これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年07月20日(金)
【引っ越しに慣れていない方にとって引っ越しは生活の】
引っ越しに慣れていない方にとって引っ越しは生活の中でも一つのターニングポイントになるかもしれませんが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることも予想しておく必要があります。


どんなケースでも引っ越し当日は大変ですが、いろいろな仕事が集中したときにどこかに番狂わせが起きると、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。


前日までの準備は万端にしておくことが必要です。


引っ越しによって住環境が変わると、次の生活に対応するために予想外の出費を避けられないので、引っ越し作業を業者に依頼するとしても一円でも安く済ませたいというのが本音でしょう。


少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。


割引サービスがある場合、その条件として人の移動が少ないとされる時期に引っ越しする際にかなりお安くしてくれるので割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。


世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。


この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが要因だと言えます。


引っ越しは面倒でウンザリするという話を耳にしますが、詳細を聞いてみると、複雑な手続きを何度もしなくてはならないということが不満だそうです。


引っ越しにおいて必要不可欠なガス、水道、市役所への提出書類など、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、後で手続き洩れが出ないように、きちんとした計画を立てて作業をこなしていく必要があります。


いよいよ引っ越しという時に、エアコンの取り外しや設置について、何も決定していないという困り事を抱えてはいませんか。


エアコンの取り外しや取り付けは、専門知識のない個人ではなかなかできませんから、でしたら購入した電気屋さんに依頼するか、とりあえず引っ越し当日に業者に外してもらうようにするか、さらに、転居先において、取り付け工事はいつどうするのか、など、考えることが多くて迷います。


エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで疑問点を尋ねてみるのがおすすめです。


一般的に、引っ越しする上での挨拶は近所とのコミュニケーションを円滑に進めるという点から言っても大切ですよね。


贈答品にも気を遣ったほうが良いのですが、のしをどうすればいいのかで悩む方も多いのではないでしょうか。


かしこまりすぎても逆に不自然ですから、外のしを選ぶようにしましょう。


表書きにはご挨拶、のし下には自分の苗字を記名すれば良いでしょう。


13:48
2018年07月19日(木)
【なんらかのサービスをしてもらった時に】
なんらかのサービスをしてもらった時にいくらか包む、いわゆるチップの習慣は日本にはありませんが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人はかなり大勢います。


大きな荷物の上げ下げを繰り返してくれる作業スタッフに感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。


これらは、全く必要ないことではありますが、そういった差し入れ等は、作業スタッフにとって正直なところありがたい、と思うそうです。


世間的にも、引っ越し先の挨拶回りは今後の生活を快適に過ごすためにも大切ですよね。


ここで悩むのが贈答品でしょう。


その中身はともかくとして、のし付けが難しい問題ですよね。


ですが、そこまで肩肘を張ってかしこまる必要もありませんから、外のしで表書きには御挨拶を、のし下にはご自身の苗字を記載すれば引っ越しの挨拶として相応しいものになるでしょう。


引っ越しは居住地の移動であり、様々な形で届を出して、使い続けるために、変更することになるものもあります。


代表的なのは固定の電話番号です。


まずはNTTに連絡しましょう。


引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを確認しておきましょう。


NTTの電話番号は、市外・市内局番と個別番号で構成されており、もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら電話番号の変更はありません。


最近では、知る人も少なくなってきたようなのですが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といった古くからおこなわれてきた習慣があります。


どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長いお付き合いをしたいと縁起をかつぐ意味合いと、この度、お側(ソバ)に越してきた者ですというダジャレもこめてご近所のみなさんに振る舞ったのが、始まりだと言われているようです。


新しい住まいに、物を運びこもうとする際に、置く場所をあまり自由にできない家電と言えばやはり、洗濯機です。


洗濯機はほぼ毎日、水をたくさん使いますし、必ず、近くに水道がある場所に置くことになります。


そういった場所にある洗濯機のまわりは、湿気がたちこめ、水漏れが出てしまった時の惨事を想像すると、常に湿気を排除するための換気と、水漏れ対策をなるべくちゃんと行っておいた方が良いです。


13:48
2018年07月18日(水)
【家族の事などを考えて家と土地】
家族の事などを考えて家と土地を買ったのですが、その契約のため印鑑証明書(及び実印)がいるのを恥ずかしながら、知らなかったのです。


以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、この状態、つまり別の市から転居してくる場合ですと、転居先の市で役所に赴き登録をやり直しておく必要があるわけです。


仕方がないのでバタバタと登録しに行ってとても気忙しい思いをしたものです。


どちらかといえば、引っ越しが多いほうです。


どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。


引っ越しが近づけば、その準備で体力も使いますし、汗もかくため引っ越しする前日の夜にお風呂で手足を伸ばして温まり、疲労を回復させたいのです。


引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めばずいぶん癒やされるものです。


新たな住居と、引っ越しの日取りが決まったところで、今度は是非おおまかに、引っ越し準備をいつからどうやって開始し、引っ越しの日をどんな状態で迎えるか、というプランを立てましょう。


よく言われることですが、引っ越し準備をあまりにも早めにやり始めてまったら片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、あまりスローペースだと、後から忙しくなってしまいます。


順番としては、今現在の生活で特に必要としないものから始めてまとめていくようにすると作業を段取り良く進められます。


複雑な引っ越しの作業にお悩みの方は、ぜひアート引越センターの利用を検討してみて下さい。


こちらであれば複雑な準備作業も滞りなくすすめることができます。


必要な分の段ボールや引っ越し当日の家具の梱包や運送まで、ありとあらゆる引っ越し作業をお手伝いしてくれます。


重たくて大変な家具や荷物の運搬もしっかりと対応してくれますから順調に新居へ移ることが出来るでしょう。


生活に必要な手続きとして、電話回線の引っ越しも考え直した方が良いでしょう。


今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、やはり電話回線を使い続けたいとすれば、電話会社との間で、転居しても使い続けるための手続きを忘れてはなりません。


取りかかりが遅くなり、契約が引っ越しに間に合わなければ、電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、年度末やお盆、年末年始などは特に急いで片付けるようにするべきです。


13:24
2018年07月17日(火)
【同市内とか隣町くらいの近距離を引っ越しす】
同市内とか隣町くらいの近距離を引っ越しするなら専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引っ越しはできます。


自家用車を使って、運べるだけの荷物は新居に運ぶようにします。


少量ずつ時間をかけて運んでいくことで自家用車で無理なく、しかも十分な荷物を運搬できます。


そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。


このレンタルトラックで運んでしまいましょう。


こうすると、引っ越し費用は大幅にコストカットできるはずです。


どんな引っ越しでも同じなので必ず行ってきたことですが、電気や水道と同じように、ガスの解約をすることになります。


引っ越し経験は私にもありますが、解約の手続きそのものは難しいものではありません。


ただし、万が一、解約を忘れると、転居後のガス代も引き続き請求されることになるのでもれがないようにしましょう。


こうしたケースでは、引っ越した後もその月の使用料は全て支払いが自分になってしまいますので、要注意です。


時期や積み荷の量、あるいはどこまで運ぶのかの差異によって引っ越しにかかる費用の相場は変わります。


引っ越しの費用を抑えるためにも、先に情報を集め、目安として一般的な引っ越しの相場を知っておく必要があるのです。


こうして、凡その相場が分かったら複数の引っ越し業者の見積もりを比較検討し、相場より安くて金銭的な負担が少なく、サービスに力を入れているような業者を選択するのがおススメです。


無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらもちろん、運転免許証の住所の記載についても変更の手続きを行なう必要が出てきます。


運転はほとんどしないからということで、この次の更新時まで別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、運転免許証というのは、運転時の携行以外にも使用することは多いです。


例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は運転免許証を本人確認書類として使う人は多いです。


それに、金融機関で口座開設する時も必要になります。


住所変更はなるべく早めに済ませておいた方が良いでしょう。


転居すると、書面やウェブ上で届け出ますが、今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。


固定電話の番号は、その最たるものです。


引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。


電話番号変更の手順を把握しなくてはなりません。


NTTの電話番号は、市外・市内局番と個別番号で構成されており、引っ越し先が同じ市内局番エリアであれば、同じ電話番号を使うことができます。


12:06
2018年07月16日(月)
【引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物】
引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、なるべく大型家具の表面や、家電に目に見えるような傷を残したりしないようにします。


せっかくの新居ということで手に入れた大型家具などでしたら、ぜひ、クッションになる毛布などを家具に巻き付けたりして運びましょう。


きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、細かいキズだらけにしてしまったりすると、イヤになってしまったかもしれません。


コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は多くの引っ越し業者でレンタルサービスしてくれる専用の衣装ケースがありますので、これを使うとハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。


こういうケースがないと、普通のダンボールに衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこういった衣装ケースの場合はハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。


新居に到着したら、開梱してハンガーのまま取り出して、クローゼットなどに収納していくことができて便利です。


業者にあらかじめ予約を入れて、引っ越し作業を依頼していると、直前になってキャンセルをすると、キャンセル料を支払う羽目になってしまうことがあります。


通常、見積もりオーダー時、引っ越し業者はキャンセル料の発生条件などについて説明する義務を負います。


ですが特に口頭で説明しなくてもいいので、書面での提示だった場合はその記載部分に気付けないかもしれません。


なので、予約を入れる前にキャンセル料に関しても尋ねておくべきではないでしょうか。


専門業者を使うことなく、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合はまずは荷物を少なくすることを考えます。


そんなに荷物を載せられない、一般乗用車で荷物を運ぶのですから、詰め込みやすくするための工夫をします。


大きすぎないダンボールを使って梱包すること、割れ物の類は衣類でくるんで荷造りする等々、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし一緒に衣類も運べるという、チョイ技になっています。


こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。


私たち一家が新居に引っ越したときは、1歳の子供がいました。


子供でも、引っ越しを経験して環境の変化はわかるものでストレスを感じることもあったようです。


案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機に使わなくなったおもちゃなどを整理しました。


そんな作業の合間に出てきた母子手帳を初めから読んでみました。


一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。


11:36
2018年07月15日(日)
【引っ越しに慣れていない方にとって引っ越しは生活の中でも】
引っ越しに慣れていない方にとって引っ越しは生活の中でも一つのターニングポイントになるかもしれませんが、かなり厄介なトラブルもあっておかしくありません。


どんなケースでも引っ越し当日は大変ですが、仕事が重なってしまったときにどこかでトラブルが発生すると、引っ越し全体に関わる問題になってしまうので当日までに、余裕を持って準備を進めておきましょう。


賃貸契約で住んでいたところから引っ越しする際、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。


別段掃除をする義務はありませんし、掃除をして何かメリットがあるなどとは断言することができないのですが、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。


これが敷金返還について影響する可能性もあるでしょう。


お掃除については、もし落としきれない特殊な汚れや大きめの破損については、諦めた方が良さそうです。


あれこれいじり倒すと、余計に悪くなることの方が多そうです。


荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、当日慌てる羽目になることもあるようです。


冷蔵庫は引っ越しに備えて、前の日までに庫内が空になるようにし、コンセントを抜いて一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけば準備は完璧です。


そのため、冷蔵庫の中のものは全て、冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。


引っ越しの時にいろいろな物の梱包を、衣服から日用品までなんでも自分でこなしてしまう人は意外に多いのですが、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についてもサービスの一つとして提示されています。


こういった場合でしたら全部自分で頑張ろうとしないで、業者の手を借りることを考えましょう。


やはりプロですから作業は早くて、荷物の扱いに慣れていますし、なんらかの事故が起こってしまった時に作業を行った業者がその責任を負って弁償するケースもあるためです。


大きめの家電などを、引っ越し作業中に運んだりしているのを見かけると、つい、落としてしまったりしないか、などと注目してしまいます。


もし、落下させて完全に壊してしまった、なんていう状況は最悪ですから、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。


引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。


でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、頑張って自分で運ぶより作業はお任せしてしまった方が、得になる気もします。


11:36
2018年07月14日(土)
【今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをき】
今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけに今のアパートに引っ越すことになりました。


ここにいるのはせいぜい3年で実家に戻るつもりだったので、住民票は動かしませんでした。


ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、辞める気がどんどんなくなっていき、ここで結婚する可能性も高くなってきたし、今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、今さらですが、住民票を動かしたいのです。


生活が変わるきっかけとして引っ越しを捉えるならば、日常生活の細々したことを改めて検討するでしょうが、日頃見落とされがちなNHK受信料についても見直して良いのではないでしょうか。


もし、引っ越し先でテレビがないとすれば受信料を払い続けることはお金の無駄なので、口座からの引き落としなら金融機関に連絡して止めてもらい、NHKに解約手続きを申し込むことをぜひ検討してください。


この間の引っ越しでは、大きい家具の移動は業者に依頼しましたが、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。


荷物の移動が一段落したところで、住民票の移動も済ませました。


予想外のこともいろいろ起こりましたが、いろいろな人が手をさしのべてくれて嬉しい誤算でした。


ご近所への挨拶も済ませ、一つ一つ荷物を開けはじめ、後片付けに取りかかりました。


引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手続きの代表が自動車などの運転免許証を住所変更することです。


いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので一日でも早く、住所変更の申請に行くことをすすめます。


転入した地域を管轄する警察署に、運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。


住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を窓口受付時間内に提出し、届を書いて出すだけですぐ変更できます。


退職して年金をもらうようになると、今までの生活が大きく変わることは確かです。


この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。


現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、生活パターンが大きく変われば、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。


とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと家賃負担が大きくなることが予想されます。


よりよい環境を求めて引っ越すのも今はごく当たり前の話です。


11:00
2018年07月13日(金)
【来月引っ越すので準備を進めていま】
来月引っ越すので準備を進めていますが、荷物の中にピアノを入れるか持っていかずに処分するかで迷っています。


誰もピアノを弾くことはなく、ずっと置いておくだけでしょう。


これを処分するにしても無料では済まないだろうし、どうしたら良いのかわかりません。


誰かがもらってくれることを願っていますが、探すのもけっこう大変です。


引っ越しの荷造りで大変なものといえば、特に食器を梱包するのは大変でしょう。


必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。


近頃、薄いガラスの食器が人気を集めています。


それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んで業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというようにどこまでも慎重に包んで、運べるようにすると破損の可能性はかなり低くなります。


就職して、通勤に便利なところで一人暮らしをはじめようという時に、荷物と言えるような荷物もあまりなく、考えた挙句、クロネコヤマトの宅配サービスを使って引っ越しを済ませました。


荷物なんて、ダンボールほんの数個で、レンタルトラックを使ったりするより格段に安く済みました。


布団とか、ちょっとした家具とかはもう後から新しく買うことにしていましたからこうした方法での引っ越しも、可能だったのでしょう。


引っ越しをするにあたっては、スムーズに準備を進めることも欠かせませんが、常に頭に置いておきたいのは出費をどうやって抑えるかということでしょう。


引っ越しの際には思いもよらない出費が重なって、推定していた予算をオーバーしてしまうという話も耳にします。


業者に見積もりを依頼した時点で、出来るだけ安い業者を選べるかどうかが要点になりますから、複数の引っ越し業者に一括で見積もりをお願いできるサイトを利用して、一番安価でサービスの良い業者を見付けるのが良いと思います。


あらゆる引っ越しには大小さまざまな問題が伴ってきます。


オール電化の家に引っ越すのでない限り、ガスコンロを引き続き使えるかチェックしなければなりません。


私は引っ越し先が新築だったのでガスコンロも新しくなったのですが、中古の住宅やアパートであれば、元々のガスコンロで間に合うこともあります。


ただし、ガスの種類が違うと同じガスコンロを使えないこともあるので、引っ越し後も同じガスコンロを使いたい場合や、買い換えの計画があればどんな器具なら使えるかを確認しましょう。


08:54
2018年07月12日(木)
【転居時に、運搬と設置に少し注意したい家電と言えば】
転居時に、運搬と設置に少し注意したい家電と言えば洗濯機、というのは間違いないでしょう。


洗濯機は、毎日大量に水を使う家電であり、近くに水道のある所に置くことになります。


具体的には、浴室の近くになったりしますが、湿気の多い場所であり、また、排水溝のトラブルで簡単に水漏れが起こる可能性も考えられ、湿気の排除と、水漏れ対策、この二つをなるべくちゃんと行っておいた方が良いです。


業者にあらかじめ予約を入れて、引っ越し作業を依頼していると、前日や当日という直近になって、急にキャンセルすることによって、業者からキャンセル料金を支払うよう求められるケースがあります。


業者は、実は見積もりを出す時に、キャンセル料金について、その発生条件などを説明することになっています。


けれども、書面だけでの説明となると書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、予約を入れる前にキャンセル料に関しても確認しておくと良いでしょう。


引っ越しの前にすることとして、まず必要になるのが転出届を提出し、受理してもらうことです。


これは、今住んでいる市区町村で手続きします。


役所に出向き、窓口で手続きできますが、郵送でも手続きできます。


受付時間に本人が役所に行けない場合、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。


転居する日の2週間前くらいから、転居届の提出が多くの自治体で可能になっています。


アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。


管理会社から物件の担当者が部屋に来て、室内の状態をくまなくチェックする訳です。


これを終わらせたら、ようやく退去になります。


また、いろんなケースもあるようですが、各種公共料金については、清算を当然済んでいなければなりませんし、それに、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。


引っ越しで、プロの手を借りずに、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合は一番のコツは、荷物を減らすことだと言われています。


なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで荷物を作るようにする、割れ物の類は衣類でくるんで荷造りする等々、このようにすると、包み紙を使わなくていいので荷物の嵩は減り割れ物と一緒に衣類も梱包することで、破損の危険も減らします。


万事このように、荷物を減らす努力をしましょう。


07:54
2018年07月11日(水)
【どんな引っ越しでも同じなので誰でも思い当】
どんな引っ越しでも同じなので誰でも思い当たることでしょうが、転居する前に、ガスを解約する必要があります。


私も、世帯での引っ越し経験があります。


解約の手続きそのものは難しいものではありません。


旧居を引きあげる前に解約しておかないと、請求は自分のところに来てしまうので決して忘れてはなりません。


しかも、引っ越した月の末日まで料金を請求されるのが普通です。


最近、引っ越ししました。


準備をしているときにまずクローゼットを空にしてみるとここまでいらないものばかりだったかとため息が出ました。


特に服は何年も着ていないものばかりでした。


そんなわけで、引っ越しのためにいろいろなものを整理して処分し、クローゼットの中だけでなく、私の気持ちも余計なものがそぎ落とされました。


いろいろな引っ越しがありますが、どんな場合でも新しい環境に慣れるまでどうしてもお金がかかるものです。


引っ越しで業者を利用するにしても節約に努めたいものです。


少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。


多くの業者に割引サービスがありますが、それは人の移動が少ないとされる時期に引っ越しする際にかなりお安くしてくれるのでその時期の引っ越しができるように、スケジュール調整をしていくと良いですね。


どんなケースであっても、引っ越しの前に最優先しなければいけないのは転出届を提出し、受理してもらうことです。


これは、今住んでいる市区町村で手続きします。


役所に行けば手続きできますし、郵便で役所に送ることもできます。


また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。


実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことが多くの自治体で可能になっています。


現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、よく荷物を届けてもらっていたヤマト運輸で、単身引っ越しサービスをお願いしました。


全面的に専門の業者に任せた引っ越しというのは初めてでした。


ですから電話では本当に緊張していました。


しかし、どのスタッフの方も対応も作業も終始丁寧に行っていただいたので、安心して全ての作業を任せられました。


また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときもヤマト運輸の利用を考えています。


07:30

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++