これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年09月21日(金)
【たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りでど】
たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りでどうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。


どこまでも油断は禁物です。


包み方にもコツがあります。


新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。


新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくと緩衝材として役に立ちます。


持ち手がついているものは特に注意が必要で、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。


誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、ガスコンロを引き続き使えるか、買い直すのか、検討するのも問題の一つでしょう。


私は引っ越し先が新築だったのでガスコンロも必然的に新しくなりましたが、中古の住宅やアパートであれば、今使っているガスコンロを引き続き使った方が良いかもしれません。


注意しなければならないのは、ガスの種類です。


転居前のガスコンロが使えないこともあるので引っ越す前に使っていたガスコンロをまた使うときや、新規購入を考えている場合は使える器具を調べておくことが必要です。


引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。


忠告ですが「大事な物、壊れやすい物は他人に任せず自分で運ぶ」です。


まだ引っ越し経験の浅かった頃、荷運びが済んで開梱していると、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。


それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、かなりショックを受けました。


ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、もうクレームをつける気にはなれませんでした。


ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。


さていよいよ引っ越しの段取りを立てないと、という時には業者選びも大事です。


数が多いので困ってしまいますが、どこそこを利用したい、などという思い入れも特にないのなら世間によく知られている大手業者を選ぶのがやはり間違いがなさそうです。


実際の会社名を挙げるとするなら、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。


存在感のある有名企業ですので信頼もあり、規模が大きいだけあって利用する客が大勢います。


引っ越し会社としての仕事を相当こなしてきているのです。


社員教育もしっかりしている場合が多いですし、効率よく引っ越しを進めてくれるでしょう。


新居に引っ越し荷物を運んでくる時に設置の場所やその周りなどに、少し注意したい家電と言うと洗濯機、というのは間違いないでしょう。


洗濯機はほぼ毎日、水をたくさん使いますし、ほどんどの場合は、水道のある場所に置くことになります。


洗濯機の設置される場所というのは、家の中でも一番湿気のこもる場所であることが多く、それに、一度水漏れが起こると、排水溝から水が溢れやすいので、湿気の排除と、水漏れ対策、この二つを不備の無いようにしておきましょう。


23:12
2018年09月20日(木)
【引っ越し業者も星の数ほどありますが、実】
引っ越し業者も星の数ほどありますが、実績を知られているのは引っ越しのサカイだといわれています。


全国くまなく、170社以上の支店を持ち、自社の保有車だけで3500台以上あるので、大手らしく、充実したサービスを望むことができます。


多様なサービスが提供できるように、どのスタッフも一定水準のサービスを行うので安心して引越しを任せることができます。


引っ越しが一段落つきましたが、準備で本当に疲れてしまいました。


マンションから転居したので、大きい荷物の移動は、業者にお願いするしかありません。


引っ越し費用を少しでも浮かせたいと思い、自分でエレベーターに乗せられる荷物は今日はこれとノルマを決め、何回にも分けて台車に載せなんとか移動できました。


台車一台で、よくも運んだものです。


引っ越しに無駄なお金を使いたくなければ、見積もり価格を見てから、引っ越し業者を決めることをすすめます。


正確に見積もりを出してもらいたければ業者に来てもらうべきですが、来てもらう時間を取れない場合は荷物が大体どのくらいか、電話で説明できれば一番適当なプランがわかります。


他の業者はいくらだったというと安くしてくれる業者もいるためどうにか時間を作って複数の業者の見積もりをとる方が得なのです。


一回引っ越ししてみればきっとおわかりだと思いますが、転居する前に、ガスを解約する必要があります。


自分の引っ越しでも経験してきたことですが、さほど難しくない手続きで解約できます。


しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後のガス代も引き続き請求されることになるので抜け落ちないよう注意しましょう。


その場合は、転居していても月末まで自分が支払うルールになっています。


出来るだけ引っ越しの出費を抑えたいとい方の頼りになる引っ越し業者といえば、赤帽以外ありません。


中でも、一人暮らしの引っ越しといった小規模のものに実力を発揮します。


料金設定は時間制のものが多いので、ドライバーの運搬を手伝えば作業にかかる時間を抑えることが可能です。


軽自動車をつかう赤帽ですが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。


22:42
2018年09月19日(水)
【引越しにあまりお金はかけたくないという人の赤帽は最適】
引越しにあまりお金はかけたくないという人の赤帽は最適な引っ越し業者だと言えます。


中でも、一人暮らしの引っ越しといった小規模のものに実績があります。


料金が時間制なので、荷物運びを手伝うことで作業にかかる時間を抑えることが出来ると思います。


赤帽が使う運搬車は軽自動車ですが、予想以上に荷物を積むことが出来ます。


引っ越し業者も星の数ほどありますが、着実に実績を築いているのがパンダマークの引っ越しのサカイになります。


170社以上の支店を全国展開しており、車は自社の保有だけで3500台以上に及ぶので、多様なニーズに応えられる引っ越しを望むことができます。


多様なサービスが提供できるように、どのスタッフもきちんと仕事をしているので期待通りの引っ越しを実現できるでしょう。


今まで、何度か引っ越しの経験があります。


どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。


引っ越し前はどんな時季でも何のかのと体力を使っているので引っ越しする前日の夜に温かいお風呂をゆっくり味わい疲労を回復させたいのです。


それに、当日になっても温かいものを飲むとずいぶん癒やされるものです。


引っ越しを機会に電話回線を使い続けるか、もう止めるかも、考え直した方が良いでしょう。


今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、引っ越しても生活に電話回線が必要だったら、電話会社との契約、あるいは転出転入などの作業が欠かせません。


書類の往復に手間取っていると、電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、引っ越しの多い時季には先手を打って手を打つに越したことはありません。


家移りも本格的になると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。


作業は一日かかってしまうのが普通ですから、あらかじめ終わらせておけることがあれば終わらせておけば当日の負担が減ります。


ライフラインである水道、電気、ガスなどの確保は最優先事項ですが、当日使うことが予想される荷物は、他のものに紛れないように、取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。


19:42
2018年09月18日(火)
【引っ越しで、一人暮らしの場合、引き続きベッドで寝るの】
引っ越しで、一人暮らしの場合、引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。


新居がワンルームの場合は特に、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。


それに、業者がベッドを移動するとき、ドアからベッドを入れることができないなどの困った事態になることもあります。


そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることをスタートしてみるのも結構適応できるのではないでしょうか。


よく知られているように、引っ越しの総費用というのは予定外の出費なども重なり、思っていた以上にかかってしまうことがあります。


そういうことですから、出費を抑えるためにも業者の選択はなるべくしっかり考えた方が良いようです。


業者の料金を見ると、同じだけの荷物を積んで、同じ距離運んだとしても各業者ごとに金額の違いが出てきます。


できるだけ費用を安く抑えたい、安い業者を見つけたいという人には、一括見積もりサイトが役に立つでしょう。


利用方法は簡単です。


サイトから引っ越し先など、見積もりに必要な情報を書き込んで一括見積もりを申し込みますといくつかの業者の、それぞれの見積もりを取れますから、金額を比べられとても役に立つでしょう。


家中のものを引っ越しのために整理していると、仕分けの結果、不要になるものもあります。


様々なものを処分するのは大変です。


ぜひ覚えておいてほしいのは、引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。


大型家具など、業者の中には粗大ゴミにすれば処分にお金がかかるものを独自のリサイクルルートに乗せるため無料で持って行ってくれることも結構あるので必ず調べてみましょう。


様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、往々にして、引っ越しは一生でも大事なイベントの一つかもしれませんが、かなり厄介なトラブルも想定しておいた方が良いです。


引っ越し当日の忙しさは当然ですが、仕事が重なってしまったときに想定外の事態が生じると、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。


当日までに、余裕を持って準備を進めておきましょう。


大きな荷物を運ぶのは、引っ越し作業の中でも特に大変ですが、なるべく大型家具の表面や、家電にダメージを与えないようにしましょう。


新居にマッチするよう新品の家具などを購入したりした時は、ぜひ、クッションになる毛布などを家具に巻き付けたりして運搬するべきなのです。


きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、運ぶ間に傷だらけになってしまったら、イヤになってしまったかもしれません。


19:06
2018年09月17日(月)
【自家用車も一緒に引っ越しする場合、】
自家用車も一緒に引っ越しする場合、自動車についても住所変更手続きを求められますが、そうしたらナンバープレートも変わることになるのか疑問に思うでしょう。


日本全国どこでも、ナンバープレートの変更があるかどうかは引っ越し先を管轄する陸運局によって決まります。


引っ越しの前と後で、管轄の陸運局が同じならナンバープレートはそのままで良いのですが、陸運局の管轄地域が異なる場合、変更は強制的に行われます。


いろいろな引っ越しの進め方がありますが、最近多いのは、引っ越し業者に梱包、運搬などすべてを任せるタイプのものです。


ですが、大型の家具や、重い家電が運ばれる際には、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。


作業しているスタッフがもし、そんな荷物を取り扱っている間に壊したり、傷をつけたりすると、引っ越し業者は、その補償をしないといけないのですが、傷は引っ越しによるもの、とわかっておく必要があるからです。


写メなど残しておくと良いかもしれません。


どんな引っ越しでも同じなので絶対必要になることとして、旧居のガスを解約しなくてはなりません。


引っ越しは私も何度か行いました。


解約の手続きそのものは難しいものではありません。


しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後のガス代も請求される羽目になりますのでくれぐれも注意が必要です。


また、転居した月の月末まで自分が支払わなければなりませんので、それも覚えておいてください。


様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、人生の中でも、引っ越しというのは生活が大きく変わるきっかけでしょうが、数々の大変な事態に陥ることもあっておかしくありません。


とりわけ、ただでさえ大変な引っ越し当日、仕事が重なってしまったときに予期せぬトラブルが起きてしまうと、予定が大きく狂ってしまい、引っ越しが上手くいかないことも考えられます。


当日までに、余裕を持って準備を進めておきましょう。


引っ越しの最盛期と言えば、一般的に春や秋になると思います。


これは、大学入学や就職・転職といった出来事が多いことがその理由です。


引っ越しは面倒でウンザリするという話を耳にしますが、詳細を聞いてみると、複雑な手続きを何度もしなくてはならないということが原因だそうです。


具体的には、水道・電気・ガス・市役所での諸々の書類など、引っ越し元から引っ越し先まで、複数の手続きをきちんと終わらせなければなりません。


ですから、しっかりとプランを立てて作業するのをお勧めします。


19:00
2018年09月16日(日)
【同じ町内など、引っ越し先が近い場合は業者を全く使わ】
同じ町内など、引っ越し先が近い場合は業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。


方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけコツコツ新しい住居に運んでしまいます。


少量ずつ時間をかけて運んでいくことで自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。


そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。


このレンタルトラックで運んでしまいましょう。


こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出を大きく削減できます。


家移りを経験した方なら誰でも思い当たることでしょうが、転居する前に、ガスを解約する必要があります。


自分の引っ越しでも経験してきたことですが、解約の手続きそのものは難しいものではありません。


しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後のガス代も請求される羽目になりますので決して忘れてはなりません。


その場合は、転居していても月末まで自分が支払うルールになっています。


引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらったのですが、どうしてもすっきりしないことがあったんです。


実は、液晶テレビを運ぶのには専用の保険があると言うのです。


わが家には40型の液晶テレビがありましたが、30万円以上の購入価格であれば、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。


テレビのためだけに約1500円の保険をかけましたが、これで良かったのかもやもやは今でも消えません。


けっこう多くの世帯で、引っ越すときにいろいろな面にわたって、生活全体を見直すことが必然ですが、漫然と支払っているNHK受信料も考えるきっかけになります。


まして、引っ越すときにテレビを処分するのなら受信料を払っても単なる無駄金になるわけで、口座からの引き落としなら金融機関に連絡して止めてもらい、NHKに解約を申し出ると生活費の節約につながります。


借りていた部屋から引っ越す時は、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。


特に何かメリットがあるとは言いきったりすることはできないものの、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。


これが敷金返還について影響する可能性もあるでしょう。


さてお掃除に関してですが、何をしても落とせない汚れがあったり大きめの破損については、放置がベターです。


あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。


18:42
2018年09月15日(土)
【単身で引っ越しするときベッドか布団かは悩むところです】
単身で引っ越しするときベッドか布団かは悩むところです。


新居がワンルームの場合は特に、広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。


また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも転居先のドアからベッドの搬入ができないという大変な話もあるようです。


余計な心配をしなくて済むよう、まずは布団だけにして割り切って始めてみても結構適応できるのではないでしょうか。


私たちが今の住まいに引っ越してきた当時、当時1歳になる子供がいました。


引っ越して、小さい子でも何かと変わったことを感じていたようでストレスを感じることもあったようです。


引っ越しを機会に、たくさんあった子供のものももう使わないものを片付けていきました。


仕分け作業のときに母子手帳を取り出して、これまで書いたところを読みましたが、なんだか懐かしく思いました。


今の住まいについては満足していますが、ここをどうやって見つけたかというと、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。


その不動産屋さんの人がとても懇切丁寧だったので、すぐ信頼し、担当の人がおすすめする物件の中から、選ぶことにしました。


近所に何軒かある他の不動産屋さんへも行こうかなと考えてましたけど、よそのお店のサイトに載っている物件も紹介できると、店の人に教えてもらったため、お店のハシゴはせずに、帰ることにしました。


もう長い間、犬とともに生活していますから、住むところを変える際には必ずペット飼育可能なマンションのことをどうにかして見つけるよう、頑張ってます。


ペットが飼えるだけのマンション、というだけではなくて、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといったしっかりした設備が揃ったマンションがいいです。


少々家賃が高めでも、ペットと一緒の生活を続けたいと考えます。


ローンの申請も通り、やっと住宅を買えることになりました。


ところが、契約を問題なく完了させるために印鑑登録された実印が必要、ということをまったく、知らずにおりました。


登録は一応していました。


親が代わりにやっておいてくれました。


しかし、市を越境して引っ越すことになるため、新しい引っ越し先の役場で登録をやり直しておく必要があるわけです。


それを知って、急いで登録に行きましたが当時は結構うろたえました。


17:12
2018年09月14日(金)
【転勤で職場が遠くなったので、とか家族が増】
転勤で職場が遠くなったので、とか家族が増えたり減ったりした、などの理由で人は引っ越しするのではないでしょうか。


この際だからと、不要なものや古くなった服などはどんどん手放して、少しでも身軽になって新しい生活に入ることが多いと思います。


しかし、布団は買い換えや処分を行うことなく引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。


毎日使うものであり、自分になじむものなので服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。


出来るだけ引っ越しの出費を抑えたいとい方の頼りになる引っ越し業者といえば、赤帽以外ありません。


中でも単身引っ越しでは他業者よりも強いです。


料金設定は時間制のものが多いので、ドライバーの運搬を手伝えば作業時間を短縮することが可能でしょう。


赤帽車は軽自動車なので積載量に不安があるかもしれませんが、単身の引っ越しの荷物であれば十分です。


なんらかのサービスをしてもらった時にチップを出す、という習慣は、かなり馴染みのないものですが、しかしながら、引っ越しの時には、そうしたお金を渡す人が大半です。


引っ越しという大仕事を、無事に済ませてくれたスタッフさん達にお礼の気持ちをこめて、心付けを渡したり、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。


これらは、全く必要ないことではありますが、大変な、気の抜けない作業をしているスタッフからすると、心付けをもらえるのはかなり喜ばしいことのようです。


気持ち良く作業してもらえるなら、チップ的なものも充分ありですよね。


引っ越して、住所が変更したら、できれば早めに国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きが必要となっております。


ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。


届けに必要なものは、国民健康保険証と印鑑と、それから本人確認書類を何か用意して申請をしてください。


誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。


賃貸の部屋から転居していく時には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。


管理会社から物件の担当者が部屋に来て、室内の状態をくまなくチェックする訳です。


立会いを終了させてめでたく退去が叶います。


また、いろんなケースもあるようですが、払うべき公共料金の支払いはちゃんと済ませておくことになっていますし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。


14:12
2018年09月13日(木)
【先日引っ越しをしましたが、大きい】
先日引っ越しをしましたが、大きい家具だけ業者に運んでもらい、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。


荷物の移動が一段落したところで、市役所に転入届を出しに行きました。


何かと見落としていたこともあったけれど、誰かがどこかで助けてくれて感謝の一言です。


どうにか当日中にご近所に挨拶して、やることはまだまだたくさんありますが、がんばります。


専門業者を使うことなく、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合はまずは荷物を少なくすることを考えます。


一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、狭い所に詰め込んでいきやすいように、適度な大きさのダンボールを使用して荷造りをしたり、われものなどは、シワになってもいいTシャツにどんどん包んでいく、こうすると包み紙は不使用になり、荷物のかさを少しは減らせますし割れ物と衣類を、同時に荷造りできてしまう、そんな技です。


万事このように、荷物を減らす努力をしましょう。


引っ越しは何度も経験してきました。


ガスは事前に止めることもできますが、私はできるだけ、引っ越し当日に止めてもらうようにしています。


何度引っ越ししていても、引っ越しの前には何のかのと体力を使っているので引っ越し前日の夜ともなればお風呂で手足を伸ばして温まり、翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。


引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めば気持ちが休まるのです。


うちの洗濯機はドラム式で、以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。


その時の事です。


新居に荷物が運搬された時、濡れているダンボールをみつけてすぐに業者に電話をしました。


原因は、洗濯機でした。


ホースの中の水が何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。


その状態のままで引っ越し先に到着してしまったのでしょう。


荷台まで水は流れていきませんでしたから、特に害も無かったのですが、ホースの中に残った水を抜く、ということは考え付かなかったので今度からはぜひ気を付けたいです。


やっと、マイホームの購入をすることにになりました。


でも、その契約のため印鑑証明書(及び実印)がいるのをまったく、知らずにおりました。


登録は一応していました。


親が代わりにやっておいてくれました。


しかし、違う市から転入することになる今回の場合は、転入先の公共機関(市役所や出張所など)において新しく印鑑登録の手続きが必要になります。


それを知って、急いで登録に行きましたが忙しかったです。


こういう手続きは余裕を持って行いたいですよね。


13:12
2018年09月12日(水)
【私たち一家の引っ越しの時は1歳児】
私たち一家の引っ越しの時は1歳児を抱えていました。


引っ越して、小さい子でも環境が変わったことを感じ取って少しストレスを感じていたようです。


いつの間にか増えていた子供のものも、片端から仕分けて捨てることになりました。


そんな作業の合間に母子手帳を取り出して、これまで書いたところを読みましたが、それほど昔のことではないのに、ずいぶん懐かしく感じました。


少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。


ですから、特にどこか、是非利用したいという業者がないのであれば誰もが聞けば知っているような大手業者にしておくのが良いようです。


大手といえば、例えばどこかということでしたら、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。


全国展開しているような大手ですから、会社が大規模である分、利用客もやはり大勢いるわけです。


経験豊富なスタッフも大勢いるでしょうし安全かつスピーディに、仕事を済ませてくれるのではないでしょうか。


賃貸の物件から引っ越す場合には、退去時に原状回復を求められますが、しかし入居中に経年劣化することも確かです。


入居者による破壊や破損と判断されると退去時に修理費用を払わなくてはならないことが普通ですが、日焼けなど、避けられない変化は回復義務は発生しないのが普通です。


いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことが次に住む人のため、そして自分のためなのです。


何かサービスを受けた時にチップを渡す習慣は、日本にはまったくありませんが、しかし、引っ越しの時に限り、料金以外のチップの様なお金を、業者に渡している人は相当大勢いるようです。


大変な仕事を、無事に終わらせてくれた作業員にお礼の気持ちをこめて、心付けを渡したり、さらに飲み物や軽い食べ物、お菓子などを準備する人もいます。


言うまでもなく、こうしたことをする必要は全くありませんが、作業スタッフからすると、もらえるとやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。


よく質問がありますが、引っ越しの時の積み込みにかかる時間というのはその度に変わるのが普通で、一定にはなりません。


何階にある部屋なのか、荷物は何個か、実際に作業できる人数は何人か、などの条件で甚だしく異なってくるからです。


ですから、あまり当てにはならないかもしれませんが一応、一番規模の小さい、単身の引っ越しなら約30分、相当荷物の多い、家族の引っ越しであれば2時間を越えるくらいで、超高層階だの、蔵書がやたら多いなどの特殊な条件がなければ、だいたいその範囲内で済むはずです。


12:00

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++