これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年01月17日(木)
【引っ越しに関しては、計画通り作業をすすめていくこと】
引っ越しに関しては、計画通り作業をすすめていくことも欠かせませんが、何と言っても気になるのは出費をどうやって抑えるかということでしょう。


思いもよらない出費が続いたりして、予算をあっという間にオーバーしてしまうこともあります。


見積もりを依頼する時に、安い業者を選択できるかどうかが重要ですので、見積もりを一括で依頼できる引っ越し業者の比較サイトを利用するのがおススメです。


アパートなど、賃貸の部屋から引っ越す時は、退去時の立会いという部屋のチェックが必ずあります。


大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、破損などがないか細かくチェックします。


無事にこれが済みましたらやっと退去です。


場合により、多少の違いはあるにしても、各種公共料金については、清算をきちんと済ませておかないといけませんし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。


大きな荷物の運搬を行なう際に、どうしても気を付けたいことは、傷つきやすい木製家具や衝撃で壊れやすい家電には傷をつけたり、壊したりしないようにすることでしょう。


新居の雰囲気に合わせて新品の家具などを購入したりした時は、ぜひ、クッションになる毛布などを家具に巻き付けたりして丁寧に、運搬したいものですね。


新品のきれいな家具を新居に並べられる、と思うと嬉しくなりますが、細かいキズだらけにしてしまったりすると、イヤになってしまったかもしれません。


いつ引っ越しするか決まった時点で絶対欠かせないのは転出届を提出し、受理してもらうことです。


これは、今住んでいる市区町村で手続きします。


役所に行けば手続きできますし、郵送で送ることもできます。


転居する本人が忙しく、手続きに行けない場合は、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。


転居する日の2週間前くらいから、転居届の提出が可能になっているようです。


冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくのを忘れ、当日慌てる羽目になることもあるようです。


引っ越しの前日までに、忘れず冷蔵庫内のものを出しておき、その後、スイッチを切って一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけばもう大丈夫です。


当然ながら、生ものや氷は、前日までに食べきれるようにして、新たに買うのも控えて、少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。


11:36
2019年01月16日(水)
【来月引っ越すので準備を進めていま】
来月引っ越すので準備を進めていますが、持っていく荷物にピアノを含めるか手放すのかが悩みの種です。


誰もピアノを弾くことはなく、ずっと置いておくだけでしょう。


もし手放すとしてもまた費用がかかりそうですし、どうしたら良いのかわかりません。


もらってくれる方がいれば一番良いと思いますが、引き取り手はそうそう現れません。


転居とともに絶対必要になる手続きの筆頭といえば、自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。


多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。


引っ越した先の管轄警察署に、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。


住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を出した上で、必要事項を書いて出せば手続きは完了です。


新居に移ってちゃんとした生活を始めるためには、ライフラインをまず整えておく必要がありますが、これに加えて転居当日からネットも使えるようにしておきたいものです。


現在のプロバイダ契約に、あまり満足していないという場合はこの機会に解約を考えてみましょう。


でも、今のままで問題がない、満足している、という時は、基本的な契約はそのままにしておき引き続き利用できるよう移転手続きを行いますが、ネット環境の都合で古いプロバイダとの契約を続けられないこともありますので、注意しましょう。


もし、引っ越し先にまったくネット環境がなかったりした場合は開通工事などの必要も出てきます。


転居後すぐにネットを使えるようにしたいのであれば、確認と準備を早めにしておくのがおすすめです。


同市内とか隣町くらいの近距離を引っ越しするなら業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。


やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを日数をかけて運んでいくようにします。


時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことであまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。


そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。


このレンタルトラックで運送してしまうと良いです。


なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出を大きく削減できます。


単身で引っ越しするときベッドを置くべきかどうか考えることがあります。


ワンルームに住むとすれば、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。


まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼してもドアからベッドを入れることができないなどのハプニングも起こるようです。


引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を割り切って始めてみても意外と楽かもしれませんよ。


09:00
2019年01月15日(火)
【新居に引っ越すための作業に着手しようとする際、なく】
新居に引っ越すための作業に着手しようとする際、なくてはならないアイテムと言いますと、とりあえずダンボールを外すことはできません。


新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。


用途に合わせて使い分けられるように、大小いくつか種類があると作業しやすいはずです。


荷物が多い場合はダンボールも大量に必要になりますし、心もち多めに用意しておくと、安心かもしれません。


入手先としては、スーパーなどのお店で使用済みをもらったり、ホームセンターで購入したりできるものの、利用を予定している引っ越し会社のダンボールを使うこともできます。


この方が作業効率の点から見ても良いようです。


転勤で職場が遠くなったので、とか家族が増えたり減ったりして、今の住まいでは合わないといったことがあって人は引っ越しするのではないでしょうか。


引っ越しで家財道具を整理し、使っていないものやいらない服などを一気に処分し、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。


それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、今まで使っていたものを引っ越し先で使うことがほとんどです。


自分になじんでいるものなので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。


いざ引っ越そうという時に、エアコンの取り外しや設置について、何も決定していないという悩みをお持ちではないですか。


エアコンという家電は意外と扱いが難しいものです。


取り外しや取り付けも、知識がないと失敗するおそれがありますし、では、電気屋に来てもらうべきか、引っ越し会社のスタッフに、取り外してくれるよう依頼するか、また、転居先での取り付けはどうするのか等々、わからなことだらけで悩みますね。


餅は餅屋と言いますから、エアコンの事はエアコン専門の「エアコンサポートセンター」に利用について、問い合わせてみるといいでしょう。


挨拶は引っ越しにとって欠かせません。


今でもやはり、転居元と転居先の隣近所に向けて忘れずに挨拶するのが良いでしょう。


実際に挨拶に行かなかったせいで隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。


いざという時の隣人トラブルを円満に解消するためにも、隣人たちには、出来れば挨拶をするのがおススメです。


引っ越しは段取りが一番大事です。


荷物の量に見合ったダンボールを調達して、日程を考えて梱包作業を進めます。


日々使うものは予め別にしておいて、他のものを用途や種類で大まかに分け、さくさくと梱包していきます。


何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくとより片付けしやすくなるでしょう。


いわゆるライフライン、電気やガス、水道の手続きはもれがないよう早めに進めてください。


08:36
2019年01月14日(月)
【家族の人数が多く、荷物も多いので、引っ越】
家族の人数が多く、荷物も多いので、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。


しかし、毎度ながら迷うのですが、いつどこで心付けを渡すべきなのでしょうか。


料金は料金としてちゃんと払うにしても、大変な作業を長時間続けてくれた、素晴らしいスタッフの方々に、個人的なお礼の気持ちを伝えたいのです。


おつかれさま、とペットボトル一本と作業してくれた各々に千円を気持ちとしてお渡ししています。


でもふと、心付けの相場というのは一体どれくらいだろうと、考えこんでしまうことがあります。


引っ越しは何度もしてきていますが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。


「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。


とある引っ越しの時、運んでもらった荷物の中で、いくつかの食器が割れてしまっていました。


実は自分の作品だったので、衝撃は大きかったです。


ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、クレームをつけることはしなかったです。


ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。


いよいよ引っ越し、という時に運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についても引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。


そういうことであれば時間をとる梱包作業は業者にしてもらうことを、おすすめします。


やはりプロですから作業は早くて、荷物の扱いに慣れていますし、荷物の紛失や破損などがあれば梱包作業をした業者がその責任をとり荷物の弁償をしてもらえることもあるようです。


厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は引っ越し業者からレンタル可能な専用の衣装ケースがありますので、これを使うと梱包作業が大変スムーズになるでしょう。


こういうケースがないと、普通のダンボールに一着ずつ衣類を重ねて梱包することになるのですがこうした運送専用の衣装ケースを使うことができれば衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。


新居で行なう荷ほどきも同様にダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。


個々で引っ越しのやり方は異なりますが、最近多いのは、引っ越し業者に梱包、運搬などすべてを任せるタイプのものです。


ですが、大型の家具、重い家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、業者の作業を見ておいた方が良いです。


もしも、業者の人がそういう荷物を運んでいる最中に落として壊したりしてしまった場合には、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、確かに引っ越しによってついた傷なのかを主張しないといけないからです。


何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。


08:18
2019年01月13日(日)
【転居をきっかけとして、電話回線をどう】
転居をきっかけとして、電話回線をどうするかも考え直した方が良いでしょう。


現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、電話だけでなく、ファックスなどのために電話回線が必要ならば転居後の回線利用を確保するための手続きが必要になってきます。


契約開始が引っ越しに間に合わないと、固定電話もファックスも使えない生活になりますので引っ越しの多い時季には先手を打って動き出すことをおすすめします。


私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前に今のアパートに引っ越すことになりました。


引っ越してきたときは、3年くらいで実家の近くに転職したかったので住民票は動かしませんでした。


けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で辞める気がどんどんなくなっていき、結婚の話まで出てきて、今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、今から住民票を移しても遅くはないと思うようになりました。


引っ越しを契機としておそらくNHKは見なくなるだろうと思われ、NHKに解約を申し込んでも、自宅に受信できる機械がないことを証明する手続きも要求されて、面倒な手順を踏まなければなりません。


加えて、受信料を自動引き落とし契約にしていると、解約手続きで時間をとられている間に、受信料の引き落としを止められないので、他の手続きよりも早めに解約に向けて動かなければなりません。


挨拶は引っ越しにとって欠かせません。


今でもやはり、引っ越し前と後の近所の人に忘れずに挨拶するのが今後の生活にプラスに働くと思います。


挨拶をしておかないと隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。


生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣近所の住人には、可能な限り挨拶しましょう。


一般家庭の引っ越しを扱う会社として、日通は「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、おなじみの業者の一つでしょう。


引っ越しサービスを扱ってきた業者を思い浮かべると、会社名は引越社、引越センターに決まっていたのが当然だと思っていました。


しかし、最近は運送会社がどんどん一般家庭の引っ越しに目をつけ、事業に参入しているのです。


運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など有名どころであれば、それなりのサービスを期待できます。


08:18
2019年01月12日(土)
【業者に支払う引っ越し費用は、】
業者に支払う引っ越し費用は、たとえ全く同じ引っ越しだったとしても引っ越す時期によって決まります。


特に、年度末や夏、冬の休みでは引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、全国どこでも相場が高くなります。


その点では、可能ならば閑散期に引っ越すようにするといろいろな意味でお得になってきます。


閑散期と繁忙期の差は、ほぼ倍になるケースも見られます。


夫婦二人で暮らしていた頃にマンションを購入することができ、住まいを移すことにしたのでした。


いよいよ引っ越しの日を迎え、運送作業が進みましたが、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、分解はやめて、形のまま運んでもらいました。


すると、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。


こうしたお金のことは、見積もりの出た段階にでもどんな時に追加料金を払うことになるのかを、確認しておくべきでした。


引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。


「壊されたくないものがあるなら、自分で運ぶべし」という警告です。


まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、気付いてみると、一つの箱のいくつかの食器が欠けていました。


割れたものが、自作のお皿だったりしたため、とてもショックを受けてしまいました。


ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、文句をつけたりはしませんでした。


これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。


無事転居を済ませても、電気や水道が使えなければ困りますので、色々と事前の手続きが必要です。


そしてこれらのライフラインと共に転居当日からネットも使えるようにしておきたいものです。


現在のプロバイダ契約に、あまり満足していないという場合は引っ越しを機に解約、ということで良いのですが、現状で十分と考えているなら、契約を終わらせてしまうのではなく単に住所変更手続きだけで良いのですが、以前のプロバイダが新居では使えない場合もありますので要確認です。


例えば、新居にネット環境がまったくない、回線が引かれていないような状況ですと開通工事などの必要も出てきます。


引っ越しを終わらせてすぐネットができるようにしたいのなら、早めに動いた方が良いでしょう。


様々なものが身の周りにあふれている生活を送っているとすれば、引っ越しの最大の障壁はものを整理して荷造りすることに尽きます。


ものが多すぎて整理しきれず、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったら引っ越しができないのではないかと思うかもしれませんが、いいきっかけになったと割り切って処分に専念すれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。


07:12
2019年01月11日(金)
【引っ越し貧乏という言葉があるく】
引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ越しすれば次の生活に対応するために思わぬ出費が続くことになるので、極力、荷物をまとめ、運ぶという作業自体に節約に努めたいものです。


手始めに、業者の割引サービスが適用される条件を調べてみませんか。


他のサービス業でも同じですが、引っ越しの割引も年度末などの忙しい時期を外して引っ越しすることで割引してくれることが多いもので、その時期の引っ越しができるように、スケジュール調整をしていくと良いですね。


部分的にでも引っ越しを業者に任せると、費用面はたとえ全く同じ引っ越しだったとしても時期による変動は必ずあります。


旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は引っ越しの依頼が多いので、全国どこでも相場が高くなります。


もしできるなら、繁忙期以外の閑散期に依頼できるといろいろな意味でお得になってきます。


費用の差が倍近くになる業者もあります。


どんな人の引っ越しにも、必ず関わってくる手続きに、役所への転出届と転入届があります。


転出届は転出する市区町村の役所でもらいます。


その後、転入する市区町村の役所に行き、転入の手続きをします。


当然ですが、転出届がないと、転入届の提出もできないことに要注意です。


税金や社会保険などの根拠になりますので引っ越ししたら、すぐに手続きを終わらせた方が良いです。


夫婦二人で暮らしていた頃に新築のマンションを買ったので、引っ越すことにしたのでした。


その引っ越しの日の作業中、大きなテーブルがあって、取り外し可能な脚がなかなか取り外せず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、不当な値段などではなかったと思いますが、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。


見積もりをもらった時にでもどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。


引っ越しにまつわる諸々の料金について、いくら位になるか知らないままでいるうちは、少し不安になりがちです。


でも、料金の解説サイトなどもありますし、ネットで容易に聞いたり調べたりできるはずです。


近頃では、複数の会社から一度に大体の見積額を教えてもらえるシステムもあるので、どの会社を利用するべきか目星をつけることもできない、という場合は業者の比較サイトはたくさんありますので覗いてみて、一括見積もりを申し込んでみると良いでしょう。


05:24
2019年01月10日(木)
【勤めが決まったことで、10年】
勤めが決まったことで、10年くらい前に今のアパートへの引っ越しをしました。


3年くらい働いたところで、実家の近くで仕事を見つけるつもりで、今の住まいへ住所を変更することはしませんでした。


しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、辞められる区切りがつかず、結婚の話も進んできました。


今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。


誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。


ダンボールはもちろん、ガムテープ、ひもなどの梱包材は必ず使います。


誰でも簡単に手に入りますが、専門の業者に依頼した引っ越しならば、契約するまでにこうした梱包材を無料でもらえるケースが増えています。


契約すればただで手に入るものが、単なるお金の無駄にならないように見積もり依頼の際にはどうなっているのか知っておきましょう。


引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。


この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが要因だと言えます。


多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと聞きますが、複雑な手続きを何度もしなくてはならないということが指摘できるようです。


水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、元の住まいからこれからの住まいの両方の地域で必要な手続きが多いので、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。


社会人になりたての頃、友達と二人で部屋を借りて住んでいたこともあります。


当時のアパートは、どこでもペット不可で友達は猫と一緒に暮らしていたため猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。


不動産屋さんも何軒か回ってやっと条件に合う物件を見つけました。


すぐに入居でき、二人と一匹はとても幸せでした。


引っ越しは家財道具の整理の機会でもあるわけで、当然、不要品が出てきます。


処分をどうするか考えなくてはなりません。


ここで調べる価値があるのは引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。


ものによっては、一部の業者が粗大ゴミにすれば処分にお金がかかるものを資源のリサイクルなどの名目で無料で引き取ることもあります。


すぐに業者に問い合わせてみましょう。


04:18
2019年01月09日(水)
【今から数年前に、自宅を新築してマンシ】
今から数年前に、自宅を新築してマンションから引っ越しました。


デスクトップパソコンを無事移動するために、神経をとがらせていました。


引っ越し当時、3歳の娘と1歳の息子がいました。


写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。


衝撃でデータが壊れてしまわないよう幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。


しかし、他の荷物以上に業者さんが慎重に運んでくれて、データは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。


人や家により、引っ越し作業の規模は違ってきます。


例えば全部の作業を任せるタイプの引っ越しを選ぶと当然それだけ費用がかかります。


なので、単身での引っ越しを予定しているのなら、ちゃんと単身用のサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。


それだけでもう、引っ越しに必要な支出をかなり抑えることができますし、そうやって浮かせたお金は、新しい生活のため使えるというものです。


先日の引っ越しで、見積もりを出してもらったとき、大きな疑問を感じてしまいました。


液晶テレビを移動する場合は、特別な保険が必要だと言われたのです。


わが家には40型の液晶テレビがありましたが、買ったときに30万円以上した場合、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。


業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、これで良かったのかもやもやは今でも消えません。


引っ越しをすると、どうしても要らないものが出てきます。


こういった物を適正価格で買い取ってくれる引っ越し業者が増えていて、かなりの人気があります。


大きな家具やゴルフ道具一式、ブランド品の数々や、椅子やテーブルなどまで色々と、不用品の種類は多くなりがちです。


種類がいろいろある時には、買取サービスに重点を置いている業者を選んで利用すると、査定がしっかりとしていますし、種類ごとに買取先を探す手間がかかりません。


引っ越し代を安く済ませたい方にとって、頼りになる業者が赤帽でしょう。


ご存知のように、一人暮らしなどの引っ越しには実績があります。


時間制の運賃料金もありますから、ご自身でも運搬をすることで作業の時間を短くすることが可能です。


赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、予想以上に荷物を積むことが出来ます。


04:12
2019年01月08日(火)
【実際に引っ越しするとなると、業者】
実際に引っ越しするとなると、業者選びには悩んでしまいます。


引っ越しを初めてする場合は、もっと困ってしまうのではないでしょうか。


個人的な話ですが、初めての引っ越しでは引っ越しのサカイで見積もりをとって利用しました。


他の業者にも見積もりを出しましたが、こちらが一番安価でサービスも良かったです。


対応してくれた従業員さんが優しく対応してくれたことを強く覚えています。


これ以降の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイを利用しています。


いつものところだと安心感がありますし、信頼感があるんですよね。


これからも、サカイさんのお世話になる予定です。


いざ引っ越そうという時に、家のエアコンはどうしたらいいのか決まっていない、といった問題を抱えている人は、意外と大勢いるようです。


エアコンは扱いが難しく、自分で取り外すのは難しく、そうであるなら、電気屋さんに依頼するのか、引っ越しの日に業者に頼めばいいのか、さらにまた、転居先への取付工事はいつできるのか、わからないことが多くて困ってしまいます。


エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで相談し、利用を考えてみるのも良いですね。


現在の家に一家で引っ越したとき、1歳になる子供と一緒でした。


こんな幼い子供でも何かと変わったことを感じていたようでストレスを感じることもあったようです。


引っ越したときに、子供のものについてもおもちゃや衣類など仕分けることにしました。


片付けを進めているうちに母子手帳を見つけて読み返してみました。


なんだか懐かしく思いました。


賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。


大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、部屋の隅から隅までチェックしてきます。


退去時の立会いが終わったらようやく退去になります。


ケースごとに多少違ってきますが、水道ガス電気など、公共料金の支払いは当然済んでいなければなりませんし、それに、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。


新居を建てて、数年前にそこへ引っ越したのですが、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよう神経をとがらせていました。


このとき、3歳になる娘と1歳の息子の写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので運び出すときや輸送の時に衝撃で壊れないよう、たくさんのクッション材を使って梱包しました。


パソコンが入っていることを知ると、実に慎重に業者さんが運んでくれたため中身に全く問題なく運ばれました。


外側も傷一つありませんでした。


03:18

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++