これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年05月20日(月)
【挨拶は引っ越しにとって欠かせません。今でもやは】
挨拶は引っ越しにとって欠かせません。


今でもやはり、転居元や転居先の隣人へ挨拶した方が良いでしょう。


実際問題、挨拶を欠かしたために隣近所から浮いてしまったりギクシャクすることが多いのが、その理由です。


今後、迷惑をかけてしまう可能性のある隣人になる相手には、積極的に挨拶しましょう。


賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。


管理会社から、担当者が来て、部屋の隅から隅までチェックしてきます。


これを終わらせたら、やっと退去です。


また、いろんなケースもあるようですが、水道ガス電気など、公共料金の支払いはきちんと済ませておかないといけませんし、鍵は、作ったスペアも入れて全て返却しないといけません。


仕方のないことですが、最近、マンションやアパートで隣に住む人の顔さえわからないということがおかしいと思わなくなっています。


だからといっても、日頃から挨拶する、何かあったときにはお互いに助け合えるという関係はあってもいいのではないでしょうか。


お隣さんといい関係を作るために、取りかかりとしては転入したらできるだけ早く、おみやげを持って両隣に挨拶に行くことをおすすめします。


厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によって荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。


こういうケースがないと、普通のダンボールに一着ずつ衣類を重ねて梱包することになるのですがこの衣装ケースを使うと衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。


転居先に着いたら、ケースから取り出して衣服をハンガーごと新居のクローゼットやワードローブに収納していけます。


転居に必要な手続きの一つは、引っ越し後にインターネット回線を使えるよう、プロバイダーへの移転手続きを済ませることです。


忘れている方も多いようで、荷物も人も移転しているのに、肝心のネット回線が通じていなかった、そういう話は実際にあるのです。


三月から四月の引っ越しが多い時期には工事が数週間待ちという話もよく聞きます。


引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは早急に行ってください。


13:00
2019年05月19日(日)
【出来るだけ引っ越しの出費を抑えたいとい方の頼りに】
出来るだけ引っ越しの出費を抑えたいとい方の頼りになる引っ越し業者といえば、赤帽以外ありません。


中でも、一人暮らしの引っ越しといった小規模のものに評価が高い引っ越し業者です。


時間制による料金設定のため、荷物の運搬を手伝う事で作業の時間を短くすることが出来ると思います。


赤帽で使う車は軽自動車なので積載量が心配かもしれませんが、意外とたくさん積められますから、安心して引っ越しが出来ます。


今の住まいについては満足していますが、ここをどうやって見つけたかというと、よく行く駅の近くにある不動産屋さんで、探してもらっていました。


その不動産屋さんの人が大変親切で、色々な質問にも答えてくれましたし、印象が良かったので、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。


そことは別の不動産屋さんも行ってみる気はあったのですが、よそのお店のサイトに載っている物件も紹介できると担当の方が仰るので、お店のハシゴはせずに、帰ることにしました。


以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折に近郊にマンションを購入しまして、転居を決定しました。


さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、天板を取り外して分解できる書斎机が、うまく分解できず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、大した値段ではなかったのですが、少々腑に落ちない追加料金を支払いました。


見積もりをもらった時にでも追加料金が発生する可能性や、その条件について、尋ねておけば良かったと思います。


引っ越しの荷物が全て積み込まれるのに、時間がどれくらいかかるかはその度に変わるのが普通で、一定にはなりません。


部屋の階数、荷物の個数、更に、作業をする人員の数などによってぜんぜん変わってしまいます。


そのことを踏まえ、かなりざっくり言うなら、単身の方の、特に荷物が多い訳ではないケースで30分程度、家族数が多く、荷物も多い場合は2時間と少し程、普通の一般家庭の荷物であれば、30分から2時間くらいの間で済むと思っていて良いでしょう。


引っ越しを契機としてNHKを見なくなるという事情があり、受信契約を打ち切ろうとすると、NHKを受信していないことを証明する手続きなど思いの外大変なことになります。


また、受信料を口座引き落としにしていると、手間暇かけた解約手続きの間にもNHK受信の有無にかかわらず引き落としが行われます。


時間には余裕を持って解約に着手するしかありません。


12:18
2019年05月18日(土)
【もう長い間、犬とともに生活しています】
もう長い間、犬とともに生活していますから、転居の時にはペットを飼っても良い、というマンションを探し回ります。


単にペットが飼えるマンションというだけでなく、ドッグランや犬用の水飲み場といったようなペット用の設備が整っているマンションが望ましいと考えています。


普通のマンションより家賃は高めでもそれでも犬と一緒にいられるなら、文句はありません。


天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、特に雨の日などは、荷物の防水など、やることが増えます。


業者に荷造りを全部任せているのなら、業者の不備で荷物が濡れるなどの心配はないものの、雨で渋滞などが起こりやすくなり到着が大幅に遅れるなどの影響は出るでしょう。


荷造りを全て自分で行なうのであれば、特に荷物の防水には気を使いましょう。


雨が急に降り出すことも多いですし備えておくと良いでしょう。


思った以上に、数々の事務手続きの多さに驚くのが、引っ越しというものです。


中でも大事なものは免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。


運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが便利な本人証明書という側面も大きいこともあって、ただちに手続きをすませてしまう人は多いです。


しかし、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。


これも免許証同様、最寄りの警察署で登録し直せますので、免許証と一緒に手続きをしておけば何度も足を運ばずに済みますよ。


引っ越しの準備はいろいろありますが、まず必要になるのが役所に転出届を出すことです。


この転出届、現在住んでいる市区町村で役所に出向き、窓口で手続きできますが、郵送でも手続きできます。


また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を出すことによって、代理人の提出も可能になります。


この手続きは、転居する2週間前くらいからできる市区町村が多いようです。


大きめの家電などを、引っ越し作業中に運んだりしているのを見かけると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。


階段から落下させて壊した、などということになると大変ですから、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。


引っ越し作業は、私は大体いつもスタッフと共に作業することにしています。


でも、それもあってか、目の前で荷物を荒く扱われた、という経験はないです。


万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し業者から補償を受けられるので、何もかも自分でやろうとがんばるのではなく業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。


12:18
2019年05月17日(金)
【私が社会に出て間もない頃、仲の良い友達と共】
私が社会に出て間もない頃、仲の良い友達と共同生活していました。


アパートだと、ペットを飼えないところが多く一緒に住む友達は猫を連れていたので猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。


不動産屋さんにも何度も問い合わせてやっと条件に合う物件を見つけました。


引っ越しも早々にできて私も、友達も、猫も満足できました。


先日引っ越したのは良いのですが、準備で疲れてしまったのは確かです。


マンションから転居したので、大きい荷物は業者任せにしました。


しかし、近所への引っ越しだったので業者さんに頼まなかったものは何日も前から時間をとって、台車を借りて荷物を載せ、なんとか移動できました。


本当に、台車にはお世話になりました。


引っ越し会社の用意するプランは色々あります。


梱包から運搬、開梱まで全てを業者に任せることもできますが、これを選ぶと、楽で良いのですが、人手も手間も要るので高くつきます。


運ぶ荷物があまりない、単身の引っ越しは、お一人用のサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。


それだけでもう、引っ越しに必要な支出を大きく減らすことができますから、浮いた分を新生活のために残しておくと良いでしょう。


部屋を引っ越して出て行く際、扱いに困るのがエアコンです。


ただし、引っ越しで退去する家が賃貸住宅でしたら、物件を管理をする立場の人にエアコンは今のまま設置して、置いて行きたい、それが可能か知りたいと聞いてみるべきです。


次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、あっさり希望が通ることがあるのです。


こんな風にエアコンを置いていけると撤去にかかる費用が丸々不要になりますから、それなりの節約につながります。


子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたが近郊にマンションを購入しまして、転居を決定しました。


引っ越し当日に起こったことですが、作業の最中、ずっしり大きいテーブルがあって、分解可能な筈でしたが、思ったようにいかないので、分解はやめて、形のまま運んでもらいました。


すると、大した値段ではなかったのですが、不本意な追加料金を払うことになってしまいました。


見積もりをもらった時にでもどんな時に追加料金を払うことになるのかを、確認しておくべきでした。


12:00
2019年05月16日(木)
【居住地を変えることにより、書面やウェブ上】
居住地を変えることにより、書面やウェブ上で届け出ますが、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。


固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。


NTTに住所変更の申し込みをして引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを知っておくことが大事です。


ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。


もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら引っ越ししても電話番号は変わらないことになります。


新しい家に引っ越しが済んで、新住所での生活をスタートさせるならもちろん、運転免許証の住所の記載についても変更の手続きを行なう必要が出てきます。


「免許証は所持しているだけで殆ど車は運転しない」という理由で、この次の更新時まで現状維持で押し通す気でいる人も、少なからずおられるようです。


ですが、普通の人が運転免許証を使用する機会は、割と多いのです。


例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は使いやすい本人確認書類として重宝します。


銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。


因みに、住所変更で免許証が再発行されるわけではなく、裏面に新住所が新たに記載される形です。


時間もそうかかりませんし、早めに済ませておいた方が面倒がなさそうです。


業者に支払う引っ越し費用は、同じ内容の引っ越しを依頼したとしても引っ越す時期によって決まります。


特に、年度末や夏、冬の休みでは繁忙期となり、あちこちからの依頼が増えるため基本料金からして高くなるようです。


その点では、可能ならば繁忙期を外して引っ越しできればいろいろな意味でお得になってきます。


業者によっては、時期によって倍近く費用が違うところもあります。


引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。


例えば、大学入学や就職、転勤といった環境の変化が主な理由として挙げられます。


引っ越しは面倒でウンザリするという話を耳にすることもありますが、各種の手続きが煩雑であるということが主な要因となっているようです。


水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、元の住まいからこれからの住まいの両方の地域で必要な手続きが多いので、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。


引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、1日、2日前になって急にキャンセルしてしまうと、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。


業者は見積もり作成時、引っ越し業者はキャンセル料の発生条件などについて説明する義務を負います。


けれども、書面だけでの説明となると書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、予約を入れたらそのタイミングで、キャンセル料について詳しく質問しておく方が良いかもしれません。


11:30
2019年05月15日(水)
【一人暮らしの方が引っ越すなら、一般向け引っ越しパック】
一人暮らしの方が引っ越すなら、一般向け引っ越しパックではなく単身者専用のサービスを探してみると費用の軽減ができます。


こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く大して荷物が入れられないと決めつけられそうですが、結構多くの荷物が収まるものです。


コンテナに荷物が入りきれないならば、宅配便など、他のサービスを使ってみてください。


アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。


管理会社から物件の担当者が部屋に来て、最後の時点の、室内点検があります。


無事にこれが済みましたらやっと退去です。


場合により、多少の違いはあるにしても、公共料金の精算は全て済ませておくのが常識ですし、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。


引っ越し代を安く済ませたい方にとって、おススメの引っ越し業者は赤帽です。


中でも単身引っ越しでは評価が高い引っ越し業者です。


料金が時間制なので、ドライバーの運搬を手伝えば作業にかかる時間を抑えることが出来ると思います。


赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、単身の引っ越しの荷物であれば十分です。


どんな人でも、住むところが変われば新たな生活を送れるようにするため予想外の出費を避けられないので、なるべく引っ越しそのものは一円でも安く済ませたいというのが本音でしょう。


利用したい業者の割引サービスは、どんなときに適用されるでしょうか。


問い合わせてみても良いでしょう。


割引サービスがある場合、その条件としていわゆる引っ越しシーズンを上手く外せば割引してくれることが多いもので、閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。


どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。


引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。


引っ越しにかかる負担をいかに軽減するかですが、まずゆとりのある引っ越し計画を立て、そのうえで、計画を大まかに進めるということです。


計画通りテキパキと進めていければ理想的ではありますが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。


余裕を持った計画を立てれば、ある程度の計画のズレであっても、問題なく引っ越しの準備に取り掛かることが出来ますよね。


10:24
2019年05月14日(火)
【これから引っ越し、と決まったところで最優先しな】
これから引っ越し、と決まったところで最優先しなければいけないのは役所に転出届を出すことです。


これは、今住んでいる市区町村で手続きします。


役所に行けば手続きできますし、郵便で役所に送ることもできます。


受付時間に本人が役所に行けない場合、委任状を添えれば、代理人が提出しても問題ありません。


転居届の提出は、転居の2週間前くらいからできる自治体がほとんどです。


いよいよ明日は引っ越し、という日には、翌日のスケジュールがどうなっているか見てください。


何時の約束で引っ越し業者が来るか、何時に作業を終わらせて荷物を運び出さなければならないかという確認をします。


全ての荷物は搬出しやすい場所にまとめておきます。


業者さんだけでなく、引っ越しに関係する全ての人のため飲み物を揃えておきます。


熱中症予防のためにも、飲み物があると夏場の引っ越しでは感謝されるでしょう。


生活が変わるきっかけとして引っ越しを捉えるならば、ライフスタイルに関わる様々なことを再度見直すことになりますが、いつの間にか引き落とされているNHK受信料をどうするかも見直して良いのではないでしょうか。


まして、引っ越すときにテレビを処分するのなら受信料を払っても単なる無駄金になるわけで、口座からの引き落としなら金融機関に連絡して止めてもらい、NHKに解約手続きを申し込むことをぜひ検討してください。


引っ越し専門業者として伝統もあり、実績を知られているのは引っ越しのサカイですね。


170社以上の支店を全国展開しており、3500台以上の自社が保有する車によって多様なニーズに応えられる引っ越しを望むことができます。


サービスの向上にも努めており、どのスタッフもきちんと仕事をしているのでその意味でも、安心して依頼できます。


引っ越しで住民票を移すと、必ずしなければならない手続きの筆頭といえば、運転免許証の住所を変えることですね。


いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。


転入した先の警察署で、交通課に運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。


住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を提出して、必要事項を記入して少し待てば手続きは比較的早く終わります。


08:06
2019年05月13日(月)
【引っ越す時期によって、業者に支払う】
引っ越す時期によって、業者に支払うお金も違うのが当たり前のようです。


学校や職場が変わり、引っ越す人も増える春先は業者が見積もる値段も高めになります。


同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。


では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。


丁寧に調べていけば、ネットでも電話でも、複数の業者から無料で見積もりをとることができます。


多くの業者から見積もりを集めて、余計な費用がかからないようにしたいものです。


現在の部屋に引っ越してくる前のことですが、住まい探しは、近くにある不動産屋さんの店舗に問い合わせに行き、そこで探してもらいました。


そこで担当してくれた人がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。


近所に何軒かある他の不動産屋さんへも訪れてみるつもりだったのですが、他の違う店での物件情報も、紹介できるということを教えてもらいましたから、複数の不動産屋さんを巡ったりはせずにすんだのです。


アパートやマンションといった、賃貸物件から引っ越す場合、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。


大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、室内の状態をくまなくチェックする訳です。


退去時の立会いが終わったらようやく退去になります。


また、いろんなケースもあるようですが、水道ガス電気など、公共料金の支払いはきちんと済ませておかないといけませんし、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。


転居するのが好き、という方でなければ、人生の中でも、引っ越しというのは生活の一大転換になる出来事ですが、数々の大変な事態に陥ることもあっておかしくありません。


とりわけ、ただでさえ大変な引っ越し当日、仕事が重なってしまったときに何か一つが狂ってしまうと引っ越し自体が回らなくなる事態に陥りかねないのでくれぐれもスケジュールには余裕を確保しておきましょう。


引っ越しを契機として今後NHKは見ないという見通しがあり、受信契約を打ち切ろうとすると、NHKを受信していないことを証明する手続きなど面倒な手順を踏まなければなりません。


しかも、受信料が自動引き落としになっていればNHKとの間に解約が成立するまで全くNHKを見ていなくても受信料は払うことになるので、他の手続きよりも早めに解約へと進んでいきましょう。


07:54
2019年05月12日(日)
【アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時】
アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、立会いとよばれる、お部屋チェックがあるのです。


管理会社から物件の担当者が部屋に来て、破損などがないか細かくチェックします。


退去時の立会いが終わったらめでたく退去が叶います。


それからこれは、物件ごとに少しの違いはあるようですが、水道ガス電気など、公共料金の支払いは当然済んでいなければなりませんし、それに、スペアを含めて鍵は全部返却することになっています。


返却漏れのないようにしましょう。


いざ引っ越しをと思っても、どの業者を選んだらよいのか悩む方も多いと思います。


引っ越しを初めてする場合は、もっと困ってしまうのではないでしょうか。


私の場合ですが、引っ越しのサカイでした。


他の業者にも見積もりを出しましたが、こちらが一番安価でサービスも良かったです。


不安もあったのですが、従業員さんが親切に対応してくれたので、安心して任せられました。


これ以来サカイさんのファンで、引っ越しの時にはいつもお世話になっています。


良い引っ越しを経験しましたから、安心感が違います。


これからも、引っ越しの時にはサカイさんにお願いしたいと思っています。


少しでも引っ越しにかかる費用を節約したいなら見積もりをとった後で、引っ越しの業者を決定することを忘れないでください。


業者に来てもらい、実際に見てもらえば完璧ですが、業者に来てもらうことが困難であれば電話でおおよその荷物の量を説明すると大体いくらぐらいになるかわかります。


いくつかの業者の見積もり価格を出すと相場より若干値引きしてくれることもあるのでできればいくつかの業者から見積もりをとるようにしましょう。


今まで忘れられていたものも、引っ越しの時に整理しなくてはなりませんが、どこの世帯の引っ越しでも不要品が生じます。


処分するだけでも疲れてしまいますね。


そこで、ちょっと確認してほしいのは引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。


ものによっては、一部の業者が粗大ゴミとして有料で処分するものをリサイクルということで引き取り無料とする場合もあるため、利用できるかどうか、聞いてみて損はありません。


転居先がごく近所であれば業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。


方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけコツコツ新しい住居に運んでしまいます。


少量ずつであっても、何日もかけますからたくさんの荷物を運ぶことができます。


問題は大型家具ですが、これらは一日だけトラックをレンタルし、何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。


こうすると、引っ越し費用はかなり安くできます。


07:00
2019年05月11日(土)
【引っ越しの際には何かとお金が要るもので】
引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、引っ越し業者によって必要経費が変わります。


出来るだけコストを抑えることの出来る引っ越し業者を選びたいものです。


他より多少費用が高い業者でも、ゴミや不用品を回収してくれるサービスのオプションがついている業者もあります。


なので、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、サービスオプションの内容を確かめてから判断するのが合理的でしょう。


少しでも引っ越しにかかる費用を節約したいなら見積もりをとってから引っ越しの業者を決めましょう。


業者に来てもらえば正確な見積もりが出ますが、それはちょっとできない、という場合は電話でおおよその荷物の量を説明すると最適なプランを教えてくれます。


他社との比較をすることで相場より若干値引きしてくれることもあるので忙しくてもひと手間かけて、5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。


引っ越しの前にすることとして、全ての手続きの元になるのが転出届を市区町村役場に提出することです。


この転出届、現在住んでいる市区町村で役所に出向き、窓口で手続きできますが、郵便で役所に送ることもできます。


忙しくて、役所の受付時間に間に合わないという場合は、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。


実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことができる市区町村が多いようです。


引っ越しを一度でも経験すればすぐ気がつくことでしょうが、ガスの解約は転居前に終わらせなければなりません。


私も、世帯での引っ越し経験があります。


解約の手続きそのものは難しいものではありません。


旧居を引きあげる前に解約しておかないと、請求は自分のところに来てしまうので確実に終わらせてください。


こうしたケースでは、引っ越した後もその月の使用料は全て自分が支払うルールになっています。


現在の部屋に引っ越してくる前のことですが、住まい探しは、私は近くの不動産屋さんの店舗に出向いて、物件探しをお願いしました。


その不動産屋さんの人が色々質問しても穏やかに親切に説明をしてくれたりしたので信用し、いくつかおススメとされた物件の中から、決めてみました。


違う不動産屋さんも訪れて、部屋探しを手伝ってほしいと依頼する気でしたが、別のお店の物件情報も、こちらで紹介可能と、店の人に教えてもらったため、お店のハシゴはせずに、帰ることにしました。


07:00

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++