これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年12月05日(土)
【自分の周囲に大変な数のものがある生活を日々】
自分の周囲に大変な数のものがある生活を日々送っている方にとって、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのは全て荷造りできるのかということです。


ものの多さの余り、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうと引っ越し自体を投げ出したい気分になりがちですが、これを一つの契機として捨てることを楽しめれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。


さあ、引っ越しの作業に取りかかろうという時には、軍手を用意しておきましょう。


たとえば、荷造りをしているときです。


使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、ケガの可能性が高くなります。


荷物移動の際には、言うまでもなく荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。


ここで注意してほしいのは、手指のサイズに合っていることと、滑り止めがついていることを意識して軍手でなくてはなりません。


手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。


引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、大型家具、家電などにはなるべく傷がつかないような工夫をしたいところです。


せっかくの新居ということで購入した家具であったりする場合は、場合によっては市販の緩衝材を使うなどして丁寧に、運搬したいものですね。


新品のきれいな家具を新居に並べられる、と思うと嬉しくなりますが、運ぶ間に傷だらけになってしまったら、誰だってガッカリしてしまうでしょう。


引っ越しによって住環境が変わると、次の生活に対応するために何かとお金が出ていくので引っ越し作業を業者に依頼するとしても節約に努めたいものです。


まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。


多くの業者に割引サービスがありますが、それは普通引っ越しが少ないとされる時期に引っ越しすることで基本料金から安くしてくれることが多いため割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。


この間、引っ越しまして、聞いていたとおり、本番を迎えるまでが大変でした。


マンションの高い階に住んでいたため引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。


しかし、近所への引っ越しだったので大きな荷物以外は今日はこれとノルマを決め、何回にも分けて台車に載せなんとか移動できました。


案外、台車は便利ですよ。


06:18
2020年12月04日(金)
【全て自分で行うのではなく、業者に依】
全て自分で行うのではなく、業者に依頼する引っ越しであれば、引っ越しの日程など大まかな枠組みが見えてきたら、費用などの見積もりを業者に依頼し、こちらが納得いく結果を得られたところで業者に引っ越しの正式な依頼を行います。


業者に荷造りを丸投げせず、荷造りを自前ですすめる場合は、業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。


引っ越しの本番では、流れはすべて業者に任せて大丈夫です。


個々で引っ越しのやり方は異なりますが、最近多いのは、引っ越し業者に梱包、運搬などすべてを任せるタイプのものです。


ですが、大型の家具や、重い家電が運ばれる際には、近くでその作業を見守っていた方が良いでしょう。


もし仮に、引っ越し業者のスタッフがそういう荷物を運んでいる最中に傷をつけるなどの損害が発生した場合、引っ越しにまつわる約款によって、業者が補償を行ないますが、確実にその傷が引っ越しによるものなのかどうか自分でわかっておく必要があります。


転居時にエアコンをどうしたら良いか、悩む人は多いようです。


けれど、賃貸住宅から退去するのなら、物件を管理する人を探して引っ越しの時、エアコンは取り付けたまま置いて行ってもいいかどうかを聞いてみるのが良いです。


その家に次回住む人が、エアコンをすぐ使えるため、現状のままでも良い、という話に進むこともしばしばあります。


こんな風にエアコンを置いていけるとエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、それなりの節約につながります。


引っ越しで、一人暮らしの場合、新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。


特にワンルームに引っ越す場合は広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。


まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼してもドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう話も耳にします。


そういうことを心配するより、とりあえず布団の生活を決断するのも結構適応できるのではないでしょうか。


近年においては、一般的な話ではなくなってきてしまいましたが、引っ越しソバという言葉もありまして、引っ越しをするとソバを食べるという習慣が、一昔前からありました。


どういった由来があるのかというと、ソバの形からぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですという意味をこめたものと、それから、この度、お側(ソバ)に越してきた者ですなどとダシャレも込めつつ引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。


06:18
2020年12月03日(木)
【まだ子供が生まれる前のことですが完成したばか】
まだ子供が生まれる前のことですが完成したばかりのマンションを購入できまして、転居を決定しました。


いよいよ引っ越しの日を迎え、運送作業が進みましたが、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、結局、そのまま運んでもらいましたら、不当な値段などではなかったと思いますが、少々腑に落ちない追加料金を支払いました。


見積もりをもらった時にでもどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。


業者にあらかじめ予約を入れて、引っ越し作業を依頼していると、1日、2日前になって急にキャンセルしてしまうと、業者からキャンセル料金を支払うよう求められるケースがあります。


業者は、実は見積もりを出す時に、引っ越し業者はキャンセル料の発生条件などについて客に説明をする義務があります。


ところが、口頭でなく書面で示されると書類をしっかり読まないと気付けませんから、引っ越し作業の予約をする前に、念のためキャンセル料についての詳細を確認しておくと良いでしょう。


転居とともに絶対必要になる手続きが結構ありますが、その一つが運転免許証の住所変更届です。


多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。


転入した地域を管轄する警察署に、運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。


住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を窓口に出し、必要事項を書いて出せば記載事項の変更ができます。


転居するのが好き、という方でなければ、引っ越しが人の一生の中でも大事なイベントの一つかもしれませんが、思いもよらないトラブルに巻き込まれることも予想しておく必要があります。


どんなケースでも引っ越し当日は大変ですが、多くのことを同時にこなそうとし、どこかでトラブルが発生すると、引っ越し全体に関わる問題になってしまうのでくれぐれもスケジュールには余裕を確保しておきましょう。


少し早いうちから始めるべき、引っ越し準備になりますが新居へ運ぶ荷物の仕分けをしてみたら、要らなくなった家具や家電といった、粗大ゴミがうまれます。


家具など、引っ越しで出る粗大ゴミについては普通にゴミ収集日に出すことはできませんので、自治体に処分方法を聞いて処分します。


自治体によりますが、処分場に持ち込んだりもできるようです。


引っ越し日が近づいてきてからゴミの処理を始めると、かなり慌ただしいですから、段取りよく処分していきましょう。


05:24
2020年12月02日(水)
【これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、】
これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?荷造りでは手が汚れるだけでなく、やり慣れない作業でカッター類を多用しますから、手のケガはよく見られます。


荷物移動の際には、言うまでもなく指詰めの危険性を覚悟しなければなりません。


ここで注意してほしいのは、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手でないと役に立ちません。


それなら作業もしやすいですし、荷物も効率よく安全に運べますね。


地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。


理由は進学や就職と様々ですが、荷作りにはいつも時間がかかります。


単身者が引っ越す場合、私の経験では値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば頑丈な荷物になります。


スーパーなどのダンボールやクラフトテープに比べても運んだときに差が出ます。


問題なく荷物を移動させるために必要になるので、必ず使うようにしてください。


引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。


けれど、賃貸住宅から退去するのなら、物件を管理をする立場の人にエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか聞いてみるのが良いです。


次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。


エアコンをこうして残していける場合はその分、工事費用がかからなくなり、幾分か費用の節約ができるでしょう。


先日、無事引っ越しを終えました。


準備で疲れてしまったのは確かです。


それまで住んでいたのはマンションだったので、引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。


引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、自分で運べそうなものを残しておいて何日もかけて借りた台車に少しずつ積み、移動するという流れでした。


本当に、台車にはお世話になりました。


家移りを経験した方なら誰でも思い当たることでしょうが、旧居のガスを解約しなくてはなりません。


私も何度か引っ越しを経験してきましたが、解約自体が大変ということはありません。


しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後のガス代も請求される羽目になりますのでもれがないようにしましょう。


その場合は、転居していても月末まで自分が支払うルールになっています。


03:36
2020年12月01日(火)
【引っ越しの際、コートやフォーマルな】
引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によって梱包作業が大変スムーズになるでしょう。


衣装ケースではなくダンボールを使用した場合はたたんで詰めていくので手間がかかりますがこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用するとハンガーにかけた状態のまま、収納ケースの中に吊っていくことができるようになっています。


新居で行なう荷ほどきも同様にダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。


就職で都会に出てきて初めて一人で生活することになりました。


この時、部屋に持ってくる荷物が少なくて、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。


全部でダンボール数個分の荷物があるだけでしたから、プロの引っ越し業者に頼むよりかなり安くついたはずです。


布団とか、ちょっとした家具とかはもう買って済まそうとしていました。


ですから荷物を最低限以下にできて、こんな引っ越しもできました。


荷作りも終わり、明日が引っ越し当日となれば、忘れず翌日のスケジュールがどうなっているか見てください。


引っ越し業者の人が来るのは何時か、作業終了の目標は何時かなどを確認しておきましょう。


搬出しやすいよう、荷物を動かしておき、業者さんをはじめ、手伝ってくれる人に冷たい飲み物が飲めるようにしておきましょう。


熱中症予防のためにも、飲み物があると暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。


どんな世帯の引っ越しにも、欠かせないものがあります。


ダンボールはもちろん、ガムテープ、ひもなどの梱包材は必ず使います。


簡単に入手できるものばかりですが、業者を通した引っ越しならば、契約成立までに契約特典扱いで、このような消耗品を提供するサービスもあります。


契約の時にたくさんもらえたのに先に買ったものが無駄になったと泣かないように業者に見積もりを頼む時にはしっかり調べておきたいものです。


先週の土日を使って、引っ越しを終えました。


新居に入った日、玄関の明かりをつけたとき、「ここに住むんだ」とジワジワきました。


そんなこともあって、その日の夕食は普段ならぜいたく品のピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで引っ越しが無事終わったお祝いをしました。


まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。


03:18
2020年11月30日(月)
【引っ越し貧乏という言葉があるくらい】
引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ越しすれば生活の様々な点で変化が起こり何かとお金が出ていくので極力、荷物をまとめ、運ぶという作業自体に一円でも安く済ませたいというのが本音でしょう。


まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。


他のサービス業でも同じですが、引っ越しの割引も普通引っ越しが少ないとされる時期に引っ越しすることで割引してくれることが多いもので、その時期の引っ越しができるように、スケジュール調整をしていくと良いですね。


これから引っ越し、という人にとって必要なものと言えば、まずはダンボールです。


荷造りではとにかく大活躍します。


軽い物は大きい箱に、重い物は小さい箱に、などと使い分けができると便利ですので、大小の種類がいくつかあった方が使い勝手が良いでしょう。


相当多く使うことになるはずですので、想定より多めの個数を準備するのが良いようです。


無料で入手したいなら、スーパーなどお店でもらえますし、新品をホームセンターなどで買うこともできます。


ですが、引っ越し業者の方でも、荷物運搬用のダンボールは用意していますから、これを使用するのが作業効率の点から見ても良いようです。


何かとお金がかかるのが引っ越しですが、どの引っ越し業者に頼むかによって、費用が違ってくるのをご存知ですか?ですから、出来るだけお得な引っ越し業者を選択したいですね。


費用が少し高いとしても、引っ越しの時の不用品を回収してくれるサービスをしてくれる業者もあるようですので、引っ越しを考えた時には、いくつかの引っ越し業者の見積もりとサービス内容と照らし合わせて比較してみるのがおススメです。


冷蔵庫のような、大きくて重量のある家電を運んでいるのを見ていると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。


段差に引っかけて落下させてしまい、壊れてしまったという事態になったら困りますので、作業スタッフの面々が、荷物を丁寧に運んでくれる会社を信用しています。


私自身は、仕事の都合で何度も引っ越ししていますが、大体いつも業者と一緒に作業をしており、それもあってか、目の前で荷物を荒く扱われた、という経験はないです。


でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、引っ越しは自分で運んだりするよりもプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。


冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくのを忘れ、思わぬ騒ぎになったという話もあります。


前日までに、冷蔵庫については入っているものを出し、コンセントを抜き、水滴貯めパレットにじわじわと貯まった水を捨てておくともう大丈夫です。


そのため、冷蔵庫の中のものは全て、前日までに計画的に消費し、常温で保管できるものを買うように配慮し、冷蔵庫にものを入れなくても生活できるようにしましょう。


01:06
2020年11月29日(日)
【引っ越しには慣れていると思います。そのたびにガスを止】
引っ越しには慣れていると思います。


そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、引っ越し当日にガスを止めることが多かったと思います。


何度引っ越ししていても、引っ越しの前には体力の消耗もかなりのものですから、引っ越しの前日は、どんなに遅くなっても最後のお風呂に入り、翌日に備えたいためです。


そして、当日も、ガスを止めるまで温かいものが飲めれば一息つけるからです。


これまでの人生の中で、引っ越しが多くない方にとっては往々にして、引っ越しは一生でも一つのターニングポイントになるかもしれませんが、それにまつわる想定外の事態も十分考えられるのです。


とりわけ、ただでさえ大変な引っ越し当日、いろいろな仕事が集中したときに予期せぬトラブルが起きてしまうと、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。


予定を先取りするくらいのつもりで、準備を進めておくべきです。


先日、土日を使って引っ越しました。


荷物を搬入して新居に入り、夕方になって部屋の明かりをつけて「ここに住むんだ」とジワジワきました。


こんなこともめったにないのでいつもならとても手が出ないピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで引っ越しのお祝いをしました。


新しい生活にわくわくしています。


新居を建てて、数年前に引っ越ししたときに、デスクトップパソコンを無事移動するために、神経をとがらせていました。


このとき、3歳になる娘と1歳の息子の写真データが全部パソコンのドライブ内にあったのです。


搬出や搬入の時に衝撃が加わらないようにクッション材はたっぷり使いました。


しかし、他の荷物以上に業者さんが慎重に運んでくれて、傷もつかず、データも全て無事でした。


自営業の人に加入者の多い、国民年金加入者が引っ越しをすると、年金手帳の住所変更の手続きを行なう必要があります。


14日以内という期限のうちに、新居のある市町村の役所において住所変更手続きをしてしまいましょう。


手続きの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。


やむを得ない理由で、本人が顔を出せないなら、適正な委任状を作れば配偶者などを代理人として、手続きすることができます。


00:42
2020年11月27日(金)
【引っ越し先がごく近距離であれば家族や親】
引っ越し先がごく近距離であれば家族や親せきなど、自分たちだけで引っ越しをすることも難しくはありません。


やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを日数をかけて運んでいくようにします。


少量ずつ時間をかけて運んでいくことであまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。


問題は大型家具ですが、これらは一日だけトラックをレンタルし、何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。


なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出を大きく削減できます。


新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、簡単なもので充分ですから、自分の引っ越しの日までの、作業プランを作っておくと役に立ちます。


荷物の梱包などを極端に早く開始すると片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、ゆっくりのんびりし過ぎるとバタバタして新生活に障ります。


やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまずまとめていくようにするとスムーズに進めていけそうです。


さあ、引っ越しの作業に取りかかろうという時には、軍手を用意しておきましょう。


荷造りでは手が汚れるだけでなく、使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。


そして、荷物を運ぶときには指詰めの危険性を覚悟しなければなりません。


軍手を用意するときに注意しておきましょう。


手指のサイズに合っていることと、滑り止めがついていることを意識して軍手を準備することが大事です。


作業しやすくなるのはもちろん、より安全になります。


他のことと同じく、引っ越しで大事なのは段取りです。


ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、当座必要でないものをどんどん詰めていきます。


引っ越し直前まで使う日用品を分けて、用途や種類で大まかに分け、詰めるようにしましょう。


何を入れたか、ダンボールの外側に書いておくと荷解きの順番を考えられます。


電気、ガス、水道、電話など、ライフラインの移動手続きも早め早めに進めていかなくてはなりません。


無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。


車を所持していないからと、次回の免許更新の日を迎える時まで免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、自動車運転時の携行義務としてだけはなく、使用する機会が割と多いのが運転免許証です。


一つの例としては、何かを申し込む際(例えば携帯電話の新規申し込みや機種変更)に常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。


銀行口座を作る時も必要になったりしますし、役所の手続きなどで必要なこともあります。


ですから、できるだけ早く最寄りの警察署か免許センターで、住所変更は済ませておきましょう。


23:54
2020年11月26日(木)
【引っ越し先がごく近距離であれば業者を全く使】
引っ越し先がごく近距離であれば業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。


方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけ何度も時間をかけて新居に運び入れます。


時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことでたくさんの荷物を運ぶことができます。


そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。


このレンタルトラックで運送してしまうと良いです。


この方法を実行できれば、費用はかなり安くできます。


勤めが決まったことで、10年くらい前にこのアパートに引っ越したのです。


ここにいるのはせいぜい3年で後は実家に帰りたかったので実家に住民票を置いたままにしていました。


しかし、意外と便利で住み心地のいい町だし、職場もいい人ばかりで、辞めるタイミングが見つからず、ここで結婚する可能性も高くなってきたし、今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、今さらですが、住民票を動かしたいのです。


今回の引っ越しで見積もりを出した際、えっと思うようなことがありました。


液晶テレビの運搬に限って特別な保険が必要だと言われたのです。


引っ越しの荷物として40型の液晶テレビがあったため、購入したときの価格が30万円以上の品は、運搬の際に保険をかける決まりになっていると言われました。


言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、もうちょっと粘れば良かったのかまだ引っかかっています。


引っ越しも来月に迫ってきましたが引っ越し先までピアノを持っていくか手放すかが大きな問題になっているのです。


ピアノを使わない予定なのでずっと置いておくだけでしょう。


ただ、手放すのも粗大ゴミにもならないと思うし、悩みは尽きません。


譲渡先があれば良いのですが、都合良くすぐに見つかるものでもありません。


年金生活になれば、誰でも今までの生活が大きく変わることは確かです。


これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。


現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、これまでの生活から年金生活に入ることによって、住まいと生活が不一致を起こすことも考えられます。


まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたら家賃を払い続けられるかが問題になってきます。


もっと負担の少ないところに引っ越すのも今はごく当たり前の話です。


23:54
2020年11月25日(水)
【国民年金の加入者が引っ越しすることになっているなら】
国民年金の加入者が引っ越しすることになっているなら、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きを行なう必要があります。


引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場で年金手帳の住所変更を済ませてしまいます。


手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。


本人が行けないということであれば、記入漏れのない委任状が出せれば代理人による手続きが可能となります。


人により引っ越しのやり方は様々ですが、梱包や運搬、引っ越しにまつわるすべてを業者に任せる人も増えてきたようです。


でも、業者が大型家具や家電などを運んでいたら、近くでその作業を見守っていた方が良いでしょう。


仮に業者がそういった荷物の運搬中に壊したり、傷をつけたりすると、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、傷は引っ越しによるもの、とわかっておく必要があるからです。


写メなど残しておくと良いかもしれません。


プロの業者から何らかのサービスを受けた時にすっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、しかしながら、引っ越しの時には、そうしたお金を渡す人がかなり大勢います。


素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に労りや感謝の気持ちにかえて、お金を包むとか、また、ペットボトルの飲み物や食べ物を渡す場合もあります。


こういったことをする必要は、本来全くないのですが、作業スタッフからすると、もらえると素直に嬉しいし、正直助かる、ということです。


引っ越しをすると多くの場合、さまざまな不用品がでてきてしまいますが、こういう品物を買い取ってくれるサービスを行なう引っ越し業者があって、ずいぶん好評のようです。


たんすやクローゼットのような収納家具から、バッグなどのブランド品だったり、あるいは大きなテーブルや応接セットといったものまで、転居によって出る不用品と言えば、多種多様です。


種類がいろいろある時には、買取サービスに重点を置いている業者を選んで利用すると、たいてい、しっかりとした査定をしてくれるものですし、様々な種類の品物を受け付けてくれますから、それだけでも大変便利なのです。


引っ越しを専門の業者に依頼すると、その費用はたとえ全く同じ引っ越しだったとしても時期が決めるといっても過言ではありません。


年度末や夏、冬の休みはどうしても引っ越しの依頼が多いので、大半の業者は費用を高目に設定しています。


もしできるなら、閑散期に引っ越すようにすると費用面では断然お得です。


なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。


23:24

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++