これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年10月20日(金)
【引っ越しの予約を入れておきながら、1日、】
引っ越しの予約を入れておきながら、1日、2日前になって急にキャンセルしてしまうと、キャンセル料を支払う羽目になってしまうことがあります。


業者は見積もり作成時、キャンセル料が発生する条件についてちゃんと説明しなければなりません。


しかし、その説明が書面でなされた場合には書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、予約を入れる前にキャンセル料に関しても尋ねておくべきではないでしょうか。


自分の周囲に大変な数のものがある生活を送っているとすれば、その方が引っ越すとき最も大変なのはものを整理して荷造りすることに尽きます。


どんなに周りが協力しても、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうと引っ越しするのが嫌になってしまうかもしれませんが、これもチャンスだと思いきってとことん処分してしまえばその後の生活が変わっていくでしょう。


来月引っ越すので準備を進めていますが、ピアノを引っ越しの荷物にするか手放すのかが悩みの種です。


もうピアノを弾くつもりはありません。


場所をとるだけの存在です。


これを処分するにしても無料では済まないだろうし、悩みは尽きません。


譲渡先があれば良いのですが、引き取り手はそうそう現れません。


犬を飼い始めてそろそろ十年経つでしょうか。


この子と暮らし続けるため、引っ越しをするとなるとどうしてもペット可のマンションでないと困るので、意地でも探し回ります。


ところで、単にペット飼育が可能なマンションと言いますが、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといったプラスアルファの設備があるマンションがいいです。


普通のマンションより家賃は高めでも愛犬と一緒に生活していけるのならいい、と思っています。


引っ越しに際しては、様々な手続きが必要になってきますがインターネット環境をちゃんとしておく、ということも大事なことです。


思うところがあって、プロバイダを変更したい時は契約を切るいい機会になりますが、今のままで問題がない、満足している、という時は、基本的な契約はそのままにしておき住所変更のみ行いましょう。


ただ、新居でそのプロバイダが利用不可、ということもあり得ますので確認しましょう。


また例えば、新居にネット環境が全くないとなると設備を新設する工事もしなければいけなくなります。


時間がかかることもある、ということを知っておいた方がいいですね。


01:30
2017年10月19日(木)
【日取りも決まって、さて引っ越し作業を始】
日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、まずはダンボールです。


荷造りではとにかく大活躍します。


大きさを色々揃えておくと、使い分けができて作業をスムーズに進めることができるでしょう。


家中の物を詰め込んでいきますし、人によってはかなりたくさん使うことになるでしょうから、心もち多めに用意しておくと、安心かもしれません。


無料で入手したいなら、スーパーなどお店でもらえますし、新品をホームセンターなどで買うこともできます。


ですが、利用を予定している引っ越し会社のダンボールを使うこともできます。


この方が業者にとっても積み込みがしやすいということもって、歓迎されるでしょう。


引っ越しをして、住所が変更された場合、早めに国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行ないます。


ところで、資格喪失の方は古い方の住所で、加入手続きの方は、引っ越し先の住所で行うことができます。


手続きに必要なものは、印鑑とさらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて手続きに行きましょう。


同じ市内での転居であっても忘れずに転居届を提出する必要があります。


数多くのものに囲まれた生活を送っているとすれば、その方の引っ越しを困難にしているのは荷造りを完了することでしょう。


その方の整理能力に対し、ものが多すぎて荷造りを終えられそうにないと思ってしまえばもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、良い機会ができたと思って処分に専念すれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。


何かをサービスを受けていくらか包む、いわゆるチップの習慣は日本にはありませんが、しかし、引っ越しの時に限り、料金以外のチップの様なお金を、業者に渡している人は大半です。


素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。


当然ながら、こうした差し入れなどは、渡す必要はないのですが、大変な、気の抜けない作業をしているスタッフからすると、心付けをもらえるのはやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。


世帯の大小に関わりなく必ず引っ越しでダンボールを使うことになります。


名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。


上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、ダンボールは無料で分けてくれるものです。


当然ですが、サイズはいろいろあります。


車に乗せるとき、ダンボールは縦にも横にも積み重ねられるため、同じサイズでなければ気をつけて積み重ねないといけません。


00:48
2017年10月17日(火)
【先日の引っ越しで、見積もりを出してもらったとき】
先日の引っ越しで、見積もりを出してもらったとき、引っかかったことがありました。


液晶テレビの運搬に限って個別の保険をかけることになっているそうです。


問題になったのは40型の液晶テレビで、明らかに購入価格が30万円以上のため、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。


業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、これで良かったのかいまだによくわかりません。


勤めが決まったことで、10年くらい前にこのアパートに引っ越したのです。


最初の考えでは、3年くらいいたら後は実家に帰りたかったので住民票は動かしませんでした。


ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、辞める気がどんどんなくなっていき、結婚して今後もこの町にいる可能性も出てきたし、地方税はこの町の方が安かったりするので、これからの住所変更もありかな、と思っています。


これから引っ越し、と決まったところで最優先しなければいけないのは役所に転出届を出すことです。


複雑な手続きではなく、現住の市区町村で役所の窓口で手続きすれば、すぐ受け付けてもらえますが、郵送での受付もできますので、調べてみてください。


忙しくて、役所の受付時間に間に合わないという場合は、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。


転居届の提出は、転居の2週間前くらいからできる市区町村が多いようです。


運送トラックに、引っ越しの荷物が全て積み込まれるまで、一体どれくらいの時間がかかるかというのはいつも同じではありません。


部屋の階数、荷物の個数、実際に作業できる人数は何人か、などの条件で極端に違ってきたりもするのです。


そのことを踏まえ、かなりざっくり言うなら、一番規模の小さい、単身の引っ越しなら約30分、他と比べて相当荷物が多いご家庭の引っ越しなら2時間を越えるくらいで、普通の一般家庭の荷物であれば、30分から2時間くらいの間で済むと思っていて良いでしょう。


転居先がごく近所であれば専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引っ越しはできます。


方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけ転居先に運びこみましょう。


少しずつでも時間をかけますのでたくさんの荷物を運ぶことができます。


問題は大型家具ですが、これらは一日だけトラックをレンタルし、効率よく運び込んでしまいます。


このやり方ですと、引っ越しに掛かる支出はかなりコストカットできるでしょう。


21:36
2017年10月16日(月)
【就職して、通勤に便利なところで一人きりの賃貸】
就職して、通勤に便利なところで一人きりの賃貸生活をすることになった時は、新しい部屋に持っていく荷物がほとんどなくて、考えた挙句、クロネコヤマトの宅配サービスを使って引っ越しを済ませました。


ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、プロの引っ越し業者に頼むより格段に安く済みました。


布団のように、かさのあるものは住むところで買えばいいと考えていました。


だから荷物を最低限以下にできて、こんな引っ越しもできました。


引っ越しの際、家のエアコンはどうしたらいいのか決まっていない、といった困り事を抱えてはいませんか。


エアコンという家電は意外と扱いが難しいものです。


取り外しや取り付けも、知識がないと失敗するおそれがありますし、だったら、電気屋さんにがベストなのか、それとも、とりあえず引っ越し当日に業者に外してもらうようにするか、そして、引っ越し先での取り付け工事はどうするか、といったように、わからないことが多くて困ってしまいます。


他の家電と違い、エアコンの扱いは専門家に任せた方が間違いがありませんから、エアコンサポートセンターなど専門店に相談し、利用を考えてみるのも良いですね。


新居に引っ越し荷物を運んでくる時に設置の場所に、かなり気をつけたい家電が洗濯機でしょう。


ほぼ毎日、多量の水を使う洗濯機ですからほどんどの場合は、水道のある場所に置かれるはずです。


水回りに設置する洗濯機の周囲というのは、湿気がこもりがちで、水漏れが出てしまった時の惨事を想像すると、換気や、水漏れの対策は不備の無いようにしておきましょう。


これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?たとえば、荷造りをしているときです。


カッターやはさみを普段やらない作業で使うので、ケガの危険性はかなり高いのです。


荷物を移動させるときのことを考えても、荷物を落としたり、挟まれたりする危険性が高いのです。


安い軍手を選べば良いのではなく、自分の手のサイズに合った、滑り止め付きの軍手を準備することが大事です。


それなら作業もしやすいですし、荷物も効率よく安全に運べますね。


どこからどこに転居するとしてもダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、有料のところもあるので、必ず確認してください。


そんなときにも、スーパーなどに行くとダンボールは無料で手に入ります。


そうなるとサイズが揃わなくなります。


ダンボールは移動の時、たくさん積んで運ばれるので、サイズが揃っていないと計画的に積んでいく必要があります。


20:48
2017年10月15日(日)
【引っ越しの時に荷物の梱包に関しては、大体】
引っ越しの時に荷物の梱包に関しては、大体の物は自分で完了させる、という人はとても多いのですけれど、多くの業者においては荷運びだけではなく、その梱包も業者が行なう引っ越し作業の一つとして依頼できるコースがあります。


でしたら自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。


作業に習熟したプロに任しておけば、間違いはないでしょうし、荷物の紛失や破損などがあれば作業を行った業者がその責任を負って被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。


洗濯機ですが、うちではドラム式のものを使っています。


二年前、転勤で引っ越しをしました。


引っ越しの日、荷物を開梱していくと、濡れたダンボールを見つけたのですぐに業者に電話をしました。


水の出た原因は洗濯機で、ホース内に水が残っていて車に揺られているうちに、染みでてきて、そのまま運んできたようです。


他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、ホースの中から、しっかりと水を抜いておく必要があるとは思わかなかったです。


でも次回からは気を付けたいです。


ライフラインの一つといっても良いくらい、引っ越しで重要なのが引っ越し先でインターネットが使えるかどうかです。


忘れている方も多いようで、引っ越しを終えて、いろいろ連絡を取ろうと思ったところで、ネット関連の手続きを見落としていたことにはじめて気づく、という悲劇は後を絶ちません。


人の移動が多いときには数週間待たないと工事ができないということもありますので、引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは早めにしておくのが鉄則です。


アパートやマンション、賃貸のお部屋から引っ越していく際、ある程度きれいに掃除を済ませてから、退去しましょう。


掃除をしたからと言って、何か良いことがあるとは言えはしませんが、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。


これが敷金返還について影響することも、あるいは考えられるでしょう。


お掃除については、もし落としきれない特殊な汚れや自分で修理するのが不可能なレベルの傷や破損は、放置した方が良いでしょう。


無理矢理汚れを落とそうとしたり、破損部分を修理しようとしても、なかなか上手くはいきません。


荷物を運び出すときに冷蔵庫が準備できていなくて、思わぬ騒ぎになったという話もあります。


準備のためには、前日までに庫内にものがないようにして、スイッチも全て切って水滴貯めパレットにじわじわと貯まった水を捨てておくとあとは運ぶだけです。


庫内のもの、とりわけ生もの、氷などは前日までに計画的に消費し、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。


20:30
2017年10月14日(土)
【引っ越しの時にいろいろな物の梱包を、衣】
引っ越しの時にいろいろな物の梱包を、衣服から日用品までなんでも自分でこなしてしまう人は意外に多いのですが、業者にもよるものの、梱包作業も引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。


そういうことであればここは自分で作業せず、業者に梱包もしてもらうのが良いようです。


養生用のテープや緩衝材などもふんだんに使ってもらえますし、作業も慣れてて早いです。


それに、もし何か問題が起こった時には梱包作業をした業者がその責任をとり弁償するケースもあるためです。


マンションやアパートですと、今では隣人はどんな人なのか、ほとんど知らなくても生活が成り立つことがおかしいと思わなくなっています。


それでも、日常の挨拶や災害など、大変なことがあれば助け合えるような関係は必要だと言えます。


お隣さんといい関係を作るために、取りかかりとしては転入の際には、ちょっとしたおみやげとともに両隣に挨拶に行くことをおすすめします。


いよいよ年金生活というと、今までの生活が大きく変わることは確かです。


これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。


現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、これまでの生活から年金生活に入ることによって、住まいと生活が不一致を起こすことも考えられます。


特に、賃貸にお住まいのご家庭ではおそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。


もっと負担の少ないところに引っ越すのも良いのではないでしょうか。


最近では、知る人も少なくなってきたようなのですが、大変だった引っ越し作業を終えたら、みんなでソバを食べる、というような習慣が、一昔前からありました。


どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長くお付き合いを致しましょうという、願いが込められていますし、ソバに越してきましたので、よろしくとダジャレも仕込んで引っ越してきてご近所となった人々に、振る舞ったり、配ったりしたものだと言われています。


専門業者を使うことなく、なるべく自分で梱包などを行ないたいのであれば一番のコツは、荷物を減らすことだと言われています。


一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、できるだけ効率よく積載していくため、大きすぎないダンボールを使い荷造りをしたり、食器やコップなど壊れやすいものは、衣類でくるみ、梱包をしてしまう、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。


一例ですが、こういう風に荷物はなるべく減らすよう、算段しましょう。


19:54
2017年10月13日(金)
【引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、その私が、】
引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、その私が、たった一つ皆さんに伝えたいことがあります。


「壊れやすいものは、絶対に他人に任せるな」です。


何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、陶器が何個か、欠けてしまっていました。


はずかしながら、自作の陶器でしたから、「まさか」と思い、衝撃を受けました。


ただ、値段のつくようなものではないので文句をつけたりはしませんでした。


これから先の引っ越しでは、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。


いわゆる引っ越し好きの方なら別ですが、それ以外の方にとっては引っ越しするということは、生涯の中でも転換期になり得るわけですが、数々の大変な事態に陥ることも予想しておく必要があります。


引っ越し当日の忙しさは当然ですが、仕事が重なってしまったときにどこかでトラブルが発生すると、引っ越し全体に関わる問題になってしまうので予定を先取りするくらいのつもりで、準備を進めておくべきです。


世帯全体での引っ越し経験があればすぐ気がつくことでしょうが、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。


引っ越し経験は私にもありますが、解約自体が大変ということはありません。


しかし、その解約を忘れてしまうと、請求は引き続き自分の方に来ますから、抜け落ちないよう注意しましょう。


その場合は、転居していても月末まで料金を請求されるのが普通です。


引っ越しで、荷物をまとめる際、割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。


その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。


傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。


包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくと緩衝効果があります。


細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、飛び出たところを先に包むのがコツです。


地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。


進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、何回やっても荷作りには手間取るものです。


単身者が引っ越す場合、私の経験では値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば頑丈で運びやすい荷物が作れるということです。


ただでもらえるスーパーのダンボールやクラフトテープなどどは、運んだときに差が出ます。


途中で荷物が壊れないようにするためにも、何とか手に入れたいものです。


19:52
2017年10月12日(木)
【引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋】
引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。


この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが主な理由として挙げられます。


多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと耳にすることもありますが、様々な手続きが複雑でややこしいことが不満だそうです。


水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、しっかりとプランを立てて作業するのをお勧めします。


今回の引っ越しで見積もりを出した際、えっと思うようなことがありました。


実は、液晶テレビを運ぶのには個別の保険をかけないと運べないそうです。


引っ越しの荷物として40型の液晶テレビがあったため、購入したときの価格が30万円以上の品は、運搬の際に保険をかける決まりになっていると言われました。


業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、どこの業者さんでも同じなのかいまだによくわかりません。


引っ越しを翌日に控えたら、寝る前に必ず引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。


何時の約束で引っ越し業者が来るか、何時までに作業を終えなければならないかという確認をします。


荷物は運びやすいように移動しておきましょう。


引っ越し業者さんの他、当日手伝ってくれる人へのお礼として冷たい飲み物が飲めるようにしておきましょう。


作業が終わったところで、飲み物を出せば夏場は本当に喜ばれるものです。


引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、引っ越し前と後の近所の人にちゃんと挨拶に行くのが今後の生活にプラスに働くと思います。


挨拶をしておかないと隣近所との関係が悪化したりギクシャクするというケースもあるので、蔑に出来ません。


普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。


円満に解決するためにも、隣近所の人には、可能な限り挨拶をしておいた方が良いと言えます。


引っ越しの前にすることとして、全ての手続きの元になるのが転出届を提出し、受理してもらうことです。


この転出届、現在住んでいる市区町村で役所の窓口に提出します。


郵送での受付もできますので、調べてみてください。


それから、窓口が開いている時間に役所に行って手続きできなければ、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。


この手続きは、転居する2週間前くらいからできる市区町村が多いようです。


19:06
2017年10月11日(水)
【引っ越しをするならば、ご近所への挨拶は今後】
引っ越しをするならば、ご近所への挨拶は今後の生活を快適に過ごすためにも必要なものです。


贈答品については、のしをどうすればいいのかで戸惑う方もいると思います。


かしこまりすぎても逆に不自然ですから、のしは外のしが最適です。


表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記載すれば問題ないでしょう。


子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたが完成したばかりのマンションを購入できまして、転居を決定しました。


引っ越し当日に起こったことですが、作業の最中、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、分解はやめて、形のまま運んでもらいました。


すると、不当な値段などではなかったと思いますが、少々腑に落ちない追加料金を支払いました。


見積もりをもらった時にでも追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大事だと思いました。


固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際にもう一度見直してみましょう。


現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、電話だけでなく、ファックスなどのために電話回線が必要ならばいずれかの電話会社と契約するなど、意外と時間がかかるやりとりが生じます。


取りかかりが遅くなり、契約が引っ越しに間に合わなければ、固定電話もファックスも使えない生活になりますので年度末やお盆、年末年始などは特に急いで移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。


家移りを経験した方なら必ず行ってきたことですが、旧居のガスを解約しなくてはなりません。


自分の引っ越しでも経験してきたことですが、解約自体が大変ということはありません。


きちんと解約手続きを終わらせないと転居後に使われた分も請求されてしまいます。


抜け落ちないよう注意しましょう。


その場合は、転居していても月末まで自分が支払わなければなりませんので、それも覚えておいてください。


引っ越しで大きい荷物を運ぶ際、特に気を付けたいことと言えば、壊れやすい電化製品や、大きな家具には傷がつかないような工夫をしたいところです。


新居にマッチするよう新品の家具などを購入したりした時は、市販の緩衝材などもふんだんに使って運びましょう。


新品家具を、新居に置けると思うと嬉しくなります。


しかし、運搬時に傷だらけにしてしまったら、ガッカリしてしまうでしょうね。


12:30
2017年10月10日(火)
【結婚に伴って転居したときに、ヤマト運輸の単身引っ】
結婚に伴って転居したときに、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスを使ってみました。


ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しを初めて行ったので電話でも緊張していたのを覚えています。


しかし、どのスタッフの方も対応も作業も終始丁寧に行っていただいたので、引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。


今度引っ越しするときも、ヤマト運輸の利用を考えています。


引っ越し作業についてですがいろいろな物の梱包を、衣服から日用品までなんでも自分でこなしてしまう人は意外に多いのですが、多くの業者においては荷運びだけではなく、その梱包も業者が行なう引っ越し作業の一つとして依頼できるコースがあります。


でしたら自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。


業者の方が作業には慣れていて、時間もかかりませんし、なんらかの事故が起こってしまった時に作業を行った業者がその責任を負って被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。


引っ越しなどで住所が変わった時は、なるべく早く、国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きが必要となっております。


ところで、資格喪失の方は古い方の住所で、新しい住所の役所で、加入手続きについては行うことになります。


国民健康保険証と、印鑑とそれから本人確認書類を何か用意して手続きに行きましょう。


同市、同町内での引っ越しである場合でも、転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。


引っ越しをすると多くの場合、さまざまな不用品がでてきてしまいますが、こういう品物を適正価格で買い取ってくれる引っ越し業者が増えていて、ずいぶん好評のようです。


大きな家具やゴルフ道具一式、ブランド品の数々や、それからソファーとかの応接セットなど、不用品の種類は多くなりがちです。


不要品の種類が多くなりそうな場合は、そういった品の買取に熱心な業者を選んで利用すると、ちゃんとした査定が期待できる上、品物の種類ごとに買い取り先を探さなくて済みますね。


新生活を始めるにあたって、どうしても必要となる諸々の手続きと同様にできればネットも使えるよう、整えておきたいものです。


料金の件などで、現行の契約に納得がいっていないなら引っ越しを機に解約、ということで良いのですが、そうではなく、今の状態を続けたいと考えるなら、基本的な契約はそのままにしておき引き続き利用できるよう移転手続きを行いますが、ネット環境の都合で古いプロバイダとの契約を続けられないこともありますので、注意しましょう。


そしてもしも、転居先にネット回線がなかったら設備を新設する工事もしなければいけなくなります。


そういったこともあらかじめ、考えておくと良いでしょう。


10:48

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++