これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年07月24日(水)
【個々で引っ越しのやり方は異なりますが、全てを業】
個々で引っ越しのやり方は異なりますが、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。


しかしそうであっても、少し大きめの家具や、重量のある家電が運搬される時には、作業を近くで見ておくべきです。


引っ越し業者の人が、もしもそういった荷物の運搬中に壊したり、傷をつけたりすると、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。


ただ、傷が確実に引っ越しによってついたものだと主張しないといけないからです。


何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。


単身世帯の引っ越しでは、引っ越しサービスも通常のパックではなく、引越し業者の単身世帯をターゲットにしたサービスを探していくと予算面ではかなりお得です。


専用のコンテナを使い、荷物を収めるというパックが多いので荷物が少ない人しか使えないという先入観をもたれますが、結構多くの荷物が収まるものです。


コンテナに荷物が入りきれないならば、同じ業者の宅配サービスを利用してください。


出来るだけ引っ越しの負担を少なくしたい方は、アート引越センターならば、引っ越し作業も順調に終わらせることが出来ると思います。


必要な分の段ボールや引っ越し当日の家具の梱包や運送まで、すべての引っ越し作業に関してお手伝いしてくれます。


重たくて大変な家具や荷物の運搬も誠実に対応してくれますから安心して任せられますから、当日も計画通りに転居先に移ることができます。


引っ越しの予約を入れておきながら、直前になってキャンセルをすると、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。


通常、見積もりオーダー時、キャンセル料が発生する条件について客に説明をする義務があります。


けれども、書面だけでの説明となると書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、引っ越し作業の予約をする前に、念のためキャンセル料についての詳細を聞いておけば、間違いがないでしょう。


これまでの人生の中で、引っ越しが多くない方にとっては引っ越しが人の一生の中でも転換期になり得るわけですが、思いもよらないトラブルに巻き込まれることも想定しておいた方が良いです。


引っ越し当日はみんな忙しいのに、いろいろな仕事が集中したときにどこかに番狂わせが起きると、全体の予定が狂ってしまうこともあるのでくれぐれもスケジュールには余裕を確保しておきましょう。


09:06
2019年07月23日(火)
【子供が生まれる前の事、夫婦二人暮】
子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時に新しく購入したマンションに、引っ越すことにしたのでした。


さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、大型の、重いテーブルに取り掛かった時、分解できるはずなのに脚が全く取り外せず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、追加料金を請求されてしまいました。


できれば事前にどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。


引っ越し作業の予約を、あらかじめ入れておいた場合は、1日、2日前になって急にキャンセルしてしまうと、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。


見積もりを見せる時には、どういった時にキャンセル料金が発生するかを客に説明をする義務があります。


ところが、口頭でなく書面で示されると書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、予約を入れる前にキャンセル料に関しても尋ねておくべきではないでしょうか。


一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートではどんな人が隣に住んでいるのか、それさえ知らなくても生活が成り立つことが常識になっているようです。


とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、切羽詰まったときには気軽に助けを求められるくらいの関係はあってもいいのではないでしょうか。


お隣さんといい関係を作るために、取りかかりとしては転入したらできるだけ早く、おみやげを持ってお隣に顔見せの挨拶をしましょう。


もう長い間、犬とともに生活していますから、転居の時にはどうしてもペット可のマンションでないと困るので、意地でもどうにかして見つけるよう、頑張ってます。


単にペットが飼えるマンションというだけでなく、なるべくなら、ドッグランが屋上にあるなど設備の整った物件であれば、嬉しいことです。


少々家賃が高めでも、ペットと一緒の生活を続けたいと考えます。


アパートなど、賃貸の部屋から引っ越す時は、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。


大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、部屋の隅から隅までチェックしてきます。


これを終わらせたら、やっと退去です。


全てに当てはまるわけではありませんが、水道ガス電気など、公共料金の支払いはきちんと済ませておかないといけませんし、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。


06:30
2019年07月22日(月)
【引っ越しプランは人それぞれながら、中には梱包、運】
引っ越しプランは人それぞれながら、中には梱包、運搬全てを業者に任せる向きも多いです。


ですがそうして任せてしまうにせよ、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。


作業しているスタッフがもし、大きな荷物を運んでいる間に落として壊したりしてしまった場合には、業者は補償を行なうことになっているわけですが、確実にその傷が引っ越しによるものなのかどうか主張しないといけないからです。


何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。


大半の世帯では、引っ越しの際にライフスタイルに関わる様々なことを再度見直すことになりますが、このまま続けてNHK受信料を払うかという点も考えるきっかけになります。


最近では、引っ越し先にテレビがないケースもあるでしょう。


継続して受信料を払う必要もなくなるので、口座からの引き落としやカード払いならばそれを解除し、NHKに解約手続きを申し込むことをぜひ検討してください。


夫婦二人で暮らしていた頃に新築のマンションを買ったので、転居を決定しました。


その引っ越しの日の作業中、大型の、重いテーブルに取り掛かった時、分解できるはずなのに脚が全く取り外せず、分解はやめて、形のまま運んでもらいました。


すると、びっくりするような値段ではありませんでしたが、追加料金が発生してしまいました。


見積もりを出してもらった段階で追加料金が発生する可能性や、その条件について、尋ねておけば良かったと思います。


先日の引っ越しで、見積もりを出してもらったとき、そのときの対応が今でも気になっています。


荷物の中に液晶テレビがあったので、それだけ別に専用の保険があると言うのです。


問題になったのは40型の液晶テレビで、購入したときの価格が30万円以上の品は、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。


どうしようもないので、1500円くらい払って保険をかけました。


この対応はどこでも同じなのかまだ引っかかっています。


賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。


部屋を管理する立場の人が部屋に入り、破損などがないか細かくチェックします。


これを済ませてやっと退去です。


場合により、多少の違いはあるにしても、各種公共料金については、清算を当然済んでいなければなりませんし、それに、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。


03:00
2019年07月21日(日)
【引っ越しには慣れていると思います。どのタイミングで】
引っ越しには慣れていると思います。


どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、今までは、引っ越し当日に解約することが多かったです。


引っ越し直前というのは、何のかのと体力を使っているので引っ越し前日の夜ともなればゆっくりとお風呂に浸かって翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。


引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めば一息つけるからです。


この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、購入の契約を結ぶ時に印鑑証明書(及び実印)がいるのをまったく、知らずにおりました。


印鑑登録申請については、親が済ませていてくれていたのですが、市を越境して引っ越すことになるため、引っ越し先の市役所とか出張所にて新しく印鑑登録の手続きが必要になります。


仕方がないのでバタバタと登録しに行って大変慌ただしい思いをしました。


待ちに待った年金生活ですが、生活の大きな変化を余儀なくされます。


この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。


いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、これまでの生活から年金生活に入ることによって、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。


とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと家賃負担が大きくなることが予想されます。


これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも選択肢の一つでしょう。


収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を過ごしている方にとっては、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは荷造りが終えられるかどうかです。


ものの多さの余り、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったら引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、引っ越しを一つのきっかけにして捨てることを楽しめればきっと楽になるでしょう。


全ての人にとって引っ越しの際にはダンボールを使うわけで、業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。


そんなときにも、スーパーなどに行くとダンボールは無料で分けてくれるものです。


サイズが整わないのは仕方ありません。


荷物を詰めたダンボールを多数積み重ねて運ぶことになるので、サイズが揃っていないと搬出で積み重ねるとき注意してください。


02:12
2019年07月19日(金)
【引っ越しで、細かいものの荷造りは大変】
引っ越しで、細かいものの荷造りは大変ですが、どの世帯にもある食器は特に面倒です。


お皿やグラス類は割れ物なので、包み方や詰め方を一歩誤ると運搬中に破損する危険性が高まります。





繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。


繊細なガラス製品は、内側に新聞紙を詰めてから外側を包み、業者に用意してもらった専用の箱に入れるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば相当気持ちは楽になります。


転居すると、いろいろな方面に届け出ますが結果として変更を迫られることもあります。


例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。


最寄りのNTTに連絡して、引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを知っておくことが大事です。


NTTの電話番号は、市外・市内局番と個別番号で構成されており、もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら電話番号の変更はありません。


エアコンをどうするか、というのは引っ越し時によく問題になるようです。


ただ賃貸住宅の場合、退去時に、管理をしている大家さんか管理会社の担当者にエアコンは今のまま設置して、置いて行きたい、それが可能か知りたいと聞いてみるのが良いです。


管理側から見ると、エアコンを残して行ってもらうと、次の入居者がすぐそれを使うことができますから、現状のままでも良い、という話に進むこともしばしばあります。


こんな風にエアコンを置いていけると取り外し工事の料金がかからなりますから、引っ越しにかかる費用を少し削減できます。


自分は単身世帯の引っ越しだったので、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、後の細かいものは自分たちで動かし、お金を節約しました。


荷物の移動が一段落したところで、市役所に転入届を出しに行きました。


どうしてもばたばたするものですが、誰かがどこかで助けてくれて感謝の一言です。


挨拶まわりもしてきました。


まだ片付けはたくさん残っていますが、がんばるしかありません。


荷物のすごく多い、大家族ですので、引っ越しの作業は、ほぼ全てを業者にやってもらっています。


しかし、毎度ながら迷うのですが、いつどこで心付けを渡すべきなのでしょうか。


お仕事に対する料金は、もちろん支払うわけですけれど、朝から夕方までかけて、大きな仕事をこなしてくれた、働き者の皆さんに、自然に感謝の気持ちが湧きあがってきます。


おつかれさま、とペットボトル一本と作業してくれた各々に千円を手渡しておりますが、よそのおうちではどうされているのか、知りたい気持ちがあります。


23:54
2019年07月18日(木)
【ライフスタイルが変わっておそらくNHKは見】
ライフスタイルが変わっておそらくNHKは見なくなるだろうと思われ、受信契約を打ち切ろうとすると、自宅に受信できる機械がないことを証明する手続きも要求されて、意外と手間がかかるものです。


しかも、受信料が自動引き落としになっていれば手間暇かけた解約手続きの間にも全くNHKを見ていなくても受信料は払うことになるので、決めたら少しでも早く、解約に着手するしかありません。


この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、クローゼットのあらゆるものを引っ張り出してみたところ、ここまでいらないものばかりだったかと呆れかえりました。


とりわけ服は長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。


結果として、引っ越しをきっかけに今までためこんでいたものを捨てられて、自分の持ち物も、自分の心もかなり身軽になれました。


住民票の移動と連動する手続きの代表が運転免許証の住所変更届です。


いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので住所変更の申請も、早めに済ませましょう。


転入した先の警察署で、交通課に運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。


住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を窓口受付時間内に提出し、届を書いて出すだけで記載事項の変更ができます。


何かをサービスを受けてそれに対してチップを渡す、という習慣はまったく馴染みがありませんが、しかし、引っ越しの時に限り、料金以外のチップの様なお金を、業者に渡している人は多いです。


素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に感謝と労りの気持ちを表すために、お金を手渡したり、あるいは飲み物、軽食などを用意する人も多いです。


ご存知の通り、差し入れも心付けも、必要ないものですが、作業スタッフからすると、もらえるとやはりとても嬉しいもののようです。


新居に移ってちゃんとした生活を始めるためには、ライフラインをまず整えておく必要がありますが、これに加えて転居当日からネットも使えるようにしておきたいものです。


もし、今現在契約している内容に満足していないのであればこれを機に解約してしまうと良いのでしょうが、現状で十分と考えているなら、プロバイダとの契約は続けて住所変更などの手続きを行ないます。


転居先で今までのプロバイダが利用できないこともあるため、確認は必要です。


もし、引っ越し先にまったくネット環境がなかったりした場合は工事などをすることになります。


そういったこともあらかじめ、考えておくと良いでしょう。


23:36
2019年07月17日(水)
【大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運】
大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、ふと、落下させたり、こすって傷つけたりしないか、心配して見ています。


もし、落下させて完全に壊してしまった、なんていう事態になったら困りますので、可能な限り、丁寧な仕事をしてくれそうな業者を選びたいと思っています。


引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、それもあってか、目の前で荷物を荒く扱われた、という経験はないです。


とはいえ、引っ越し時には荷物の破損があった場合、補償する仕組みもあり、引っ越しは自分で運んだりするよりも業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。


引っ越しの際の出費について、思っていたより高い、と感じる人が多いのはエアコンを取り外したり、設置したりする工賃です。


エアコンの設置や取り外しは、専門知識のない人にとっては大変難しいので、必ず専門業者を呼びます。


なので、エアコン取り付け工事一台に約一万円ほどかかるようです。


もし、エアコンの工事も引っ越し作業としてサービスでついている場合は安くなるはずですが、エアコンの設置について何も考えていなかった場合は、専門の業者に取り付け工事をしてもらうか、新しい物を購入して、店の人に取付工事と古い物の引き取りを頼むかどちらが安く済むか、また手間がかからないか、十分検討するべきです。


やるべき事が、次から次と出てくるのが引っ越しです。


必要な手続きもいろいろとありますが、まず必要性が高いのがライフラインを整えることで、中でも水道は、とにかく水洗トイレが使えるようになりますし引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。


いつ頃までに、水道を使えるよう準備できていると便利かというと、事と次第によるものの、引っ越し日前の忙しい時期は避けその上で、何かと困ることのないように、越してくる日から逆算して、一週間くらい前に使えるようにしておくことができれば、安心です。


自営業をはじめとする、国民年金加入者が転居を行いましたら、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する手続きを行なう必要があります。


引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場ですみやかに手続きを行います。


手続きの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。


もし、本人が役場まで行けないのであれば、形式に則った委任状が提出できるなら代理人による手続きが可能となります。


待ちに待った年金生活ですが、生活の大きな変化を余儀なくされます。


思い切って、環境も変えてみませんか?いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、生活そのものが大きく変わるとすると、合わない点が徐々に現れるかもしれません。


今が借家や賃貸マンション、アパートのご家庭は特におそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。


もっと負担の少ないところに引っ越すのも賢明な選択だと言えます。


23:36
2019年07月16日(火)
【特に、引っ越しに慣れていないような人にとっては、費用】
特に、引っ越しに慣れていないような人にとっては、費用がどれくらいかかるかというのはやはり気になりますね。


ですが、インターネットを利用することですみやかに調べ出すことが可能です。


同時に多数の業者から各々の見積もり額を提示してもらえるサービスサイトもあり、引っ越し業者はどこがいいのかなかなか決められないでいるなら一括で見積もりのとれる便利な比較サイトを参考にしてみましょう。


ご自分の車がある方は、引っ越しのとき車も住所変更の届を出さなくてはなりません。


ナンバープレートが変わるのは面倒だと疑問に思うでしょう。


引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、引っ越した先がどこの陸運局の管轄かで分かれます。


引っ越す前の居住地と同じ管轄内ならばナンバープレートはそのままで良いのですが、陸運局の管轄地域が異なる場合、ナンバープレートも変更しなくてはなりません。


引っ越しの荷作りをしているときにぎっしり詰まっていたクローゼットの中身を全部出してみると、使わないものをためこんでいたことがわかって自分に腹が立ちました。


特に服は長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。


結果として、引っ越しをきっかけにいろいろなものを整理して処分し、自分の持ち物も、自分の心も余計なものがそぎ落とされました。


どんな人の引っ越しにも、必ず関わってくる手続きに、各市区町村へ、転出届と転入届を出すことがあります。


転出する市区町村の役所で手続きすると、転出届を発行されるので、転入する市区町村の役所でそれを提出して、転入届を出さなくてはなりません。


当然ですが、転出届がないと、引っ越し先で転入届を出せないことにも気をつけた方が良いです。


これを忘れると他の手続きも進まなくなるので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。


複雑な引っ越しの作業にお悩みの方は、アート引越センターに作業を依頼すると、順調に終わらせることが出来ると思います。


必要な分の段ボールや引っ越し当日の家具の梱包や運送まで、引っ越し作業をサポートしてくれると思います。


重たくて大変な家具や荷物の運搬も信頼してお願いできますので、予定通りに引っ越せますから、もし引っ越し業者でお悩みの方は、アート引越センターを検討してみてはいかがでしょうか。


20:42
2019年07月15日(月)
【就職で都会に出てきて一人きりの賃貸生活をすることにな】
就職で都会に出てきて一人きりの賃貸生活をすることになった時は、荷物と言えるような荷物もあまりなく、考えた挙句、クロネコヤマトの宅配サービスを使って引っ越しを済ませました。


荷物なんて、ダンボールほんの数個で、トラック借りて運送したりするより、もっと格段に安く済みました。


かさばる寝具のようなものは後から新しく買うことにしていましたからこうした方法での引っ越しも、可能だったのでしょう。


賃貸の物件から引っ越す場合には、原状回復しなくてはいけないことになっています。


その一方で、住宅は必ず経年劣化しています。


入居者が壊したことが明らかとされれば退去時に修理費用を払わなくてはならない可能性が大です。


壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは修理費用を請求されることはありません。


賃貸の場合、住宅を傷つけないように暮らすのが無難な道だと言って良いでしょう。


同じ町内など、引っ越し先が近い場合は業者の手を借りずに引っ越しすることは可能です。


やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを新居に運ぶようにします。


少量ずつであっても、何日もかけますから自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。


大型家具などは、さすがに自家用車では無理なので、トラックを一日レンタルして、効率よく運び込んでしまいます。


このやり方ですと、引っ越しに掛かる支出はかなり安くできます。


大手の引っ越し業者の一つであり、全国どこでも高い評価を得ているのが印象的なCMで知られる引っ越しのサカイです。


支店の数は全国170社以上に及び、自社の保有車は3500台超で、一般家庭の引っ越しでも、大手の強みを生かしたサービスを期待できます。


幅広いニーズに応えられるよう、スタッフの仕事も一定の水準を保っているのでどの世帯の引っ越しも安心して任せられます。


自分の引っ越しでは、大きい家具の移動は業者に依頼しましたが、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。


ものの移動だけ終わらせて、市役所に行って住民票の移動も終えてきました。


いろいろなハプニングもありましたが、力を貸してくださる方もたくさんいて、人のありがたみを知りました。


ご近所への挨拶も済ませ、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。


20:12
2019年07月14日(日)
【引っ越しの際には何かとお金が要る】
引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、業者の選び方で必要な出費が左右されます。


出来るだけ無駄な出費のない業者を選びたいものです。


必要な料金が少しくらい高い業者でも、引っ越しの時に出たゴミや不用品を回収してくれるオプションサービスを実施しているところもありますから、実際に引っ越しする時には、複数の業者の見積もりとサービスオプションの内容を確かめてから判断するのが合理的でしょう。


最近では、だいぶん廃れてしまったようですが、引っ越しをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といった古くからおこなわれてきた習慣があります。


元々は、ソバの形状に掛けて「細く長く」お付き合いをと縁起をかついだのと、この度、お側(ソバ)に越してきた者ですなどとダシャレも込めつつ引っ越してきてご近所となった人々に、振る舞ったり、配ったりしたものだと言われています。


人や家により、引っ越し作業の規模は違ってきます。


例えば全部の作業を業者に頼むことにすると、楽で良いのですが、人手も手間も要るので高くつきます。


運ぶ荷物があまりない、単身の引っ越しは、そうした状況に適したサービスがありますから、それを利用しましょう。


それだけでもう、引っ越しに必要な支出をかなり抑えることができますし、浮いた分を新生活のために割り当てるようにしましょう。


住環境を快適に保つということは、住居の中だけとは限りません。


良好なご近所関係も住環境の一部です。


その第一歩として、引っ越しの時の挨拶はその日のうちに済ませるべきです。


必ず、何か手土産を持って伺うのが良いでしょう。


簡単な挨拶と、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、とにかく好印象を与えるよう努めましょう。


出会った時の印象は、お互いに強く残るものです。


同じ町内など、引っ越し先が近い場合は業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。


やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらをコツコツ新しい住居に運んでしまいます。


少量ずつであっても、何日もかけますからあまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。


大型家具などは、さすがに自家用車では無理なので、トラックを一日レンタルして、効率よく運び込んでしまいます。


こうすると、引っ越し費用は大幅にコストカットできるはずです。


19:36

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++