これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年12月17日(日)
【引っ越しをするならば、ご近所】
引っ越しをするならば、ご近所への挨拶はお互いが気持ちよく生活するためにも欠かすことが出来ません。


挨拶には贈答品も必要になりますが、のしをどうすればいいのかが難しい問題ですよね。


引っ越しの挨拶は堅苦しいものでもありませんし、のしのタイプは外のしにして、表書きに「御挨拶」、のし下に「自分の苗字」を記名すれば問題ないでしょう。


アパートやマンションといった、賃貸物件から引っ越す場合、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。


大家さんや管理人さんの立場の人が部屋に入ってきて、室内の状態をくまなくチェックする訳です。


退去時の立会いが終わったらやっと退去できる身となります。


全てに当てはまるわけではありませんが、電気ガス、水道代など公共料金の清算はちゃんと済ませておくことになっていますし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。


これまでの人生の中で、引っ越しが多くない方にとっては引っ越しが人の一生の中でも一つのターニングポイントになるかもしれませんが、数々の大変な事態に陥ることも予想しておく必要があります。


どんなケースでも引っ越し当日は大変ですが、そこでたくさんのことを処理しようとしてどこかでトラブルが発生すると、引っ越し全体に関わる問題になってしまうので前日までの準備は万端にしておくことが必要です。


引っ越しの準備もいろいろとありますが新居へ運ぶか、もしくは捨ててしまうかという荷物の選択をしていくと、意図していなくても、どんどん粗大ゴミが増えてきます。


こういった粗大ゴミですが通常はゴミ収集日に持って行ってもらうことはできず、自治体のHPをみるか電話にて、処分方法を確認して指示通りに処分することになります。


粗大ゴミを残しておくと、引っ越し日に作業が増えて厄介ですから、効率よく処分を進めておくと良いでしょう。


引っ越しの準備として、忘れてはならないことの一つが引っ越し後にインターネット回線を使えるよう、プロバイダーへの移転手続きを済ませることです。


結構見落とされることが多く、引っ越しを終えて、いろいろ連絡を取ろうと思ったところで、ネット関連の手続きを見落としていたことにはじめて気づく、そんな方はどこにでもいます。


人の移動が多いときには移転手続きや工事にも時間がかかりますので、引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは抜けのないよう、早めに終わらせましょう。


04:24
2017年12月16日(土)
【どれだけの荷物をどこまで運ぶのかによって引っ越し料金】
どれだけの荷物をどこまで運ぶのかによって引っ越し料金も変わります。


引っ越しにかけるお金を節約するために、先に情報を集め、目安になる相場を分かっておく必要があるのです。


その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、相場の価格より安くかったり、サービスが充実した業者に頼むのがおススメです。


職場が変わったのでその近くに住みたい、家族が増えたり減ったりした、などの理由で人は引っ越しするのではないでしょうか。


引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものやいらない服などを一気に処分し、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。


それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、引っ越し先でも、引き続き同じものを使うようです。


毎晩使っているので服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。


引っ越しの荷物が全て積み込まれるのに、時間がどれくらいかかるかはこれは決して一定しておりません。


部屋の階数、荷物の個数、それからスタッフは何人かなど、様々な要因により極端に違ってきたりもするのです。


そのことを踏まえ、かなりざっくり言うなら、一番短時間で済むのは、荷物の少ない単身者の場合で、これが30分程、家族数が多く、荷物も多い場合は2時間を越えるくらいで、普通の一般家庭の荷物であれば、30分から2時間くらいの間で済むと思っていて良いでしょう。


引っ越しは何度も経験してきました。


いつガスを止めたら良いかとよく聞かれます。


私はできるだけ、引っ越し当日に止めてもらうようにしています。


引っ越しが近づけば、その準備で身体を動かしていますし、汗もかいているので引っ越し前夜こそ温かいお風呂をゆっくり味わい疲れを癒やすのが楽しみでした。


また、当日寒くても温かいものが飲めると、一息つけるからです。


誰でも、引っ越したなら、あちこちに届け出をして今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。


例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。


引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを知っておくことが大事です。


NTTの電話番号は、市外・市内局番と個別番号で構成されており、もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら電話番号を変える必要はありません。


04:12
2017年12月14日(木)
【忘れていませんか?引っ越しの】
忘れていませんか?引っ越しの際に準備しなくてはならないことの一つがネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。


これが盲点だったという方も多く、荷物も人も移転しているのに、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、という話は時々聞きます。


当然ながら、引っ越しが重なる時期になれば工事が数週間待ちという話もよく聞きます。


いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも早急に行ってください。


いざ引っ越そうという時に、部屋のエアコンをどうすればいいか、という問題にお困りではないでしょうか。


自分で取り外しや取り付けをするのは、知識がないと相当難しく、では、電気屋に来てもらうべきか、引っ越しの日に業者に頼めばいいのか、また、転居先での取り付けはどうするのか等々、考えることが多くて迷います。


エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで問い合わせをしてみるのも良いでしょう。


少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。


ですから、どこを利用したらいいのか正直よくわからない、ということであるなら誰もが聞けば知っているような大手業者にしておくのがまず間違いのない選択となるでしょう。


企業名で言うなら例えば、CMでも有名な、アリさんマーク引っ越し社でしょうか。


名のある大手ということで、利用する人も大変多く、仕事をそれだけやってきたということです。


ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし安全かつスピーディに、仕事を済ませてくれるのではないでしょうか。


専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によって相当変動があるようです。


どうしても春先は、学校や職場が変わるため引っ越しが増えます。


そのためどんなことをしても費用は安くなりません。


同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。


引っ越しする時期や曜日は、そう簡単に変えられないことが多いでしょう。


手間を惜しまなければ、引っ越しの総合案内サイトや業者のサイトで、数々の業者が無料見積もりサービスを行っています。


相場はどのくらいかしっかり調べ、できるだけ安くしていけると良いですね。


固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際に考え直した方が良いでしょう。


もう固定電話を使わないという話になれば別ですが、引っ越しても生活に電話回線が必要だったら、電話会社との契約、あるいは転出転入などの手続きを忘れてはなりません。


引っ越したときには契約が始まっていないと固定電話のない生活を余儀なくされますから引っ越しの多い時季には先手を打って片付けるようにするべきです。


20:06
2017年12月13日(水)
【たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで気配り】
たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで気配りが必要なのは何といっても割れ物です。


新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。


まずは上手な包み方を心がけてください。


包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、一個ずつ底から包むのが基本です。


新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくとクッションとしての役割がより高まります。


持ち手や取っ手がある器の場合は、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。


マンションやアパートですと、今ではどんな人が隣に住んでいるのか、それさえ知ることなく生活するのが当たり前のこととして受け入れられています。


そんなご時世であっても、会えば挨拶して、何かあったときにはお互いに助け合えるという仲でありたいものです。


ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは転入の際には、ちょっとしたおみやげとともに両隣に挨拶をすることがポイントになります。


家を引っ越すというのは大仕事になります。


するべきことがたくさん出てきますが、中でも必要になるのはライフラインの整備であり、特に水道を開通させることは相当重要だと考えてください。


いつ頃までに、水道を使えるよう準備できているとベストかというと、これは、引っ越し日前の忙しい時期は避けちょっと念入りに、引っ越し当日の一週間程前に水が出るようになっているなら、一番良いです。


エアコンをどうするか、というのは引っ越し時によく問題になるようです。


ですがもしも、引っ越し前の家が賃貸であるなら、大家さんや管理人といった立場の人にエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか聞いてみるべきです。


管理する人の立場からすると、次の住人がすぐに使えるので現状のままでも良い、という話に進むこともしばしばあります。


そうやってエアコンを置いていくことができればエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、幾分か費用の節約ができるでしょう。


家移りも本格的になると、結局は当日やらなければならないことが多く、一日作業に費やすでしょうから、あらかじめ終わらせておけることがあれば事前に終わらせておくことが大事です。


まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは絶対条件としても、当日使うことが予想される荷物は、運び出す荷物とは分けてすぐ使えるようにしておくと楽です。


19:54
2017年12月12日(火)
【どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変】
どれだけ引っ越しに慣れた人でも、その準備は大変なものですよね。


引っ越しを初めて経験する際には、その苦労も何倍も感じるでしょう。


引っ越しの負担を軽減するためには、まずは、引っ越しの計画が余裕のあるものなのか確認し、それを出来るだけ大ざっぱに実行することがポイントになります。


計画通りテキパキと進めていければそれが一番良いのですが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。


ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、多少計画にズレが生じても、ゆとりをもって軌道修正できると思います。


もう長い間、犬とともに生活していますから、住まいを変えることになった時には絶対に、部屋でペットが飼えるタイプのマンションをがんばって見つけるようにしています。


単にペットが飼えるマンションというだけでなく、私としては、ぜひ屋上にドッグランがあるなどちゃんと設備が整った物件であれば、嬉しいことです。


普通のマンションより家賃は高めでも愛犬と一緒に快適に日々を送りたいのです。


転勤で職場が遠くなったので、とか世帯の人数に変化があったなどをきっかけにして今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。


その際、不要になったものや着なくなった服など思い切って処分して、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。


引っ越しを機会に布団を買い換えたという話はめったになく、同じ布団を使い続ける世帯がほとんどのようです。


自分になじんでいるものなので服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。


我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。


以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。


新居に引っ越しの荷物が届けられた時、濡れて水を含んだダンボールに気付きすぐに業者に電話をしました。


原因は、洗濯機でした。


ホースの中の水が車に揺られているうちに、染みでてきて、そのまま運んできたようです。


たいした被害にはなりませんでしたが、洗濯機のホースから水を抜いておく、ということは思いつきませんでしたし次は失敗の無いようにしたいものです。


あらゆる引っ越しに関わってくる手続きに、役所への転出届と転入届があります。


先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。


そして転入先の市区町村の役所の窓口で、転入届を出すのです。


転出と転入は一体の関係なので、転出届と一緒でないと転入の手続きができないことは気をつけないといけません。


他の手続きをするためにも、転出届と転入届は欠かせないので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。


17:24
2017年12月11日(月)
【冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくの】
冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくのを忘れ、当日慌てる羽目になることもあるようです。


前日までに、冷蔵庫については庫内を空にして、電源を切っておき、下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てればあとは運ぶだけです。


そのため、冷蔵庫の中のものは全て、使い切れるように計画を立て、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。


退職して年金をもらうようになると、今までの生活が大きく変わることは確かです。


これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。


いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、生活パターンが大きく変われば、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。


今が借家や賃貸マンション、アパートのご家庭は特に家賃負担が大きくなることが予想されます。


もっと負担の少ないところに引っ越すのも今はごく当たり前の話です。


電気、水道、ガスなどと並んで、引っ越しの準備の中で忘れてはならないのが引っ越し先でインターネットが使えるかどうかです。


忘れている方も多いようで、必要な手続きは全て済んでいると思い込んでいて、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、ということになりかねません。


引っ越しが多い時期だと数週間待たないと工事ができないということもありますので、少なくともプロバイダーへの連絡は、早めにしておくのが鉄則です。


たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで緊張するのは割れ物の対応です。


その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。


ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。


ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、一個ずつ底から包むのが基本です。


包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方が緩衝効果があります。


持ち手がついているものは特に注意が必要で、飛び出たところを先に包むのがコツです。


国民年金の人が転居しますと、国民年金手帳の住所変更の手続きを行なう必要があります。


期限は14日以内となっており、転居先の役場を訪れて年金手帳の住所変更を済ませてしまいます。


手続きの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。


何かの事情で、本人が出向けない場合、委任状と代理人がいればしかるべき代理人が手続きを行なえます。


17:12
2017年12月10日(日)
【いつ引っ越しするか決まった時点で誰でも必須なのが】
いつ引っ越しするか決まった時点で誰でも必須なのが転出届を提出し、転居を公にすることです。


さほど大変な仕事ではなく、今住んでいる市区町村で役所窓口で手続きするのが一番簡単ですが、郵便で役所に送ることもできます。


受付時間に本人が役所に行けない場合、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。


転居する日の2週間前くらいから、転居届の提出ができる市区町村が多いようです。


自営業をはじめとする、国民年金加入者が引っ越しすることになっているなら、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する事務手続きを行なうことになるでしょう。


それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にてなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。


ちなみに、国民年金手帳と印鑑は必携です。


何かの事情で、本人が出向けない場合、形式に則った委任状が提出できるなら配偶者などを代理人として、手続きすることができます。


荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、とにかく最初に必要となるのがライフラインの準備でしょう。


中でも特に水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから最重要項目の一つでしょう。


いつ頃までに、水道を使えるよう準備できていると便利かというと、事と次第によるものの、引っ越しをする日に近いと忙しくなりますのでやめておきその上で、何かと困ることのないように、越してくる日から逆算して、一週間くらい前に使用できるようにしておけば、それで良いと思われます。


どんな人でも、住むところが変われば次の生活に対応するために物入りになるのはみんな同じで、引っ越しで業者を利用するにしても節約に努めたいものです。


少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。


他のサービス業でも同じですが、引っ越しの割引も人の移動が少ないとされる時期に引っ越しする際にかなりお安くしてくれるので割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。


引っ越しをして、住所が変更された場合、できれば早めに国民健康保険の資格喪失手続きと併せて、加入手続きもしておきます。


ところで、資格喪失の方は古い方の住所で、加入の方は、新住所の方で行なうことができます。


届けに必要なものは、国民健康保険証と印鑑と、もう一つ、本人確認書類にできる運転免許証かパスポートを用意し届け出に行きましょう。


同じ市内での転居であっても提出しないといけないのが、転居届ですので、注意します。


16:00
2017年12月09日(土)
【引っ越し作業が効率良くいくかどうか】
引っ越し作業が効率良くいくかどうかは、天候に左右される面が多分にあり、特に雨天時には、雨天用の梱包をする必要が出てきますし、足元が悪くなって運搬も注意深くなります。


作業を一貫して業者に任せてしまうのでしたら、業者の不備で荷物が濡れるなどの心配はないものの、雨天時の道路事情により転居先に荷物が届く時間が遅れ、終了時間がずれ込むことはあり得ます。


業者スタッフに任せず、自分で荷物の梱包を行なうのなら、特に荷物の防水には気を使いましょう。


特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから念のための備えはしておいた方が良いですね。


色々とやることの多く、時間と手間のかかるのが引っ越しです。


ところで運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、多くの業者においては荷運びだけではなく、その梱包もサービスの一つとして提示されています。


でしたら時間をとる梱包作業は業者にしてもらうことを、おすすめします。


作業に習熟したプロに任しておけば、間違いはないでしょうし、荷物の紛失や破損などがあれば梱包作業をした業者がその責任をとり被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。


引っ越しにつきものの悩みと言ったら、やはりどの業者を選ぶのかですよね。


これまで引っ越ししたことが無いならば、色々な不安もついてまわるでしょう。


個人的な話ですが、初めての引っ越しでは引っ越しのサカイにお願いしました。


他の業者にも見積もりを出しましたが、こちらが一番安価でサービスも良かったです。


従業員さんもすごく親切だったことが印象的でした。


その後の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイにお願いしています。


いつものところだと安心感がありますし、信頼感があるんですよね。


今後も引っ越しのサカイを使うことは変わらないと思います。


引っ越しにお金はあまりかけたくないという場合、頼りになる引っ越し業者といえば、赤帽以外ありません。


中でも、一人暮らしの引っ越しといった小規模のものに評価が高い引っ越し業者です。


料金が時間制なので、ご自身もドライバーと一緒に荷物を運べば時間を短縮することが可能です。


軽自動車をつかう赤帽ですが、予想以上に荷物を積むことが出来ます。


少し調べてみるとわかるのですが、引っ越しにかかるお金というのは予定外の出費なども重なり、思っていた以上にかかってしまうことがあります。


できるだけ費用を抑えたいなら、業者選びもなるべくしっかり考えた方が良いようです。


業者の料金を見ると、同じだけの荷物を積んで、同じ距離運んだとしてもそれぞれの会社によって料金体系も異なりますので、それが金額の違いになります。


そういった、料金の差を知りたいという人にとって役立つのが、引っ越し料金の一括見積もりサイトです。


サイトを訪問して必要事項を打ち込み、申し込みをするだけで数社からの見積もりを比べて検討ができるので、とても役に立つでしょう。


14:06
2017年12月08日(金)
【住むのに手狭になってきたマンションを引き払い、家】
住むのに手狭になってきたマンションを引き払い、家を買うことにしましたが、購入の契約を結ぶ時に実印と印鑑証明がいることをまったく、知らずにおりました。


登録は一応していました。


親が代わりにやっておいてくれました。


しかし、今度買う家がそれまでと違う市になりますので、転居先の市で役所に赴き新しく印鑑登録の手続きが必要になります。


それを知って、急いで登録に行きましたが忙しかったです。


こういう手続きは余裕を持って行いたいですよね。


荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、まず必要性が高いのがライフラインを整えることで、中でも水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから相当重要だと考えてください。


そうすると、いつ頃水道を使えるようにしておくと便利かというと、事と次第によるものの、引っ越し日前の忙しい時期は避け余裕をもって、転居当日の一週間程前の辺りに水が出るようになっているなら、一番良いです。


賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。


大家さんや管理人さんの立場の人が部屋に入ってきて、部屋の隅から隅までチェックしてきます。


これを終わらせたら、晴れて退去、となるのです。


場合により、多少の違いはあるにしても、電気ガス、水道代など公共料金の清算は済ませておくのが常識ですし、鍵は、作ったスペアも入れて全て返却しないといけません。


引っ越しの準備はいろいろありますが、絶対欠かせないのは転出届を提出し、受理してもらうことです。


この転出届、現在住んでいる市区町村で役所に出向き、窓口で手続きできますが、また、郵送での受付も行っています。


忙しくて、役所の受付時間に間に合わないという場合は、代理人が提出することも、委任状を出せば可能です。


転居する日の2週間前くらいから、転居届の提出ができるようですので、確認してください。


どちらかといえば、引っ越しが多いほうです。


そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。


何度引っ越ししていても、引っ越しの前には体力も使いますし、汗もかくため引っ越し前日の夜ともなれば温かいお風呂にじっくり入ってそれまでの疲れを癒やしたいと思うからです。


引っ越し当日も、作業の合間に温かいものが飲めるとずいぶん癒やされるものです。


13:54
2017年12月07日(木)
【荷物の量や移動距離の違いで引っ越し料金も変わ】
荷物の量や移動距離の違いで引っ越し料金も変わります。


引っ越しにおける金銭的な負担を減らすためにも、実際に動くより前に、出費の大体の目安を付けるために相場を理解すると良いでしょう。


こうして、業者の見積もりを比較検討した上で、相場より安価でサービスの良い引っ越し業者を見付けるのが良い方法だと思います。


多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、気配りが必要なのは何といっても割れ物です。


万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。


包み方にもコツがあります。


包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うと緩衝材として役に立ちます。


持ち手がついているものは特に注意が必要で、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。


引っ越しをする場合、アート引越センターを選びましょう。


複雑な準備作業も予定通りに終わらせることができます。


荷造りのための段ボールの用意や家具の運送などなど、引っ越しに関わる全てのことをお手伝いしてくれます。


重たくて大変な家具や荷物の運搬もきちんと対応してくれますから安心ですし、当日もトラブルなく引っ越しを完了することが出来ると思います。


大抵の引っ越しでは、意外なほど多くの不用品が出てくるものですが、これらの品をサービスとして買い取る、引っ越し業者が増えており、大変な人気を呼んでいます。


大きな家具やゴルフ道具一式、ブランド品の数々や、それからソファーとかの応接セットなど、引っ越しによって出てくる不用品は、いろいろあります。


種類が多い場合は、不要品の買取を本格的に行う方針の業者を選んで利用すると、査定がしっかりとしていますし、品物の種類ごとに買い取り先を探さなくて済みますね。


一番最近の引っ越しは結婚したときですが、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。


自分にとって、業者に依頼した引っ越しを初めてすることになり、電話では本当に緊張していました。


しかし、どのスタッフの方も対応も作業も終始丁寧に行っていただいたので、信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。


また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときもヤマト運輸を利用したいと思います。


13:48

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++