていかないと運んでいる途中で壊れることも考えられます。


どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。


そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、特別な箱に詰めるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば破損の可能性はかなり低くなります。


退職して年金をもらうようになると、生活が大きく変わることは避けられません。


この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。


現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、生活パターンが大きく変われば、合わない点が徐々に現れるかもしれません。


まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたら家賃負担が大きくなることが予想されます。


これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも今はごく当たり前の話です。


一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートでは隣人はどんな人なのか、ほとんどわからないということがごく普通になっています。


それでも、日常の挨拶や何かあったときに助け合うくらいの関係はあってもいいのではないでしょうか。


良好な関係を作り出す手始めとしては、引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、お隣に挨拶に行くことがまず必要です。


学校や職場から便利なところに住みたい、世帯の人数に変化があったなどをきっかけにして引っ越しするケースが結構あると思います。


これを機会に、長いこと使っていないものや古くなった服などはどんどん手放して、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。


ただ、布団を処分したという話はあまり聞きません。


引っ越し先でも、引き続き同じものを使うようです。


毎晩使っているので服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。


引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、転居元と転居先の隣近所に向けて忘れずに挨拶するのが今後の生活を気持ちよく過ごすためにも良いと思います。


実際に挨拶に行かなかったせいで隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。


今後、迷惑をかけてしまう可能性のある隣人になる相手には、可能であればきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。


06:48
2017年08月17日(木)
【引っ越しには色々とお金がかかります】
引っ越しには色々とお金がかかりますが、では具体的にどのくらいになるのか金額の目途がつかないと、かなり気になってしまうものです。


とはいえ、今日日、それくらいのことはインターネットを利用するとすみやかに調べ出すことが可能です。


同時に多数の業者からざっくりとした見積もりをもらえるようなサービスもありますから、どの会社を利用するべきか決定するのが難しい時は料金の一括見積もりを依頼できる、業者の比較サイトをいくつか利用してみるのも良いかもしれません。


さていよいよ引っ越しの段取りを立てないと、という時には業者選びも大事です。


数が多いので困ってしまいますが、どこを利用したらいいのか正直よくわからない、ということであるなら誰もが聞けば知っているような大手業者にしておくのがやはり間違いがなさそうです。


例を挙げるなら、アリさんマーク引っ越し社といったような、知名度の高いところです。


世間でよく知られている大手、ということは、利用する人も大変多く、仕事をそれだけやってきたということです。


それだけ実績を積み、ノウハウの蓄積もありますから、安心できる質の高い、スムーズな引っ越し作業が期待できます。


我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。


以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。


その時の事です。


新居に荷物が運搬された時、濡れているダンボールをみつけてすぐに業者に電話をしました。


原因は、洗濯機でした。


ホースの中の水が運搬時の揺れなどで出てきてしまい、それに気付かないまま引っ越し先に到着してしまったのでしょう。


他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと今度からはぜひ気を付けたいです。


この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、購入の契約を結ぶ時に印鑑登録された実印が必要、ということをその時に初めて教わりました。


登録は一応していました。


親が代わりにやっておいてくれました。


しかし、今度買う家がそれまでと違う市になりますので、引っ越し先の市役所とか出張所にて印鑑の登録も新たにすることになっています。


契約直前になっていきなり登録に行く事になったので当時は結構うろたえました。


引っ越しの時には、何かとやることが多いのですが、まずは、ライフラインの準備が必須ですし、その中でも水道を開通させることはかなり大事です。


水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からがベストかというと、これは、引っ越しをする日に近いと忙しくなりますのでやめておき念を入れて、引っ越しをする日から、一週間前には水が出るようになっているなら、一番良いです。


02:54
2017年08月16日(水)
【転居とともに絶対必要になる手続きの筆頭と】
転居とともに絶対必要になる手続きの筆頭といえば、自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。


写真付き身分証明書として運転免許証を使うことも結構多いため、住所変更の届は早く出した方が良いのです。


引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。


住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を出した上で、必要事項を書いて出せば手続きは完了です。


引っ越すのは来月なのですが、ピアノを転居のときに持っていくのか持っていかずに処分するかで迷っています。


ピアノを使わない予定なのでただの飾りにしかなりません。


もし手放すとしても無料では済まないだろうし、悩みは尽きません。


誰かがもらってくれることを願っていますが、都合良くすぐに見つかるものでもありません。


引っ越しで、荷物をまとめる際、割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。


一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。


傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。


新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、底面から一個ずつ包むようにしましょう。


新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うと衝撃を和らげてくれます。


細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、飛び出たところを先に包むのがコツです。


冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくのを忘れ、搬出時にゴタゴタすることもあると聞きます。


前日までに、冷蔵庫については入っているものを出し、コンセントを抜き、一晩で下の水滴貯めパレットに水がたまるため、捨てておけばもう大丈夫です。


そのため、冷蔵庫の中のものは全て、前日までに計画的に消費し、冷蔵や冷凍のものは買わないように努め、冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。


いろいろな引っ越しの進め方がありますが、最近多いのは、引っ越し業者に梱包、運搬などすべてを任せるタイプのものです。


ですが、大型の家具、重い家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、近くでその作業を見守っていた方が良いでしょう。


もし仮に、引っ越し業者のスタッフがそういう荷物を運んでいる最中に壊したり、傷をつけたりすると、業者は補償を行なうことになっているわけですが、傷は引っ越しによるもの、と自分でわかっておく必要があります。


02:54
2017年08月15日(火)
【一人暮らしの方が引っ越しすると新居でもベッドを使うかど】
一人暮らしの方が引っ越しすると新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。


ワンルームに引っ越すとすると、ベッドがあると相当狭くなります。


まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼しても新居の入り口からベッドを入れられないなどの話も耳にします。


そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることを割り切って始めてみても結構適応できるのではないでしょうか。


たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで気配りが必要なのは何といっても割れ物です。


万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。


傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。


包むものより一回り以上大きい新聞紙で、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。


包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、緩衝効果があります。


また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。


引っ越しは居住地の移動であり、いろいろな方面に届け出ますが使い続けるために、変更することになるものもあります。


代表的なのは固定の電話番号です。


まずはNTTに連絡しましょう。


同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か知っておいてください。


ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。


同じ市内局番エリア内の引っ越しなら電話番号の変更はありません。


近年においては、知る人も少なくなってきたようなのですが、引っ越しをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といったことを昔からしてきました。


由来を見てみますと、ソバということでどうか細く長くお付き合いできますようにという、願いが込められていますし、ソバに越してきましたので、よろしく等という洒落っ気も込めて新居の近所の人達に振る舞ったり、もしくは配ったりしたと言うことです。


生活に必要な手続きとして、電話回線の引っ越しももう一度見直してみましょう。


今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、転居後も固定電話が必要となれば、いずれかの電話会社と契約するなど、手続きが必要になってきます。


手続きがもたもたしていると固定電話もファックスも使えない生活になりますのでいわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。


02:54
2017年08月14日(月)
【引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもつ】
引っ越しをするに伴い、煩雑な手続きもついて回ることになりますが、中でも必要になるのはライフラインの整備であり、特に水道は、とにかく水洗トイレが使えるようになりますし引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。


そうすると、いつ頃水道を使えるようにしておくといいかというのは人によりますが、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。


そして少し余裕を見つつ、引っ越し当日の一週間程前に使えるようにしておくことができれば、安心です。


引っ越しにより、いろいろな事務手続きが必要となってきます。


それらのうち、特に重要視されるものは自動車運転免許証と、車庫証明でしょうか。


普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、ただちに手続きをすませてしまう人は多いです。


しかし、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。


車庫証明登録のし直しは、免許証と同じで、警察署でできます。


なので、どちらも大事な手続きですし、同時に済ませてしまいましょう。


これで一石二鳥です。


コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は大抵の引っ越し業者からレンタルすることができる専用の衣装ケースがありますので、これを使うと衣類の梱包がだいぶ楽になりそうです。


こういうケースがないと、普通のダンボールに一枚一枚、衣類を畳んで収納していくことになりますがこういった衣装ケースの場合はハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。


運搬先でも、今度は衣装ケースから衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。


私が社会に出て間もない頃、友達と二人で生活していました。


ペット不可のアパートが圧倒的に多く一緒に住む友達は猫を連れていたのでその条件をクリアするのが大変でした。


不動産屋さんにも何度も問い合わせてようやっとペット可の物件を見つけました。


即入居できたので、引っ越しして私たち二人も、そして猫も喜びました。


引っ越しのため、自分のものを全部整理しました。


クローゼットの中を全部開けてみたのですが、新居に持っていく気にならないものばかりで仕分けが大変でした。


服なんて何年もしまい込んでいたものが多かったのです。


思いがけず、引っ越しのおかげで今までためこんでいたものを捨てられて、荷物も私の心もきれいに片付いて良かったです。


02:54
2017年08月13日(日)
【もう長い間、犬とともに生活しています】
もう長い間、犬とともに生活していますから、住むところを変える際には必ずペット飼育可能なマンションのことをなんとか探せるよう、努力しています。


そして、ただのペット可マンションではなく、理想的なのは屋上にドッグランなどプラスアルファの設備がある物件をみつけたいものです。


家賃がそれなりに高くなったとしても愛犬と一緒に快適に日々を送りたいのです。


私たち一家が新居に引っ越したときは、当時1歳になる子供がいました。


子供でも、引っ越しを経験して今までの環境と違うことは感じているものでちょっと戸惑っているのがわかりました。


子供のものも知らぬ間に増えていたので片端から仕分けて捨てることになりました。


何かと整理する中で出てきた母子手帳を初めから読んでみました。


そんなに時間が経っていないのに、懐かしいと思ったものです。


専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によってかなり異なってきます。


日本で最も引っ越す人が増えるのは、学校や職場の異動が多い春で、業者に支払う費用は高くなります。


同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。


いくら割高でも、引っ越しする日は変えられないことが多いものです。


丁寧に調べていけば、ネットでも電話でも、複数の業者から無料で見積もりをとることができます。


できるだけ情報を集めて、引っ越し費用の削減を目指しましょう。


先週の土日を使って、引っ越しを終えました。


引っ越しを終えた日に玄関の明かりをつけたとき、「これからはここが自分の家だ」とジーンときました。


その日の夜は気も大きくなっていて、特別なごちそうとして宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意して引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。


新居での生活も楽しみいっぱいです。


一体、引っ越しにかかるお金はどれくらいなのかわからないでいると、少々心配になってしまうかもしれません。


しかし、料金の解説サイトなどもありますし、ネットですぐに知ることができるでしょう。


いくつもの引っ越し会社からいっぺんに見積もりを出してもらうことができたりしますから、引っ越し業者はどこがいいのかどうしたらいいのかわからなくなったら業者の比較サイトはたくさんありますので訪れて、利用してみてはいかがでしょうか。


01:48
2017年08月12日(土)
【子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたが新しく購入】
子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたが新しく購入したマンションに、引っ越しが決まりました。


さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、天板を取り外して分解できる書斎机が、うまく分解できず、分解はやめて、形のまま運んでもらいました。


すると、大した値段ではなかったのですが、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。


見積もりを出してもらった段階で追加料金が発生する可能性や、その条件について、尋ねておけば良かったと思います。


なんらかのサービスをしてもらった時にそれに対してチップを渡す、という習慣はまったく馴染みがありませんが、しかしながら、引っ越しの時には、そうしたお金を渡す人が意外と多いです。


引っ越し作業という大仕事をしてくれるスタッフに感謝をこめていくらか手渡したり、また、飲み物など差し入れを、あらかじめ用意したりします。


こういったことをする必要は、本来全くないのですが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしてもやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。


この頃ではもう、知る人も少なくなってきたようなのですが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、という習慣がかつてはあったのです。


どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長くお付き合いを致しましょうという意味をこめたものと、それから、この度、お側(ソバ)に越してきた者です等という洒落っ気も込めて新居の近所の人達に振る舞ったり、もしくは配ったりしたと言うことです。


引っ越しの日も間近に迫ってきたのに、部屋のエアコンをどうすればいいか、という困り事を抱えてはいませんか。


専門の知識がないと、なかなか取り外しも取り付けも困難で、では、電気屋に来てもらうべきか、引っ越しの日に業者に頼めばいいのか、さらにまた、転居先への取付工事はいつできるのか、どうしたらいいのか、よくわからなくなってきます。


扱いの難しさもあり、エアコンのは通常専門業者に任せるのが安心ですから、最寄りのエアコンサポートセンターまで相談し、利用を考えてみるのも良いですね。


何かとお金がかかるのが引っ越しですが、業者によっても必要経費が変わります。


後から後悔しないためにも、安くて安心な業者を選びたいものです。


たとえ費用が最安値でなくても、引っ越しの時の不用品を回収してくれるサービスをしてくれる業者もあるようですので、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、セットのサービス内容と合わせて検討してみるのが良いでしょう。


01:36
2017年08月10日(木)
【転居時に、運搬と設置に少し注意したい家電と言えばど】
転居時に、運搬と設置に少し注意したい家電と言えばどうやら、洗濯機のようです。


毎日のように、水をたくさん使う家電ですし、必ず、近くに水道がある場所に置かれるはずです。


そういった場所にある洗濯機のまわりは、湿気がたちこめ、水漏れが出てしまった時の惨事を想像すると、換気や、水漏れの対策は不備の無いようにしておきましょう。


なんらかのサービスをしてもらった時にチップを渡す習慣は、日本にはまったくありませんが、例外として、引っ越しの時は作業スタッフの面々にお金を渡すという人は、実は多いです。


引っ越しという大仕事を、無事に済ませてくれたスタッフさん達に感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。


こういったことをする必要は、本来全くないのですが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしてもかなり喜ばしいことのようです。


気持ち良く作業してもらえるなら、チップ的なものも充分ありですよね。


新しい住まいを決める事ができましたら、次はぜひ簡単に、引っ越し準備をいつからどうやって開始し、引っ越しの日をどんな状態で迎えるか、というプランを立てましょう。


一般に、準備のスタートが早すぎると片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、のんびりしすぎると予定に間に合わなくなることも考えられます。


ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などからまとめていくようにすると無駄なく進めていけるはずです。


引っ越しに慣れていない方にとって人生の中でも、引っ越しというのは転換期になり得るわけですが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることもあっておかしくありません。


引っ越し当日はみんな忙しいのに、多くのことを同時にこなそうとし、どこかに番狂わせが起きると、予定が大きく狂ってしまい、引っ越しが上手くいかないことも考えられます。


予定は余裕を持って立てておき、前日までにやり残しがないようにしておかなくてはなりません。


職場が変わったのでその近くに住みたい、世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で引っ越しするケースが結構あると思います。


引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものや着ていない服などはまとめて処分してしまい、少しでも身軽になって新しい生活に入ることが多いと思います。


ただ、布団を処分したという話はあまり聞きません。


今まで使っていたものを引っ越し先で使うことがほとんどです。


毎晩寝て身体になじんでいるので引っ越しで買い換えるものでもないのでしょう。


21:54
2017年08月09日(水)
【どれだけ引っ越しに慣れた人でも、そ】
どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。


初の引っ越しであれば尚更のことでしょう。


引っ越しの負担を軽減するためには、まずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、その計画を、気負わず大らかな気持ちで実行することがコツだと言えます。


もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば問題ありませんが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。


計画にゆとりがあれば多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。


引っ越しを専門の業者に依頼すると、その費用は引っ越しの内容が変わらなくても時期が決めるといっても過言ではありません。


人の移動が多い年度末や長めの休暇中だと繁忙期で依頼が重なるため基本料金そのものが高くなることが多いです。


事情が許すのであればいわゆる閑散期に引っ越しを実現できるとどの業者でもお得に引っ越しできます。


費用の差が倍近くになる業者もあります。


住民票の移動と連動する手続きが結構ありますが、その一つが自動車などの運転免許証を住所変更することです。


いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので住所変更の届は早く出した方が良いのです。


転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。


住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を提出して、届を書き、少し待っていれば手続きは比較的早く終わります。


引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによって相当変動があるようです。


一番わかりやすい例では、移動が多い春は引っ越しも増えるので、業者が見積もる値段も高めになります。


同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。


引っ越しする時期や曜日は、そう簡単に変えられないことが多いでしょう。


情報はいくらでも手に入ります。


引っ越しの総合案内サイトもありますので様々な業者から見積もりを出してもらうことが可能です。


多くの業者から見積もりを集めて、余計な費用がかからないようにしたいものです。


引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら引っ越し業者からレンタル可能な引っ越し専用の衣装ケースを利用することにより荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。


こういうケースがないと、普通のダンボールに一枚一枚、衣類を畳んで収納していくことになりますがこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用するとハンガーのままケースにかけていって、荷造りを完了させられます。


運搬先でも、今度は衣装ケースから衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。


21:00
2017年08月08日(火)
【引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も「引】
引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、おなじみの業者の一つでしょう。


従来は、引っ越し専門業者を探してみると何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたという思い込みがあったかもしれません。


ところが、運送会社は近年、引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。


おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。


うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、ほとんどの引っ越し作業について、お任せするプランを利用しています。


ところで、いつも、心付けをどの時点で渡せばいいのか、迷います。


お仕事代は全く別にきちんと支払いますが、朝から夕方までかけて、大きな仕事をこなしてくれた、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。


私の場合、ペットボトルを作業してくれた全員に一本ずつ、それと各人に千円ほどを手渡しておりますが、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。


職場が変わったのでその近くに住みたい、家族が増えたり減ったりした、などの理由で人は引っ越しするのではないでしょうか。


引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものや着ていない服などはまとめて処分してしまい、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。


引っ越しを機会に布団を買い換えたという話はめったになく、同じ布団を使い続ける世帯がほとんどのようです。


自分になじんでいるものなので服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。


引っ越し代を安く済ませたい方にとって、おススメの引っ越し業者は赤帽です。


ご存知のように、一人暮らしなどの引っ越しには他業者よりも強いです。


料金が時間制なので、ドライバーの運搬を手伝えば時間を短縮することが出来ると思います。


軽自動車をつかう赤帽ですが、予想以上に荷物を積むことが出来ます。


天候の良し悪しは、引っ越し作業に大きな影響があります。


例えば、特に雨の日などは、荷物の防水など、やることが増えます。


梱包作業を業者に一任しているのであれば、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、雨で渋滞などが起こりやすくなり引っ越し先にトラックの到着が遅れることはよくあります。


業者任せでなく、自分で荷造りをする場合は、ビニールで覆うなど、雨天時の対策はかなり大事です。


予想外の急激な雨にも対応できるよう念のための備えはしておいた方が良いですね。


20:30

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++