これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2021年09月19日(日)
【いつ引っ越しするか決まった時点で誰でも必須な】
いつ引っ越しするか決まった時点で誰でも必須なのが役所に転出届を出すことです。


複雑な手続きではなく、現住の市区町村で役所窓口で手続きするのが一番簡単ですが、郵送での受付もできますので、調べてみてください。


忙しくて、役所の受付時間に間に合わないという場合は、委任状を添えれば、代理人が提出しても問題ありません。


転居届の提出は、転居の2週間前くらいから多くの自治体で可能になっています。


引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。


この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが主な理由として挙げられます。


実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話をよく聞くのですが、どうやら煩わしい手続きが重なるということが指摘できるようです。


具体的には、水道・電気・ガス・市役所での諸々の書類など、引っ越し元から引っ越し先まで、複数の手続きをきちんと終わらせなければなりません。


ですから、後で手続き洩れが出ないように、きちんとした計画を立てて作業をこなしていく必要があります。


職住接近したい、家族が増えたり減ったりした、などの理由で住環境を変えることになるのでしょう。


その際、不要になったものや古くなった服などはどんどん手放して、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。


それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、これまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。


毎日使うものであり、自分になじむものなのでなかなか手放せないものかもしれません。


まだ子供が生まれる前のことですが近郊にマンションを購入しまして、引っ越すことにしたのでした。


いよいよ引っ越しの日を迎え、運送作業が進みましたが、大型の、重いテーブルに取り掛かった時、分解できるはずなのに脚が全く取り外せず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、不当な値段などではなかったと思いますが、少々腑に落ちない追加料金を支払いました。


見積もりをもらった時にでも追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大事だと思いました。


一人の引っ越しでは、引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。


ワンルームに住むとすれば、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。


それに、業者がベッドを移動するとき、転居先のドアからベッドの搬入ができないという大変な話もあるようです。


余計な心配をしなくて済むよう、まずは布団だけにして決断するのも家の中がすっきりしていいかもしれません。


08:48
2021年09月18日(土)
【荷物のすごく多い、大家族ですので、引っ越し作業のほと】
荷物のすごく多い、大家族ですので、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。


そして、いつものことながら、いつ心付けを渡したらいいのか、タイミングを判断できません。


料金は料金としてちゃんと払うにしても、長い時間働いてくれた、そんな皆さんに、自腹でお礼の気持ちを伝えたくなります。


飲み物一人あたりペットボトル一本ずつと各人に千円ほどをお配りしているのですが、皆さんはだいたいお幾らほど、そしていつ渡しているのか、知りたいところです。


引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのはエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。


取り付けも取り外しも、素人には難しく、専門業者に工事してもらうのが普通ですから、取り付け費用も、一台について約一万円ほどかかるようです。


もし、エアコンの工事も引っ越し作業としてサービスでついている場合は値段はそう高くはならないようですが、エアコンを荷物として移動させるだけなら、どこか別の業者に取り付けを頼むか、いっそ転居先で新しく購入してしまうかどちらが安く済むか、また手間がかからないか、十分検討するべきです。


勤めが決まったことで、10年くらい前にこのアパートに引っ越したのです。


最初の考えでは、3年くらいいたら後は実家に帰りたかったので住所変更しなくても良いと思っていました。


ですが、この町は住み心地が良く、職場もやりやすいところで、辞められる区切りがつかず、結婚の話まで出てきて、今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、今さらですが、住民票を動かしたいのです。


春や秋は、一年のうちで一番引っ越しが行われるシーズンです。


この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが主な理由として挙げられます。


実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話を耳にすることもありますが、手続きがややこしいという点が原因だそうです。


例えば、電気や水道、市役所など、元の土地でも引っ越し先の土地でも行わなければならない手続きが重なっていますから、きちんとした計画を練って、手続きを終わらせなければいけません。


新築の家が完成したのが数年前です。


賃貸から転居しましたが、デスクトップパソコンを無事移動するために、神経をとがらせていました。


なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の写真データが全部パソコンのドライブ内にあったのです。


運び出すときや輸送の時に衝撃で壊れないよう、詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。


業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、データは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。


07:30
2021年09月17日(金)
【どれだけ経験があっても、引っ越しの際の準備には苦労】
どれだけ経験があっても、引っ越しの際の準備には苦労します。


初の引っ越しであれば尚更のことでしょう。


このような苦労をどのように減らせばいいのかですが、なによりも、ゆとりを持った計画を立てることが大切です。


この計画を出来るだけ大雑把に実行に移すことがポイントです。


もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば特に問題はありませんが、手続きなどの雑務が多いために、家の中の作業が予定通り進まないことが多くあるのです。


立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、少し遅れたくらいでも、問題なく引っ越しの準備を続けることが出来ると思います。


業者にあらかじめ予約を入れて、引っ越し作業を依頼していると、直前になってキャンセルをすると、キャンセル料を支払う羽目になってしまうことがあります。


業者は、実は見積もりを出す時に、引っ越し業者はキャンセル料の発生条件などについて客に説明をする義務があります。


ところが、口頭でなく書面で示されるとキャンセル料についての記載を、読まずにいることもありますから、業者に予約を入れる前に、キャンセル料がいつ発生するか確認しておくと良いでしょう。


以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折に完成したばかりのマンションを購入できまして、住まいを移すことにしたのでした。


さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、天板を取り外して分解できる書斎机が、うまく分解できず、結局、そのまま運んでもらいましたら、高い値段ではなかったものの、追加料金を請求されてしまいました。


こうしたお金のことは、見積もりの出た段階にでもどんな時に追加料金を払うことになるのかを、確認しておくべきでした。


社会人になりたての頃、仲の良い友達と住んでいた時期がありました。


当時のアパートは、どこでもペット不可で猫を飼っている友達は物件探しの際、その条件を最優先しました。


二人で不動産屋に相談し、猫が飼える物件に出会いました。


引っ越しも早々にできて猫のためにも本当に良かったです。


今の住まいをどうやって決めたかというと、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。


そこのお店で、私を担当してくれた方が大変親切で、色々な質問にも答えてくれましたし、印象が良かったので、いくつかおススメとされた物件の中から、決めてみました。


そことは別の不動産屋さんも行こうかなと考えてましたけど、他の違う店での物件情報も、紹介できるということらしいので、あちこち出向かずに済みました。


06:42
2021年09月16日(木)
【住民票を動かすと、絶対しなければな】
住民票を動かすと、絶対しなければならない手続きの中で大事なのが自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。


運転免許証を写真付き身分証明書として使う場面は多く、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。


転入した地域を管轄する警察署に、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を窓口受付時間内に提出し、必要事項を書いて出せば手続きは比較的早く終わります。


引っ越しの荷造りで大変なものといえば、特に食器を梱包するのは大変でしょう。


その多くを占める割れ物は、細心の注意を払って梱包しなければ運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。


どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。


それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んでまた、専用の箱があるのでそれに入れるなど、何重にも注意をして荷造りしておくとどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。


引っ越しの前日までに、短時間で良いので何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。


何時に業者が来る予定か、作業を終えて運び出すのは何時かなどを確認しておきましょう。


荷物は運びやすいように移動しておきましょう。


業者さんをはじめ、手伝ってくれる人に冷たい飲み物の準備をしておきましょう。


搬入が終わったら、飲み物を出すことで特に暑いときなら、みんなが嬉しくなるでしょう。


引っ越しをして住所が変わりますと運転免許証に記載されている古い住所も、変更の手続きをしましょう。


ほとんど車に乗らないから、次の免許更新の時が来るまで以前の住所のままでも困らない、と考える人もいるのですが、車やバイクの運転時に携行するだけではなく、運転免許証は使い道が意外とあります。


例を挙げると、携帯電話の申し込みだったり、機種変更の際に携行率の高さもあって、本人確認書類としてよく活躍しています。


銀行口座を作る時も必要になったりしますし、役所の手続きなどで必要なこともあります。


住所変更だけなら手数料もかかりませんし、なるべく早めに済ませてしまいましょう。


引っ越しで、荷物をまとめる際、気配りが必要なのは何といっても割れ物です。


どこまでも油断は禁物です。


包み方にもコツがあります。


包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うとクッションとしての役割がより高まります。


細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、その部分だけを先に包んでしまいましょう。


06:30
2021年09月15日(水)
【自分の引っ越しといえば結婚のときですが、ヤマ】
自分の引っ越しといえば結婚のときですが、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスを使ってみました。


ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しというのは初めてでした。


ですから電話でも緊張していたのを覚えています。


最初から最後まで、それぞれのスタッフの方にきちんと対応していただき、作業も丁寧で引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。


引っ越しはまたあると思いますが、その時にもヤマト運輸を利用したいと思います。


引っ越しをして、住所が変更された場合、早めに国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行ないます。


資格喪失手続きは旧住所の方で行えますし、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。


印鑑、国民健康保険証と、加えて、運転免許証など本人確認書類を用意して届け出に行きましょう。


同じ市からの引っ越しでも、提出しないといけないのが、転居届ですので、注意します。


今の家に私たちが引っ越したとき、当時1歳になる子供がいました。


引っ越して、小さい子でも何かと変わったことを感じていたようで少しストレスを感じていたようです。


いつの間にか増えていた子供のものも、もう使わないものを片付けていきました。


そんな作業の合間に母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。


一般家庭の引っ越しを扱う会社として、日通は誰でも「引っ越しは、日通」のテレビCMを思い出すくらいかなり浸透してきました。


昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名である先入観がありました。


ですが、今は運送会社の多くが引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。


運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手ならば、引っ越しサービスも一定の水準をクリアしていると言えます。


家を引っ越すというのは大仕事になります。


するべきことがたくさん出てきますが、まず必要性が高いのがライフラインを整えることで、中でも水を使えるようにしておくことは引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。


水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からがいいかというのは人によりますが、引っ越し日前の忙しい時期は避け念を入れて、転居当日の一週間程前の辺りに水が出るようになっているなら、一番良いです。


04:36
2021年09月14日(火)
【引っ越しで、プロの手を借りずに、自分で】
引っ越しで、プロの手を借りずに、自分で引っ越し作業をしたいなら荷造りにおいて、荷物の数を少なくする工夫をした方が良いです。


一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、できるだけ効率よく積載していくため、大きすぎないダンボールを使い荷物を作るようにする、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。


こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。


何かの節目でNHKの番組をテレビで見ることはないと予想され、受信料支払い契約を解除したい場合、NHKの受信機がないことを証明させられるなど、意外と手間がかかるものです。


受信料を口座引き落としかクレジットカード払いにしている場合、手間暇かけた解約手続きの間にも全くNHKを見ていなくても受信料は払うことになるので、他の手続きよりも早めに解約に着手するしかありません。


引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら引っ越し会社から借りることができる引っ越し専用の衣装ケースを利用することにより衣服をスピーディに梱包できるようになります。


ダンボールを使って荷造りをしていくとなると衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこうした運送専用の衣装ケースを使うことができれば衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。


新居に到着したら、開梱して直接クローゼットに収納していくような形になります。


引っ越しに関しては、計画通り作業をすすめていくことも大事なのですが、最も大切なことと言えば引っ越し費用の節約です。


引っ越しの準備には何かと物入りになって、予想の金額を超えてしまうことも珍しくありません。


出来るだけ安く見積もってもらえるかどうかが要点になりますから、複数の引っ越し業者に一括で見積もりをお願いできるサイトを利用して、一番安価でサービスの良い業者を見付けるのが良いと思います。


日々心配なく、安全に暮らせる環境とは住居の中だけだと思ったら大間違いです。


近所との関係も住環境を構成しています。


円滑な関係作りのためにも、引っ越したら、ご挨拶をその日のうちに済ませるべきです。


おみやげを用意した上で挨拶に伺いましょう。


長々と訪問する必要はありませんからなるべく好い印象を持たれるように心がけます。


どんな人間関係も、第一印象で決まります。


04:36
2021年09月13日(月)
【アパートなどの借りていた部屋から引っ】
アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。


大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、部屋のチェックを隅々まで行います。


これを済ませてやっと退去です。


それからこれは、物件ごとに少しの違いはあるようですが、公共料金の精算は全てきちんと済ませておかないといけませんし、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。


自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら引っ越しの業者を決める際には必ず見積もりをとりましょう。


正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、それはちょっとできない、という場合はどんな荷物がどのくらいあるかを電話で伝えることでいくらくらいかを教えてもらえます。


他の業者の価格を伝えると安くしてくれる業者もいるためできれば複数の業者の見積もりをとる方が得なのです。


一人の引っ越しでは、ベッドの移動は悩みの種です。


新居がワンルームの場合は特に、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。


まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼しても新居の入り口からベッドを入れられないなどの話も耳にします。


そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることをスタートしてみるのも家の中がすっきりしていいかもしれません。


引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらったのですが、引っかかったことがありました。


液晶テレビの運搬に限って個別の保険をかけることになっているそうです。


引っ越しの荷物として40型の液晶テレビがあったため、明らかに購入価格が30万円以上のため、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。


どうしようもないので、1500円くらい払って保険をかけました。


もうちょっと粘れば良かったのかまだ引っかかっています。


引っ越しでは、ご自分が所有する自動車も住所変更を行うことになりますが、ナンバープレートが変わることについては疑問に思うでしょう。


引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、転入先を管轄する陸運局の問題です。


引っ越しの前と後で、管轄の陸運局が同じならナンバーは変わらなくなります。


陸運局の管轄地域が異なる場合、ナンバープレートも変更されるというのが決まりです。


03:54
2021年09月12日(日)
【最近では、知る人も少なくなってきたようなのです】
最近では、知る人も少なくなってきたようなのですが、大変だった引っ越し作業を終えたら、みんなでソバを食べる、というような習慣が、一昔前からありました。


どういった由来があるのかというと、ソバの形からぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですという意味をこめたものと、それから、お側(ソバ)に越してきましたのでよろしくというダジャレもこめてご近所のみなさんに振る舞ったのが、始まりだと言われているようです。


出来るだけ引っ越しの負担を少なくしたい方は、ぜひアート引越センターを使ってみて下さい。


面倒な準備作業を順調に終わらせることが出来ると思います。


荷造りに必要な段ボールの準備や、引っ越し当日の家具の梱包から運搬など、すべての引っ越し作業に関して支援してくれるでしょう。


重たくて大変な家具や荷物の運搬も信頼がおけますし、当日もトラブルなく引っ越せますから、もし引っ越し業者でお悩みの方は、アート引越センターを検討してみてはいかがでしょうか。


家族の人数が多く、荷物も多いので、引っ越し作業はもう、ほとんど業者にお願いしております。


ですが、いつものことながら、いつ心付けを渡したらいいのか、タイミングを判断できません。


引っ越し作業についての料金は、それはそれで払うわけですが、大変な作業を長時間続けてくれた、働き者の皆さんに、自然に感謝の気持ちが湧きあがってきます。


飲み物をペットボトル一本ずつ、プラス各人に千円ほどをお渡ししております。


しかし、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。


学校や職場から便利なところに住みたい、家族の人数が変わった、などの事情があって引っ越しするケースが結構あると思います。


これを機会に、長いこと使っていないものやいらない服などを一気に処分し、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。


しかし、布団は買い換えや処分を行うことなく引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。


毎日使うものであり、自分になじむものなので服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。


コート類、スーツなどハンガーに吊してある衣類の荷造りをする時に引っ越し業者からレンタル可能な運搬専用の衣装ケースがありますから、これによって衣服をスピーディに梱包できるようになります。


普通のダンボールを使うと衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこの衣装ケースを使うとハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。


新居に到着したら、開梱してハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。


03:00
2021年09月11日(土)
【これまで何度も引っ越しをしてき】
これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。


忠告ですが「大事な物、壊れやすい物は他人に任せず自分で運ぶ」です。


何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、いくつかの食器が割れてしまっていました。


それらが、自分で作った陶器だったため、衝撃は大きかったです。


ただ、値段のつくようなものではないので文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。


ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。


引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによってずいぶん変わってくるようです。


どうしても春先は、学校や職場が変わるため引っ越しが増えます。


そのため業者に支払う費用は高くなります。


週末および休日の引っ越しも当然割高になります。


引っ越しする時期や曜日は、そう簡単に変えられないことが多いでしょう。


情報はいくらでも手に入ります。


引っ越しの総合案内サイトもありますので様々な業者から見積もりを出してもらうことが可能です。


相場はどのくらいかしっかり調べ、できるだけ安くしていけると良いですね。


引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、業者によっても出費を抑えることが出来ます。


出来るだけ無駄な出費のない業者を選択したいですね。


多少費用が高い場合も、荷造りの際のゴミを引き受けてくれるようなサービスを提供している業者もあるようですから、実際に引っ越しする時には、複数の業者の見積もりとサービスオプションの内容を確かめてから判断するのが合理的でしょう。


引っ越しで、荷物をまとめる際、割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。


新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。


傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。


ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。


新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくとクッションとしての役割がより高まります。


また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。


この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、契約締結をするためには実印と印鑑証明がいることをその時に初めて教わりました。


登録だけは、親が済ませておいてくれていました。


でも、今度買う家がそれまでと違う市になりますので、新しい引っ越し先の役場で新しく印鑑登録の手続きが必要になります。


それを知って、急いで登録に行きましたが大変慌ただしい思いをしました。


03:00
2021年09月10日(金)
【お店などで、何かをしてもらっ】
お店などで、何かをしてもらったタイミングですっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、しかし、引っ越しの時に限り、料金以外のチップの様なお金を、業者に渡している人は意外と多いです。


大変な仕事を、無事に終わらせてくれた作業員に感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、また、飲み物など差し入れを、あらかじめ用意したりします。


これらは、全く必要ないことではありますが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしても正直なところありがたい、と思うそうです。


引っ越しで大きい荷物を運ぶ際、特に気を付けたいことと言えば、壊れやすい電化製品や、大きな家具には傷、へこみなどのダメージをつけないようにします。


せっかくの新居ということで購入した家具であったりする場合は、ぜひ、クッションになる毛布などを家具に巻き付けたりして運搬するべきなのです。


きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、運ぶ間に傷だらけになってしまったら、少し気分が落ち込んでしまうかもしれません。


この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、そのときの対応が今でも気になっています。


実は、液晶テレビを運ぶのには個別の保険をかけることになっているそうです。


荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、購入したときの価格が30万円以上の品は、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。


どうしようもないので、1500円くらい払って保険をかけました。


この対応はどこでも同じなのか他の方のお話を聞きたいです。


アパートなど、賃貸の部屋から引っ越すのであれば、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。


特に何かメリットがあるとは断言することができないのですが、大家さんも気を悪くすることはないでしょうし、それが敷金返還のことなどに何らかの影響を与えたとしても、不思議ではないでしょう。


ところで、お掃除をするなら、落とすのが難しい汚れだったり大きめの破損については、あきらめて、それ以上触らないようにしましょう。


あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。


夫婦二人で暮らしていた頃に新築のマンションを買ったので、転居を決定しました。


さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、天板を取り外して分解できる書斎机が、うまく分解できず、分解はやめて、形のまま運んでもらいました。


すると、大した値段ではなかったのですが、少々腑に落ちない追加料金を支払いました。


見積もりをもらった時にでもどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。


01:54

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++