これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年11月20日(火)
【引っ越しに向けて冷蔵庫の準備の仕方がわからず、当日慌】
引っ越しに向けて冷蔵庫の準備の仕方がわからず、当日慌てる羽目になることもあるようです。


準備のためには、前日までに庫内が空になるようにし、コンセントを抜いてそのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てれば準備完了です。


そのため、冷蔵庫の中のものは全て、前日までに食べきれるようにして、常温で保管できるものを買うように配慮し、冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。


地方から就職のために都会にきて初めて一人で生活することになりました。


この時、荷物と言えるような荷物もあまりなく、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。


ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、プロの引っ越し業者に頼むよりずっとずっと安かったです。


布団のように、かさのあるものは向こうで新品を買うつもりでしたので荷物を最低限以下にできて、こんな引っ越しもできました。


今まで、何度か引っ越しの経験があります。


どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、引っ越し当日にガスを止めることが多かったと思います。


引っ越し前はどんな時季でも気力も体力も消耗するので引っ越しの前日は、どんなに遅くなっても温かいお風呂をゆっくり味わい疲労を回復させたいのです。


引っ越し当日も、作業の合間に温かいものが飲めると気持ちが休まるのです。


今の住まいについては満足していますが、ここをどうやって見つけたかというと、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。


そこで担当してくれた人がとても丁寧に対応してくれたので安心し、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。


そことは別の不動産屋さんも訪れてみるつもりだったのですが、他の違う店での物件情報も、紹介できると担当の方が仰るので、お店のハシゴはせずに、帰ることにしました。


転居に必要な手続きの一つは、引っ越し先でインターネットが使えるかどうかです。


当たり前のようにインターネットを使っていると、うっかり忘れてしまうもので、必要な手続きは全て済んでいると思い込んでいて、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、ということになりかねません。


年度替わりの時期には、移転の手続きもなかなか進まないと考えてください。


いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも早めにしておくのが鉄則です。


19:06
2018年11月19日(月)
【就職で都会に出てきて一人きりの賃貸】
就職で都会に出てきて一人きりの賃貸生活をすることになった時は、新居に運ぶ荷物が、数えるほどしかなかったので、いろいろ検討したけど結局、通常のクロネコ宅急便で引っ越しをしました。


荷物なんて、ダンボールほんの数個で、引っ越し業者の利用よりも全然安い値段で引っ越せました。


寝具や生活雑貨は後から新しく買うことにしていましたからこうした方法での引っ越しも、可能だったのでしょう。


引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)はテレビで「引っ越しは、日通」のコマーシャルを見かけるのが当たり前になってきたくらいおなじみの業者の一つでしょう。


従来は、引っ越し専門業者を探してみるとどこも引越社、引越センターなどの名前だったという先入観がありました。


あちこちの運送会社は、近頃、引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。


とりわけ、日通のように運送会社としても有名どころであれば、それなりのサービスを期待できます。


お店などで、何かをしてもらったタイミングでいくらか包む、いわゆるチップの習慣は日本にはありませんが、引っ越しの時に限っては、業者に料金以外のお金を包むという人は相当大勢いるようです。


大きな荷物の上げ下げを繰り返してくれる作業スタッフに感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、また、ペットボトルの飲み物や食べ物を渡す場合もあります。


こういったことをする必要は、本来全くないのですが、大変な、気の抜けない作業をしているスタッフからすると、心付けをもらえるのはかなり喜ばしいことのようです。


気持ち良く作業してもらえるなら、チップ的なものも充分ありですよね。


職住接近したい、世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。


引っ越しで家財道具を整理し、使っていないものや古くなった服などはどんどん手放して、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。


それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、これまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。


毎晩寝て身体になじんでいるので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。


引っ越しが完了して、無事に新しい住所での生活を始めるにあたって運転免許証に記載されている古い住所も、変更の手続きをしましょう。


運転はほとんどしないからということで、何年か後にくる次の更新時までは別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。


携帯電話の新規利用を申し込んだり、機種変更をする場合に使いやすい本人確認書類として重宝します。


他に、スポーツジムの会員になったり、銀行口座の開設時などでも使われます。


住所変更だけなら手数料もかかりませんし、なるべく早めに済ませてしまいましょう。


18:00
2018年11月18日(日)
【一般的に、引っ越しする上での挨拶はご近所トラブルを】
一般的に、引っ越しする上での挨拶はご近所トラブルを未然に防ぐという意味でも必要不可欠ですね。


贈答品にも気を遣ったほうが良いのですが、のしのマナーで悩む方も多いのではないでしょうか。


かしこまりすぎても逆に不自然ですから、外のしで表書きには御挨拶を、のし下にはご自身の苗字を記載すれば完璧ですね。


軍手こそ、引っ越し作業になくてはならないものです。


まず、荷造りの作業を思い浮かべてください。


カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、手を傷つけることも珍しくありません。


荷物を移動させるときのことを考えても、指詰めや落下物の危険と隣り合わせです。


軍手の選び方を間違えると却って危険で、自分の手のサイズに合った、滑り止め付きの軍手を買わなくてはなりません。


手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。


引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もりをとった後で、引っ越しの業者を決定することを忘れないでください。


業者に来てもらえば正確な見積もりが出ますが、来てもらう時間を取れない場合は電話でおおよその荷物の量を説明すると一番適当なプランがわかります。


他社との比較をすることで相場より若干値引きしてくれることもあるのでできればいくつかの業者から見積もりをとるようにしましょう。


引っ越しの荷造りで大変なものといえば、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。


お皿やグラス類は割れ物なので、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。


どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。


そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、業者に用意してもらった専用の箱に入れるなど、何重にも注意をして荷造りしておくと破損の心配はぐっと軽減されます。


この前の土日で、引っ越しを済ませました。


引っ越し作業が全て終わり、夕方になって部屋の明かりをつけて「もう自分の家になったんだ」とジワジワきました。


その後、思い切って奮発し、特別なごちそうとしてピザとお寿司をとって、好きなワインも買って祝杯を挙げました。


新居での生活も楽しみいっぱいです。


18:00
2018年11月17日(土)
【先週末に引っ越しました。荷物を】
先週末に引っ越しました。


荷物を搬入して新居に入り、入り口の電気をつけたときに「もう自分の家になったんだ」とジワジワきました。


その日の夜は気も大きくなっていて、普段は食べられないようなピザとお寿司をとって、好きなワインも買って引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。


まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。


引っ越し業者を使わずに、やれるところまで自分で作業をする、というのであればまずは荷物を少なくすることを考えます。


そんなに荷物を載せられない、一般乗用車で荷物を運ぶのですから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで梱包すること、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、こんな風にして、包み紙の使用を防いで、その結果、荷物の嵩が減ってついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。


こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。


国民年金の人が引っ越しすることになっているなら、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する必要があります。


引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場でなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。


ちなみに、国民年金手帳と印鑑は必携です。


本人が行けないということであれば、記入漏れのない委任状が出せれば親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。


転居先に出かけたり家電を処分したりすることも含め、引っ越しにまつわる出費は多くの場合、想定以上に高くつくことになるようです。


なので、業者の選択は費用面から見てもよく考えて検討した方が良いでしょう。


と言いますのも、同距離で荷物が同じ量の場合でも各業者ごとに金額の違いが出てきます。


無駄な費用をかけたくない、という人にご紹介したいのが、引越料金の一括見積もりができるサービスサイトです。


使い方ですが、サイトの入力フォームに必要事項を書いて申し込むだけです。


そうしたら各社がそれぞれの見積もりを提示してくれますので、金額を簡単に比較検討できて多忙な人にもおすすめできます。


世帯の大小に関わりなくダンボールは引っ越しに欠かせないものであり、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、有料のところもあるので、必ず確認してください。


スーパーやディスカウントストアにきいてみれば、ダンボールは無料で手に入ります。


ただし、サイズはばらばらです。


移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、サイズが一定していない場合は積み重ねるとき配慮が必要です。


17:30
2018年11月16日(金)
【私たちが今の住まいに引っ越してきた当時、1歳児を】
私たちが今の住まいに引っ越してきた当時、1歳児を抱えていました。


話すことはできなくても新しい環境に慣れるまでの間、ちょっと戸惑っているのがわかりました。


いつの間にか増えていた子供のものも、おもちゃや衣類など仕分けることにしました。


いろいろ片付けていて母子手帳があったので、今まで書いたところを改めて読みました。


ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。


どれ程の金額が、引っ越しの際にかかることになるのか、という点は知らないままでいるうちは、少し不安になりがちです。


でも、インターネットを利用することですみやかに調べ出すことが可能です。


同時に多数の業者から簡単な見積もりを知らせてもらえるサービスなどもあり、正直、どこを選べば費用が抑えられるか等をなかなか決められないでいるなら一括で見積もりのとれる便利な比較サイトを利用してみるのも良いかもしれません。


専門業者を使うことなく、やれるところまで自分で作業をする、というのであればとにかく、効率よくコンパクトな梱包を目指します。


普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、できるだけ効率よく積載していくため、大きすぎないダンボールを使い梱包すること、食器やコップなど壊れやすいものは、衣類でくるみ、梱包をしてしまう、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎ壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。


万事このように、荷物を減らす努力をしましょう。


よく言われることなのですが、引っ越し費用のうちで、高くなりがちなのがエアコンの設置や取り外しの工事代だと言われています。


エアコンの設置や取り外しは、専門知識のない人にとっては大変難しいので、必ず専門業者を呼びます。


なので、費用を見てみると、一台を取り付けるのに軽く一万円ほどはかかるようです。


ですが、もしエアコンの取り外しと取り付けが、引っ越しプランのオプションとしてついているならそんなに高額になることはなさそうです。


しかし、エアコンの設置について何も考えていなかった場合は、専門の業者に取り付け工事をしてもらうか、それとも、新品を買ってその店に取り付けを頼み、古いエアコンも引き取ってもらうようにするか等々費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。


引っ越しが最も多い季節といったら、やはり春や秋でしょう。


この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが要因でしょう。


一般的に、引っ越しは時間と手間がかかると耳にしますが、詳細を聞いてみると、手続きがややこしいという点が大きな理由のようですね。


具体的には、水道・電気・ガス・市役所での諸々の書類など、元の土地でも引っ越し先の土地でも行わなければならない手続きが重なっていますから、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。


17:12
2018年11月15日(木)
【転勤で職場が遠くなったので、と】
転勤で職場が遠くなったので、とか家族が増えたり減ったりした、などの理由で住環境を変えることになるのでしょう。


この際だからと、不要なものや長いこと着ていない服などは手放し、大半の世帯では身軽になって引っ越そうとするでしょう。


それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。


毎日使うものであり、自分になじむものなのでなかなか手放せないものかもしれません。


何から手をつけて良いのかわからなくなってしまうのが、引っ越しのときの手続きです。


まず、役所への手続きがあります。


その手始めは転出届と転入届です。


先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。


そして転入先の市区町村の役所に届け出て転入届を出さなくてはなりません。


言うまでもなく、転出届とセットでないと転入先での手続きができないことにも気をつけた方が良いです。


忘れると大変なことになってしまうので手続きは速やかに終わらせるのが賢明です。


いざ引っ越しをと思っても、どの業者を選んだらよいのか悩む方も多いと思います。


これまで引っ越しの経験が無い場合は、色々な不安も感じると思います。


私が初めての引っ越しを経験した時は引っ越しのサカイで見積もりをとって利用しました。


色々と比較してみたのですが、サカイさんが最も料金が安かったです。


従業員さんも親切に対応してくれたので、安心して任せられました。


これ以降の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイを利用しています。


やはり信頼できると思います。


これからも、引っ越しの時にはサカイさんにお願いしたいと思っています。


プロの業者から何らかのサービスを受けた時にすっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人は多いです。


引っ越しという大仕事を、無事に済ませてくれたスタッフさん達に感謝をこめていくらか手渡したり、さらに飲み物や軽い食べ物、お菓子などを準備する人もいます。


言うまでもなく、こうしたことをする必要は全くありませんが、そういった差し入れ等は、作業スタッフにとって正直なところありがたい、と思うそうです。


個々で引っ越しのやり方は異なりますが、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。


しかしそうであっても、大型の家具、重い家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、業者の作業を見ておいた方が良いです。


作業しているスタッフがもし、大型の荷物を運んでいる時に誤って傷をつけるなどの損害が発生した場合、引っ越しにまつわる約款によって、業者が補償を行ないますが、確かに引っ越しによってついた傷なのかを確認しておかないと、すみやかな補償が難しくなるかもしれません。


16:48
2018年11月14日(水)
【少し調べてみるとわかるのですが、引っ越しにかかるお金】
少し調べてみるとわかるのですが、引っ越しにかかるお金というのは思わぬ出費もあったりして、意外とかかることが多いようです。


あまり無駄な費用をかけたくないのであれば、業者の選択についても少し慎重になった方が良いかもしれません。


引っ越し料金については、距離や荷物の量が変わらない時も会社によって、金額は違います。


複数の業者の料金を知って、引っ越しの費用をできるだけ抑えたいという人には、一括見積サイトが断然おすすめです。


幾つもあるサイトの一つを訪れ、必要な項目を書き込んで一括見積もりを依頼します。


そうすると一度に複数の業者から見積もりを取れますから、忙しい時でも手間がかからないので、大変便利です。


業者に依頼する引っ越しでは、流れとしては誰が、どこへいつ引っ越すかが決まった後に、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、その結果を十分検討した上で、はじめて今後の作業を依頼することになります。


どこまで荷造りを依頼するかは主に費用面の問題になりますが自分で荷造りする契約であれば業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。


引っ越しの本番では、流れはすべて業者に任せて大丈夫です。


エアコンをどうするか、というのは引っ越し時によく問題になるようです。


けれど、賃貸住宅から退去するのなら、大家さんや管理人といった立場の人にエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか問い合わせてみましょう。


その家に次回住む人が、エアコンをすぐ使えるため、あまりに古い型だったりしなければ、要望が通ることも有り得るのです。


こんな風にエアコンを置いていけると取り外しの工事費がかからなくなり、幾分か費用の節約ができるでしょう。


専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によってかなり異なってきます。


学校や職場が変わり、引っ越す人も増える春先は業者に支払う費用は高くなります。


週末や祝日も、同様に高くなります。


いくら割高でも、引っ越しする日は変えられないことが多いものです。


丁寧に調べていけば、ネットでも電話でも、無料サービスとして、見積もりを出してもらうことも簡単に行えます。


相場はどのくらいかしっかり調べ、一円でも費用を安くしていきましょう。


この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、購入の契約を結ぶ時に実印と印鑑証明がいることを恥ずかしながら、知らなかったのです。


以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、この状態、つまり別の市から転居してくる場合ですと、新居のある市の役所などに行って登録をやり直しておく必要があるわけです。


それを知って、急いで登録に行きましたが大変慌ただしい思いをしました。


16:18
2018年11月13日(火)
【一人の引っ越しでは、ベッドか布団かは悩むところで】
一人の引っ越しでは、ベッドか布団かは悩むところです。


特にワンルームに引っ越す場合はベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。


また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でもドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまうハプニングも起こるようです。


そういうことを心配するより、とりあえず布団の生活を割り切って始めてみても部屋をより広く使えるようになりますよ。


引っ越し業者の選択は難しいものです。


これまで引っ越ししたことが無いならば、色々な不安もついてまわるでしょう。


初めての引っ越しの時、私の場合は引っ越しのサカイでした。


他の業者にも見積もりを出しましたが、こちらが一番安価でサービスも良かったです。


引っ越しの時に対応してくれた従業員の方が、優しく対応してくれたことを強く覚えています。


今でも引っ越しする時はサカイさんに頼んでいます。


違う業者も考えないわけではないですが、やはり慣れている所だと安心感と信頼感があります。


今後も引っ越しのサカイを使うことは変わらないと思います。


引っ越しの前日までに、短時間で良いので当日のスケジュール調整をしましょう。


何時に業者が来る予定か、予定の作業終了時刻はいつかといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。


全ての荷物は搬出しやすい場所にまとめておきます。


引っ越し業者さんの他、当日手伝ってくれる人へのお礼として冷たい飲み物の準備をしておきましょう。


熱中症予防のためにも、飲み物があると特に暑いときなら、みんなが嬉しくなるでしょう。


厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は引っ越し会社から借りることができる衣装ケースが存在しますから、これを用いると梱包作業が大変スムーズになるでしょう。


ダンボールを使って荷造りをしていくとなると一枚一枚、衣類を畳んで収納していくことになりますがこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用するとハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。


新居に到着したら、開梱して直接クローゼットに収納していくような形になります。


家族が多く、荷物も大変な量になりますから、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。


しかし、いつも迷うのが、心付けをどんなタイミングで渡すべきか、です。


お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、大変なお仕事を終わらせてくれた、働き者の皆さんに、自然に感謝の気持ちが湧きあがってきます。


飲み物一人あたりペットボトル一本ずつと現金で千円程度を気持ちとしてお渡ししています。


でもふと、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。


16:12
2018年11月12日(月)
【少し早いうちから始めるべき、引っ越し準】
少し早いうちから始めるべき、引っ越し準備になりますが持って行く物と持って行かない物の選択をしていくと、不要になった家具など、粗大ゴミが出てきます。


転居に伴う粗大ゴミは普段のように、ゴミ収集日に出すことはできなくて、自治体のHPをみるか電話にて、処分方法を確認して指示通りに処分することになります。


粗大ゴミが、引っ越し日近くになってもまだ家に残っている、という事態はできれば避けたいですから、余裕を持って処分しておきます。


新しい住まいに引っ越すにあたり、ライフラインなどの手続きとともに、もう一つ転居当日からネットも使えるようにしておきたいものです。


現在のプロバイダ契約に、あまり満足していないという場合は契約を切るいい機会になりますが、満足している場合には、今までの契約は維持し住所変更などの手続きを行ないます。


転居先で今までのプロバイダが利用できないこともあるため、確認は必要です。


ただし、引越し先のネット環境によっては工事などをすることになります。


転居後すぐにネットを使えるようにしたいのであれば、確認と準備を早めにしておくのがおすすめです。


数年前になりますが、新居が完成して引越しした際、デスクトップパソコンを無事移動するために、気を遣っていました。


引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。


搬出や搬入の時に衝撃が加わらないように使いすぎかと思うくらいクッション材を使いました。


パソコンが入っていることを知ると、実に慎重に業者さんが運んでくれたため傷もつかず、データも全て無事でした。


これから引っ越し、と決まったところで誰でも必須なのが役所に転出届を出すことです。


複雑な手続きではなく、現住の市区町村で役所に出向き、窓口で手続きできますが、郵便で役所に送ることもできます。


受付時間に本人が役所に行けない場合、委任状を持参した代理人が提出することもできます。


実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことができる自治体がほとんどです。


引っ越しの荷造りで大変なものといえば、食器は数も多く、とても面倒です。


必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、包み方や詰め方も細心の注意を払わないと開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。


繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。


そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、業者によっては専用の箱を用意しているので、それに詰めるというように、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすればどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。


15:42
2018年11月11日(日)
【衣類、特に厚手のコート類などを引っ】
衣類、特に厚手のコート類などを引っ越しの荷物として運ぶ時に業者からレンタルできる引っ越し専用の衣装ケースを利用することにより梱包作業が大変スムーズになるでしょう。


通常のダンボールを利用すると一枚一枚、衣類を畳んで収納していくことになりますが引っ越し用の衣装ケースを利用できるとハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。


新居で行なう荷ほどきも同様にハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことができて便利です。


家移りも本格的になると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。


朝から晩までの作業になることは必然ですから、当日でなくてもできることは済ませておけば安心できます。


引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことを確実に終わらせなければなりませんし、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、運び出す荷物とは分けてすぐ使えるようにしておくと楽です。


賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。


管理会社から物件の担当者が部屋に来て、部屋のチェックを隅々まで行います。


これを終わらせたら、ようやく退去になります。


全てに当てはまるわけではありませんが、各種公共料金については、清算を当然済んでいなければなりませんし、それに、鍵は、作ったスペアも入れて全て返却しないといけません。


引っ越しの準備はいろいろありますが、まず必要になるのが転出届を市区町村役場に提出することです。


この転出届、現在住んでいる市区町村で役所窓口で手続きするのが一番簡単ですが、郵送で送ることもできます。


それから、窓口が開いている時間に役所に行って手続きできなければ、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。


転居届の提出は、転居の2週間前くらいからできるようですので、確認してください。


引っ越して住所が変更となったら、早めに国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行ないます。


資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、新しい住所の役所で、加入手続きについては行うことになります。


手続きに必要なものは、印鑑とそれから本人確認書類を何か用意して手続きを終わらせてしまいましょう。


同市、同町内での引っ越しである場合でも、転居届は、提出することになっていますので、気を付けましょう。


15:18

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++