これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年06月23日(金)
【どこからどこに転居するとしてもダン】
どこからどこに転居するとしてもダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。


そんなときにも、スーパーなどに行くとダンボールは無料で分けてくれるものです。


その場合、サイズは一定していません。


荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、サイズが一定していない場合は搬出で積み重ねるとき注意してください。


今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけに現在住んでいるアパートに引っ越しました。


引っ越してきたときは、3年くらいで後は実家に帰りたかったので実家に住民票を置いたままにしていました。


そんな中でも、仕事は予想していたよりも楽しく、町も気に入って辞める気がどんどんなくなっていき、結婚の話も進んできました。


地方税はこの町の方が安かったりするので、今から住民票を移しても遅くはないと思うようになりました。


今、来月の引っ越しのために準備していますが、引っ越し先までピアノを持っていくか手放すのかが悩みの種です。


ピアノを使わない予定なのでただの飾りにしかなりません。


そうかといって、処分するだけでもまた費用がかかりそうですし、本当に悩みどころです。


誰かがもらってくれることを願っていますが、条件が会う方はいないものです。


単身で引っ越しするときベッドか布団かは悩むところです。


新居がワンルームの場合は特に、かなりの面積を占めるのがベッドです。


さらに、引っ越し業者がいろいろ技を使っても、転居先のドアからベッドの搬入ができないという話も耳にします。


引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を割り切って始めてみても部屋をより広く使えるようになりますよ。


誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、転居後も同じガスコンロを使えるかどうか、確認することも案外大きな問題です。


自分の場合は新築に引っ越したので当然ながら新しいガスコンロがありましたが、引っ越し先が中古の住宅であれば手持ちのガスコンロを引き続き使うことになるかもしれません。


引っ越し先でガスの種類が変われば、ガスコンロも使えないことがあるので、ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新規購入を考えている場合は使える器具を調べておくことが必要です。


03:00
2017年06月21日(水)
【結婚に伴って転居したときに、利用したのはヤマト】
結婚に伴って転居したときに、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。


自分にとって、業者に依頼した引っ越しを初めて行ったのではじめの電話だけでも緊張し通しでした。


それでも、スタッフはどの方も丁寧な対応と、確実な作業をしていただき、信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。


今度引っ越しするときも、ヤマト運輸を利用したいと思います。


何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。


大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、当面使わないものから梱包しましょう。


日々使うものは予め別にしておいて、他のものをものの種類で分けながら順次ダンボールに詰めましょう。


ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで荷物を開ける際、役立つでしょう。


引っ越してすぐ使う、電気やガスや水道などの転出入手続きも日程を考え、計画的に取りかかりましょう。


一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートでは隣や上下に住んでいるのはどんな人か、知らなくて済んでいるのが当たり前のこととして受け入れられています。


とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、切羽詰まったときには気軽に助けを求められるくらいの関係はあってもいいのではないでしょうか。


ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは転入したらできるだけ早く、おみやげを持って両隣に挨拶をすることがポイントになります。


個々で引っ越しのやり方は異なりますが、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。


しかしそうであっても、業者が大型家具や家電などを運んでいたら、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。


引っ越し業者の人が、もしも大型の荷物を運んでいる時に誤って落として壊したりしてしまった場合には、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、と自分でわかっておく必要があります。


専門業者を使うことなく、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであれば一番のコツは、荷物を減らすことだと言われています。


普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで要領よく梱包していく、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、このようにすると、包み紙を使わなくていいので荷物の嵩は減り一緒に衣類も運べるという、チョイ技になっています。


一例ですが、こういう風に荷物はなるべく減らすよう、算段しましょう。


18:24
2017年06月20日(火)
【どれ程の金額が、引っ越しの際にかかるこ】
どれ程の金額が、引っ越しの際にかかることになるのか、という点は知らないままでいるうちは、少し不安になりがちです。


でも、料金の解説サイトなどもありますし、ネットですぐにわかるでしょう。


また、複数業者からざっくりとした見積もりをもらえるようなサービスもありますから、正直、どこを選べば費用が抑えられるか等を目星をつけることもできない、という場合は業者の比較サイトはたくさんありますので見て、利用してみると費用面の不安が軽減されるでしょう。


引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。


引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。


引っ越しの負担を軽減するためには、まずゆとりのある引っ越し計画を立て、そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。


計画に沿ってきちんと実行できるのであれば特に問題はありませんが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。


計画にゆとりがあれば多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。


引っ越し作業に最も影響を及ぼすのがお天気です。


どういうことかというと、特に雨の日などは、荷物の防水など、やることが増えます。


梱包をはじめとして、業者に全てお任せのコースを利用しているなら、荷物がびしょ濡れになってしまうなどの心配は不要ですが、雨天時の道路事情により荷物到着が遅れ、作業終了も遅くなるかもしれません。


梱包、開梱を自身で行うなら、特に荷物の防水には気を使いましょう。


雨が急に降り出すことも多いですし天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。


なるべく引越し料金を安く済ませようという時に頼りになる業者が赤帽でしょう。


中でもコンパクトな引っ越しにおいては実績があります。


時間制による料金設定のため、ご自身もドライバーと一緒に荷物を運べば作業の時間を短くすることが出来ますから、率先してドライバーを手伝いましょう。


赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、単身の引っ越しの荷物であれば十分です。


多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、緊張するのは割れ物の対応です。


その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。


安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。


新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うとぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。


細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、飛び出たところを先に包むのがコツです。


16:12
2017年06月19日(月)
【引っ越しをすると多くの場合、さまざまな不用品】
引っ越しをすると多くの場合、さまざまな不用品がでてきてしまいますが、こういう品物をいくつかの引っ越し業者が買い取るサービスをしており、引っ張りだこの人気となっています。


大型収納家具からブランド品、応接セットのようなものまで、転居によって出る不用品と言えば、多種多様です。


このように数と種類が多いなら、業者を選ぶのが賢明です。


なぜならそういうところは、査定がしっかりとしていますし、買取対象商品が広いので、新たに買取先を探す必要がありません。


無駄なお金を一円でも使いたくなければ見積もりをとってから引っ越しの業者を決めましょう。


正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、業者に来てもらうことが困難であれば荷物が大体どのくらいか、電話で説明できればいくらくらいかを教えてもらえます。


他の業者はいくらだったというとそれより高くならないようにしてくれる業者もあります。


時間が許せばいくつかの業者から見積もりをとるようにしましょう。


賃貸の部屋から引っ越しをする場合、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。


何か効果があると到底、言えないのですが、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。


これが敷金返還について影響する可能性もあるでしょう。


さてお掃除に関してですが、何をしても落とせない汚れがあったり自分で修理するのが不可能なレベルの傷や破損は、放置がベターです。


あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。


とんでもない数のものが身の周りにある生活を送っているとすれば、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのは荷造りを完了することでしょう。


その方の整理能力に対し、ものが多すぎて荷造りを終えられそうにないと思ってしまえばもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、これもチャンスだと思いきって処分に専念すればその後の生活が変わっていくでしょう。


近頃では、実行する人も少なくなったかもしれませんが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、ということを昔からしてきました。


由来ですが、どうやらソバの形に掛けまして、ぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですと縁起をかついだのと、ソバに越してきましたので、よろしくなどとダシャレも込めつつ引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。


15:48
2017年06月18日(日)
【転居とともに絶対必要になる手続きの代表が運】
転居とともに絶対必要になる手続きの代表が運転免許証の住所変更届です。


運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。


引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。


住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を窓口に出し、届を書き、少し待っていれば手続きは比較的早く終わります。


結婚のために引っ越したとき、宅配便で身近に感じていたヤマトの単身引越しサービスを利用しました。


全面的に専門の業者に任せた引っ越しなど初めての経験で、コールセンターへの電話も緊張していました。


しかし、どのスタッフの方も対応も作業も終始丁寧に行っていただいたので、全く問題なく引っ越しを終えることができました。


次回引っ越しするときはまた状況が変わりますが、そこでもヤマト運輸を利用したいと思います。


大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がかかってしまうがエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。


エアコンの設置や取り外しは、専門知識のない人にとっては大変難しいので、必ず専門業者を呼びます。


なので、費用を見てみると、一台を取り付けるのに軽く一万円ほどはかかるようです。


ですが、もしエアコンの取り外しと取り付けが、引っ越しプランのオプションとしてついているなら値段はそう高くはならないようですが、エアコンの設置について何も考えていなかった場合は、専門の業者に取り付け工事をしてもらうか、いっそ転居先で新しく購入してしまうかよく考えてから、判断しましょう。


これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。


まず、引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。


引っ越し業者の人が来るのは何時か、作業を終えて運び出すのは何時かといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。


できるだけ荷物は運び出しやすい場所に持っていき、業者さんだけでなく、引っ越しに関係する全ての人のため冷たい飲み物を準備することが大事です。


作業が終わったところで、飲み物を出せば夏場は本当に喜ばれるものです。


専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によって相当変動があるようです。


学校や職場が変わり、引っ越す人も増える春先は業者に支払う費用は高くなります。


週末および休日の引っ越しも当然割高になります。


では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。


手間を惜しまなければ、引っ越しの総合案内サイトや業者のサイトで、複数の業者から無料で見積もりをとることができます。


費用面も含め、自分に合ったサービスを提供してくれる業者を見つけ、余計な費用がかからないようにしたいものです。


15:48
2017年06月17日(土)
【引っ越し作業の時に、ぜひ注意】
引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、できるだけ、家具や家電などには傷がつかないような工夫をしたいところです。


新居にマッチするよう購入した家具であったりする場合は、場合によっては市販の緩衝材を使うなどして用心深く運ぶようにしたいものです。


きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、細かいキズだらけにしてしまったりすると、ガッカリしてしまうでしょうね。


引っ越しにつきものの悩みと言ったら、やはりどの業者を選ぶのかですよね。


これまで引っ越しの経験が無い場合は、色々な不安も感じると思います。


初めて引っ越しした時、私は引っ越しのサカイにお願いしました。


他の業者にも見積もりを出しましたが、こちらが一番安価でサービスも良かったです。


引っ越しの当日に対応してくれた配送員の人が優しく対応してくれたことを強く覚えています。


これ以降の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイを利用しています。


やはり信頼できると思います。


今後もまた引っ越しの機会があっても、ずっとサカイさんにお願いするつもりです。


全国共通の引っ越し必須グッズがあります。


それは荷造り用品とか梱包材といわれるものです。


どこにいても買うことはできますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、契約特典扱いで、このような消耗品を提供するサービスもあります。


契約が成立すれば無料なのに結局ダブってしまったと後悔しないよう、見積もり依頼の際にはしっかり調べておきたいものです。


引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。


一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。


傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。


包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくとぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。


それから、持ち手のついた食器類などあれば、その部分だけを先に包んでしまいましょう。


転居時にエアコンをどうしたら良いか、悩む人は多いようです。


けれど、賃貸住宅から退去するのなら、管理をしている大家さんか管理会社の担当者に引っ越しの時、エアコンは取り付けたまま置いて行ってもいいかどうかを一度尋ねてみましょう。


次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。


こういった場合ですとエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、その分、少し節約できるかもしれません。


15:06
2017年06月16日(金)
【新しい住居に越してくる際、運搬と設置に少し】
新しい住居に越してくる際、運搬と設置に少し注意したい家電と言えばなによりも、洗濯機ではないでしょうか。


洗濯機はほぼ毎日、水をたくさん使いますし、水道の近くに置くことになるでしょう。


具体的には、浴室の近くになったりしますが、湿気の多い場所であり、そして、そうそうあることではありませんが、洗濯機の排水溝から水があふれることもあり、湿気対策の換気、それから水漏れの対策をなるべくちゃんと行っておいた方が良いです。


学校や職場から便利なところに住みたい、家族が増えたり減ったりして、今の住まいでは合わないといったことがあって引っ越しするケースが結構あると思います。


この際だからと、不要なものや着なくなった服など思い切って処分して、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。


ただ、布団を処分したという話はあまり聞きません。


引っ越し先でも、引き続き同じものを使うようです。


毎晩寝て身体になじんでいるので引っ越しを機会に新しくすることもあまりないようです。


いよいよ引っ越し、という時に荷物の梱包に関しては、大体の物は自分で完了させる、という人はとても多いのですけれど、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についても引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。


であるならば時間をとる梱包作業は業者にしてもらうことを、おすすめします。


養生用のテープや緩衝材などもふんだんに使ってもらえますし、作業も慣れてて早いです。


それに、荷物の紛失や破損などがあれば実際の作業をした業者が、その責任をとって損害の程度に応じて弁償を行ってくれる可能性もあるからです。


今まで、何度か引っ越しの経験があります。


どこでガスを止めるかはいろいろな意見があると思いますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。


どうしても、引っ越しの準備をしていると身体を動かしていますし、汗もかいているので引っ越しする前日の夜にお風呂で手足を伸ばして温まり、疲労を回復させたいのです。


引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めばふと緊張が解けることがあります。


荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、搬出時にゴタゴタすることもあると聞きます。


前日までに、冷蔵庫については庫内にものがないようにして、スイッチも全て切って下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てればもう大丈夫です。


当然ながら、生ものや氷は、使い切れるように計画を立て、冷蔵庫で保管するものは買わないようにしてしばらく冷蔵庫を使えない状況に備えましょう。


14:18
2017年06月15日(木)
【何回引っ越しを経験しても、いつだって、その準備は大】
何回引っ越しを経験しても、いつだって、その準備は大変なものです。


初めての引っ越しでしたら、なおのことその苦労が身に染みるでしょう。


引っ越しの負担を軽減するためには、なによりも、ゆとりを持った計画を立てることが大切です。


その計画を、気負わず大らかな気持ちで実行することがコツだと言えます。


計画に沿ってきちんと実行できるのであれば特に問題はありませんが、雑務に追われてしばしば家の中の作業は後回しにされがちです。


ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、ある程度の計画のズレであっても、問題なく引っ越しの準備に取り掛かることが出来ますよね。


誰でも、引っ越したなら、転出・転入の手続きをしますが、今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。


固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。


引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か知っておくことが大事です。


固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、市内局番のエリアが変わらない転居であれば、電話番号の変更はありません。


引っ越しに関しては、計画通り作業をすすめていくことも欠かせませんが、覚えておかなければならないのは引っ越しにかかる費用を節約するということです。


引っ越しの準備はえてして計画通りには進まない物ですから、予想の金額をあっという間にオーバーしてしまうこともあります。


安くてサービスの良い業者を見付けられるかが大切ですので、一括見積もりサイトを活用し、一番自分に合った業者を選ぶようにしましょう。


引っ越しによって住環境が変わると、これまでの生活の後始末や、新しい生活への対応としてどうしてもお金がかかるものです。


引っ越し作業については無駄なお金は使いたくありません。


手始めに、業者の割引サービスが適用される条件を調べてみませんか。


多くの業者に割引サービスがありますが、それは年度末などの忙しい時期を外して引っ越しすることで割引してくれることが多いもので、割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。


法律上、賃貸物件からの引っ越しの場合、退去時の原状回復義務はつきものですが、経年劣化も考慮しなくてはなりません。


入居者による破壊や破損と判断されると修理費用は入居者持ちとなることが普通ですが、日焼けなど、避けられない変化は入居者の費用負担で直す必要はありません。


何にしても、余計な傷や変化を生じないように暮らすのがいずれやってくる退去時を考えると賢明です。


14:18
2017年06月14日(水)
【住まい探しについては、よく行く駅の】
住まい探しについては、よく行く駅の近くにある不動産屋さんで、探してもらっていました。


その不動産屋さんの人が本当に親切で、対応が丁寧だったので、すっかり信用しまして、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。


そこから少し離れた別の不動産屋にも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、よそのお店のサイトに載っている物件も紹介できると、店の人に教えてもらったため、あちこち出向かずに済みました。


新しい住まいに、物を運びこもうとする際に、設置の場所やその周りなどに、少し注意したい家電と言うとなによりも、洗濯機ではないでしょうか。


洗濯機はほぼ毎日、水をたくさん使いますし、ほどんどの場合は、水道のある場所に置くことになるでしょう。


洗濯機の設置される場所というのは、家の中でも一番湿気のこもる場所であることが多く、それにまた、洗濯機からの排水溝から水漏れが起こると大変ですから、部屋の換気に気を配ったり、水漏れの対策はぜひ完璧にしておきましょう。


一人の引っ越しでは、新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。


ワンルームに引っ越すとすると、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。


また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でもドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう大変な話もあるようです。


余計な心配をしなくて済むよう、まずは布団だけにしてスタートしてみるのも意外と楽かもしれませんよ。


転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。


「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。


何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。


実は自分の作品だったので、衝撃は大きかったです。


といっても、高い物ではなかったので、文句をつけたりはしませんでした。


そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。


なんらかのサービスをしてもらった時にすっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、例外として、引っ越しの時は作業スタッフの面々にお金を渡すという人は、実は多いです。


引っ越し作業という大仕事をしてくれるスタッフにお礼の気持ちをこめて、心付けを渡したり、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。


これらは、全く必要ないことではありますが、そういった差し入れ等は、作業スタッフにとって正直なところありがたい、と思うそうです。


14:00
2017年06月13日(火)
【冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、思わぬ】
冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、思わぬ騒ぎになったという話もあります。


冷蔵庫は引っ越しに備えて、前の日までに入っているものを出し、コンセントを抜き、下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てればもう大丈夫です。


当然ながら、生ものや氷は、冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして冷蔵庫を使わなくても済むように準備しましょう。


引っ越しなどで住所が変わった時は、早めに国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行なう必要があります。


資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。


国民健康保険証と、印鑑と加えて、運転免許証など本人確認書類を用意して申請をしてください。


同市、同町内での引っ越しである場合でも、転居届は、提出することになっていますので、気を付けましょう。


業者を利用しないで、やれるところまで自分で作業をする、というのであればまずは荷物を少なくすることを考えます。


そんなに荷物を載せられない、一般乗用車で荷物を運ぶのですから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで梱包すること、陶器やガラスなど、われものはTシャツに包んで詰め込んでいく、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎ壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。


万事このように、荷物を減らす努力をしましょう。


この間の引っ越しでは、大きい家具の移動は業者に依頼しましたが、あとのものは自分たちで運びました。


ものの移動だけ終わらせて、転入届を市役所で出してきました。


予想外のこともいろいろ起こりましたが、何人もの方が協力してくださり、ずいぶん助けてもらいました。


その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、やることはまだまだたくさんありますが、がんばります。


勤めが決まったことで、10年くらい前に今のアパートへの引っ越しをしました。


ここにいるのはせいぜい3年でここを離れて実家に帰る予定で、実家に住民票を置いたままにしていました。


ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、辞められる区切りがつかず、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、地方税はこちらの方が安いことにも気づき、これからの住所変更もありかな、と思っています。


13:36

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++