これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年07月15日(水)
【引っ越しは段取りが一番大事です。ダンボールは荷物が】
引っ越しは段取りが一番大事です。


ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、当座必要でないものをどんどん詰めていきます。


日々使うものは予め別にしておいて、他のものをものの種類で分けながら詰めるようにしましょう。


ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで荷物を開くときに役立ちます。


電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも忙しくても、必ず終わらせましょう。


引っ越し作業を業者に任せないで、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであればできるだけ、荷造りの数を減らしましょう。


そんなに荷物を載せられない、一般乗用車で荷物を運ぶのですから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで要領よく梱包していく、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし一緒に衣類も運べるという、チョイ技になっています。


万事このように、荷物を減らす努力をしましょう。


引っ越しには慣れていると思います。


ガスは事前に止めることもできますが、引っ越し当日にガスを止めることが多かったと思います。


どうしても、引っ越しの準備をしていると何のかのと体力を使っているので引っ越しする前日の夜に温かいお風呂にじっくり入って翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。


また、当日寒くても温かいものが飲めると、一息つけるからです。


転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。


「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。


ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。


実は自分の作品だったので、かなりショックを受けました。


ですが、お金に換えられるものではないし、文句をつけたりはしませんでした。


そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。


専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によってずいぶん変わってくるようです。


どうしても春先は、学校や職場が変わるため引っ越しが増えます。


そのため引っ越す日や曜日にかかわらず、費用は高くつきます。


週末や祝日も、同様に高くなります。


安いからといって平日に引っ越すか。


なかなかそうはいきません。


情報はいくらでも手に入ります。


引っ越しの総合案内サイトもありますので数々の業者が無料見積もりサービスを行っています。


費用面も含め、自分に合ったサービスを提供してくれる業者を見つけ、余計な費用がかからないようにしたいものです。


15:24
2020年07月14日(火)
【引っ越しに関しては、計画通り作業をすすめていくことも重】
引っ越しに関しては、計画通り作業をすすめていくことも重要ですが、何と言っても気になるのはいかに費用を抑えるかということでしょう。


引っ越しの準備には何かと物入りになって、予定していた金額を超えてしまうことも珍しくありません。


見積もりを依頼する時に、安い業者を選択できるかどうかが要点になりますから、見積もりを一括で依頼できる引っ越し業者の比較サイトを利用するのがおススメです。


この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、そういった不動産の売買契約時には印鑑登録された実印が必要、ということを恥ずかしながら、知らなかったのです。


登録だけは、親が済ませておいてくれていました。


でも、市を越境して引っ越すことになるため、新しい引っ越し先の役場で印鑑の登録も新たにすることになっています。


なので、急に登録に行かないといけなかったですから忙しかったです。


こういう手続きは余裕を持って行いたいですよね。


引っ越しの前日までに、短時間で良いので何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。


いつ引っ越し業者が来て、予定の作業終了時刻はいつかなど、時間とやることの調整をしておきます。


搬出しやすいよう、荷物を動かしておき、当日の関係者のために冷たい飲み物が飲めるようにしておきましょう。


少しでも飲み物があれば、夏場は本当に喜ばれるものです。


少し早いうちから始めるべき、引っ越し準備になりますが必要な物と不要な物の選り分けを進めていくと、どうしても不要物、しかも粗大ゴミが出てしまいます。


たくさん出てしまう引っ越し時の粗大ゴミ、これらは普段のように、ゴミ収集日に出すことはできなくて、処分方法をまず、自治体に問い合わせてそれに則り、処分するようにしましょう。


引っ越し日が近づいてきてからゴミの処理を始めると、かなり慌ただしいですから、余裕を持って処分しておきます。


単身世帯の引っ越しでは、一般向け引っ越しパックではなく単身者専用のサービスを探してみると費用もコンパクトにできます。


専用のコンテナを使い、荷物を収めるというパックが多いので大して荷物が入れられないという先入観をもたれますが、運べる荷物は結構多いのです。


コンテナに収められなかったものがあれば残りは宅配便などの利用を考えましょう。


14:30
2020年07月13日(月)
【まだ社会に出たばかりの頃に友達と】
まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で一時住んでいました。


ほとんどはペットを飼えないアパートで、猫を飼っている友達は物件探しの際、その条件を最優先しました。


不動産屋さんも何軒か回ってやっとのことで物件が見つかりました。


早速入居できたので二人と一匹はとても幸せでした。


引っ越し先がごく近距離であれば業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。


方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけ日数をかけて運んでいくようにします。


時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことで自家用車で無理なく、しかも十分な荷物を運搬できます。


そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。


このレンタルトラックで何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。


こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出をかなり安くできます。


何かサービスを受けた時にいくらか包む、いわゆるチップの習慣は日本にはありませんが、しかしながら、引っ越しの時には、そうしたお金を渡す人がかなり大勢います。


素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達にお礼の気持ちをこめて、心付けを渡したり、また、飲み物など差し入れを、あらかじめ用意したりします。


当然ながら、こうした差し入れなどは、渡す必要はないのですが、作業スタッフからすると、もらえると正直なところありがたい、と思うそうです。


いよいよ来月引っ越しするのですが引っ越し先までピアノを持っていくか手放すのかが悩みの種です。


もうピアノを弾くつもりはありません。


ピアノもかわいそうかもしれません。


一方、捨てるというのも費用はかなりかかることでしょうし、一体どうしたら良いのでしょうか。


誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、引き取り手はそうそう現れません。


転居に必要な手続きの一つは、引っ越し後にインターネット回線を使えるよう、プロバイダーへの移転手続きを済ませることです。


引っ越し先の状況によって対応も違ってきますが、引っ越しの手続きは全て終わったと思っていても、ネット関連の手続きを見落としていたことにはじめて気づく、という話は時々聞きます。


年度替わりの時期には、移転の手続きもなかなか進まないと考えてください。


少なくともプロバイダーへの連絡は、抜けのないよう、早めに終わらせましょう。


13:24
2020年07月12日(日)
【引っ越しの準備には、経験があったとしても多くの方が頭を】
引っ越しの準備には、経験があったとしても多くの方が頭を悩ませているでしょう。


引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。


引っ越しにかかる負担をいかに軽減するかですが、まずゆとりのある引っ越し計画を立て、そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。


計画に沿ってきちんと実行できるのであれば特に問題はありませんが、雑務に追われてしばしば家の中の作業は後回しにされがちです。


ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。


引っ越しをお考えの方にとって一番気掛かりなのは、やはりお金でしょう。


ですが、どの引っ越し業者に頼むかによって、必要な出費が左右されます。


ですから、出来るだけお得な引っ越し業者を選べたら良いですよね。


必要な料金が少しくらい高い業者でも、荷造りの際のゴミを引き受けてくれるようなサービスをしてくれる業者もあるようですので、実際に引っ越しする時には、複数の業者の見積もりとサービス内容と照らし合わせて比較してみるのがおススメです。


いよいよ来月引っ越しするのですがピアノを引っ越しの荷物にするかこの際、処分するかどうか悩んでいます。


ピアノを弾くことはないので、ピアノもかわいそうかもしれません。


もし手放すとしてもそれなりの費用がかかると思いますし、一体どうしたら良いのでしょうか。


誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、そういう方もなかなかいないものですね。


色々とやることの多く、時間と手間のかかるのが引っ越しです。


ところで運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、業者にもよるものの、梱包作業も業者が行なう引っ越し作業の一つとして依頼できるコースがあります。


そういったシステムなら全部自分で頑張ろうとしないで、業者の手を借りることを考えましょう。


素人が行うより、プロなりの手順と方法に任せる方が確実です。


また、もし何か問題が起こった時には梱包を行った業者が責を負って弁償するケースもあるためです。


これから引っ越し、という人にとって必要なものと言えば、とりあえずダンボールを外すことはできません。


荷造りではとにかく大活躍します。


軽い物は大きい箱に、重い物は小さい箱に、などと使い分けができると便利ですので、大小の種類がいくつかあった方が何かと困らないはずです。


不足してから改めて調達、となると時間の無駄ですし、想定より多めの個数を準備するのが良いようです。


さてダンボールの入手ですが、ホームセンターで買ったり、お店で使用済みのものをもらうこともできます。


しかしながら、引っ越し業者の方でも、荷物運搬用のダンボールは用意していますから、これを使用するのが無難かもしれません。


市販のものを購入するより安くつくことが多いです。


13:18
2020年07月11日(土)
【引っ越しで、一人暮らしの場合、ベッドを置く】
引っ越しで、一人暮らしの場合、ベッドを置くべきかどうか考えることがあります。


ワンルームに引っ越すとすると、ベッドがあると相当狭くなります。


さらに、引っ越し業者がいろいろ技を使っても、新居の入り口からベッドを入れられないなどの困った事態になることもあります。


余計な心配をしなくて済むよう、まずは布団だけにして決断するのも部屋をより広く使えるようになりますよ。


日通が引っ越しも扱っていることは、「引っ越しは、日通」のキャッチコピーとともに、誰でも知っている事業になりました。


引っ越しサービスを扱ってきた業者を思い浮かべると、会社名は引越社、引越センターに決まっていた先入観がありました。


あちこちの運送会社は、近頃、引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。


おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように大手であればサービスもしっかりしています。


どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。


慣れない引っ越しなら尚更でしょう。


この苦労を減らすためには、まずは、引っ越しの計画が余裕のあるものなのか確認し、その計画を、気負わず大らかな気持ちで実行することがコツだと言えます。


計画通りテキパキと進めていければ特に問題はありませんが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。


立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。


時期や積み荷の量、あるいはどこまで運ぶのかの差異によって引っ越し料金も変わります。


引っ越しの費用を抑えるためにも、実際に行動するより先に、必要になるお金の目安を付けるための一般的な相場を知ることが必要になります。


大体の相場が分かったら、複数の業者に見積もりをお願いして、相場の価格より安くかったり、サービスが充実した業者に頼むのがおススメです。


何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。


大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、日程を考えて梱包作業を進めます。


日常的に使うものをのぞき、用途や種類で大まかに分け、詰めるようにしましょう。


ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることでより片付けしやすくなるでしょう。


電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きももれがないよう早めに進めてください。


13:00
2020年07月10日(金)
【お天気の状態によって、引っ越し作業の効率は変わり、特に】
お天気の状態によって、引っ越し作業の効率は変わり、特に雨の日などは、荷物の防水など、やることが増えます。


梱包作業を業者に一任しているのであれば、防水などは徹底してくれますから、荷物が傷む恐れはないはずですが、雨による渋滞で荷物到着が遅れ、作業終了も遅くなるかもしれません。


業者任せでなく、自分で荷造りをする場合は、防水対策は必要です。


雨が急に降り出すことも多いですし対策は立てておいた方が良いでしょう。


どこからどこに転居するとしてもダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。


スーパーやディスカウントストアにきいてみれば、業務用ダンボールはほとんど無料です。


サイズが整わないのは仕方ありません。


荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、同一サイズでない場合、搬出で積み重ねるとき注意してください。


一人の引っ越しでは、新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。


ワンルームに引っ越すとすると、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。


さらに、引っ越し業者がいろいろ技を使っても、ドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう大変な話もあるようです。


そういうことを心配するより、とりあえず布団の生活を思い切って試してみると意外と楽かもしれませんよ。


犬を飼い始めてそろそろ十年経つでしょうか。


この子と暮らし続けるため、住まいを変えることになった時にはペットが飼えるマンションでないといけませんから探し回ります。


さて、ペット可のマンションにもいろいろありまして、ドッグランや犬用の水飲み場といったような設備の整った物件であれば、嬉しいことです。


普通のマンションより家賃は高めでもペットと一緒の生活を続けたいと考えます。


借りていた部屋から引っ越す時は、ある程度きれいに掃除を済ませてから、退去しましょう。


掃除をしたからと言って、何か良いことがあるとは言いきったりすることはできないものの、大家さんも気を悪くすることはないでしょうし、それが敷金返還のことなどに影響することも、あるいは考えられるでしょう。


お掃除をしておくにあたって、もしも落ちないシミや汚れがあるとか大きめの破損については、放置がベターです。


あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。


10:24
2020年07月09日(木)
【どんな世帯の引っ越しにも、欠かせないも】
どんな世帯の引っ越しにも、欠かせないものがあります。


いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。


買うことや譲ってもらうこともできますが、多くの引っ越し業者では、見積もりから契約成立の間に、おまけとして、梱包用グッズを提供するサービスもあります。


契約すればただで手に入るものが、先に買ったものが無駄になったと泣かないように業者へ見積もりをお願いするところでしっかり調べておきたいものです。


少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。


ですから、どこそこを利用したい、などという思い入れも特にないのなら誰もが聞けば知っているような大手業者にしておくのが良いようです。


大手といえば、例えばどこかということでしたら、テレビコマーシャルで見かけることも多い、アリさんマーク引越社のような会社でしょうか。


存在感のある有名企業ですので信頼もあり、会社が大規模である分、利用客もやはり大勢いるわけです。


ノウハウもあり、手順もしっかりしていることが殆どですから効率よく引っ越しを進めてくれるでしょう。


特に大きめ荷物を運ぶ時に注意しておきたいことですが、壊れやすい電化製品や、大きな家具には目に見えるような傷を残したりしないようにします。


新しい住まいのために手に入れた大型家具などでしたら、何か緩衝材になるようなものを巻くなど工夫して運搬するべきなのです。


お気に入りの新しい家具を、新居に置けるとなると嬉しいものですが、細かいキズだらけにしてしまったりすると、誰だってガッカリしてしまうでしょう。


引っ越しをしようという時に、必要不可欠なものを挙げるとするなら、まずはダンボールです。


新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。


大きさを色々揃えておくと、使い分けができて何かと困らないはずです。


不足してから改めて調達、となると時間の無駄ですし、心もち多めに用意しておくと、安心かもしれません。


無料で入手したいなら、スーパーなどお店でもらえますし、新品をホームセンターなどで買うこともできます。


ですが、業者が用意するダンボールを利用するのが丈夫で大きさも揃っていて、荷造りしやすいかもしれません。


引っ越しは家財道具の整理の機会でもあるわけで、仕分けの結果、不要になるものもあります。


処分するだけでも疲れてしまいますね。


ぜひ覚えておいてほしいのは、引っ越し業者が行っている、不要品引き取りサービスです。


ものによっては、一部の業者がもともと有料で処分するべきものをリサイクルなどの扱いで無料回収を行うところもあるので問い合わせるだけの価値はあります。


10:18
2020年07月08日(水)
【引っ越し代を安く済ませたい方にとって、味方になって】
引っ越し代を安く済ませたい方にとって、味方になってくれるのが赤帽です。


ご存知のように、一人暮らしなどの引っ越しには実績があります。


時間制の運賃料金もありますから、ご自身もドライバーと一緒に荷物を運べば作業にかかる時間を抑えることが出来ますから、率先してドライバーを手伝いましょう。


軽自動車をつかう赤帽ですが、意外とたくさん積められますから、安心して引っ越しが出来ます。


引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。


この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが主な理由として挙げられます。


実際に引っ越しするとなると、手間がかかって面倒だという話を聞きますが、複雑な手続きを何度もしなくてはならないということが主な要因となっているようです。


例えば、電気や水道、市役所など、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、しっかりとプランを立てて作業するのをお勧めします。


引っ越しの日も間近に迫ってきたのに、エアコンの扱いについて何も決められずにいる、などというような悩みをお持ちではないですか。


自分で取り外しや取り付けをするのは、知識がないと相当難しく、だったら、電気屋さんにがベストなのか、それとも、引っ越し会社のスタッフに、取り外してくれるよう依頼するか、また、転居先での取り付けはどうするのか等々、考えることが多くて迷います。


エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで問い合わせをしてみるのも良いでしょう。


新居に移ってちゃんとした生活を始めるためには、ライフラインをまず整えておく必要がありますが、これに加えてできればネットも使えるよう、整えておきたいものです。


もし、今現在契約している内容に満足していないのであれば契約を切るいい機会になりますが、特に不満もなく、このままでいい場合は、基本的な契約はそのままにしておき単に住所変更手続きだけで良いのですが、以前のプロバイダが新居では使えない場合もありますので要確認です。


もし、引っ越し先にまったくネット環境がなかったりした場合は設備を新設する工事もしなければいけなくなります。


ネット環境が整うまで、しばらく時間がかかることもあるということです。


少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。


ですから、選択に迷ってしまうのであれば世間によく知られている大手業者を選ぶのがやはり間違いがなさそうです。


例を挙げるなら、テレビコマーシャルで見かけることも多い、アリさんマーク引越社のような会社でしょうか。


世間でよく知られている大手、ということは、多くの利用客を相手に仕事をしてきています。


経験豊富なスタッフも大勢いるでしょうし効率よく引っ越しを進めてくれるでしょう。


10:18
2020年07月07日(火)
【いざ引っ越しをと思っても、どの業者を選んだらよいのか悩】
いざ引っ越しをと思っても、どの業者を選んだらよいのか悩む方も多いと思います。


引っ越しを初めてする場合は、もっと困ってしまうのではないでしょうか。


初めて引っ越しした時、私は引っ越しのサカイさんに依頼しました。


見積もりを依頼しましたが、どこよりも安かったからです。


引っ越しの時に対応してくれた従業員の方が、親切に対応してくれたので、安心して任せられました。


今でも引っ越しする時はサカイさんに頼んでいます。


違う業者も考えないわけではないですが、やはり慣れている所だと安心感と信頼感があります。


今後も引っ越しのサカイを使うことは変わらないと思います。


もしも引っ越して、住まいの住所が変わったら、できれば早めに国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きが必要となっております。


資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。


手続きに必要なものは、印鑑とさらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて届け出に行きましょう。


誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、忘れずに転居届を提出する必要があります。


引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、1日、2日前になって急にキャンセルしてしまうと、キャンセル料を支払う羽目になってしまうことがあります。


見積もりを見せる時には、キャンセル料が発生する条件について説明することになっています。


ですが特に口頭で説明しなくてもいいので、書面での提示だった場合はキャンセル料についての記載を、読まずにいることもありますから、業者に予約を入れる前に、キャンセル料がいつ発生するか尋ねておくべきではないでしょうか。


引っ越しを翌日に控えたら、寝る前に必ず翌日のスケジュールがどうなっているか見てください。


いつ引っ越し業者が来て、作業終了の目標は何時かという確認をします。


荷物は運びやすいように移動しておきましょう。


引っ越し業者さんの他、当日手伝ってくれる人へのお礼として冷たい飲み物を準備することが大事です。


熱中症予防のためにも、飲み物があると夏場の引っ越しでは感謝されるでしょう。


引っ越しの際、家のエアコンはどうしたらいいのか決まっていない、といった困り事を抱えてはいませんか。


エアコンの取り外しや取り付けは、専門知識のない個人ではなかなかできませんから、なら購入先の電気屋に任せるべきでしょうか。


あるいは、業者に引っ越し当日、取り外してもらうか、それはそれとして、新居での取付工事はどこに任せたらよいのか、などというように、わからないことが多くて困ってしまいます。


餅は餅屋と言いますから、エアコンの事はエアコン専門の「エアコンサポートセンター」に利用について、問い合わせてみるといいでしょう。


09:24
2020年07月06日(月)
【これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私が】
これまで何度も引っ越しをしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。


忠告ですが「大事な物、壊れやすい物は他人に任せず自分で運ぶ」です。


何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、いくつかの食器が割れてしまっていました。


実は自分の作品だったので、かなりショックを受けました。


とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、もうクレームをつける気にはなれませんでした。


以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。


「荷物の量」「移動距離」「時期」などの違いで引っ越しの相場も変わります。


引っ越しの費用を抑えるためにも、実際に行動するより先に、必要になるお金の目安を付けるための一般的な相場を知ることが必要です。


その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、相場の価格より安くかったり、サービスが充実した業者に頼むのがおススメだと言えます。


待ちに待った年金生活ですが、生活の大きな変化を余儀なくされます。


ここで、住む環境を変えてみるのはいかがでしょうか。


現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、退職して年金生活になれば、生活と住環境のずれが出てくるものです。


特に、賃貸にお住まいのご家庭ではおそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。


もっと負担の少ないところに引っ越すのも今はごく当たり前の話です。


一人で移動するのではなく、一家が転居するとなると当日はやるべきことに追われてしまい、朝から晩までの作業になることは必然ですから、前倒しにできることがあれば事前に終わらせておくことが大事です。


とりわけ、ライフラインの水道、電気、ガスその他をすぐに使えるようにする手続きは絶対条件としても、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは他のものと一緒にせず、取り出しやすくしておくことも大事です。


コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は引っ越し業者からレンタル可能な衣装ケースが存在しますから、これを用いると衣類の梱包がだいぶ楽になりそうです。


こういうケースがないと、普通のダンボールに一着ずつ衣類を重ねて梱包することになるのですがこうした運送専用の衣装ケースを使うことができればハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。


新居で行なう荷ほどきも同様に衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。


08:48

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++