これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年11月21日(木)
【学校を卒業した直後、二部屋の賃貸を友達と一緒に借り】
学校を卒業した直後、二部屋の賃貸を友達と一緒に借り、住んでいた時期がありました。


当時のアパートは、どこでもペット不可で友達のところに猫がいたので猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。


不動産屋さんも何軒か回ってペット可の物件を探し当てました。


すぐに入居でき、猫のためにも本当に良かったです。


自分は単身世帯の引っ越しだったので、大きい家具の移動は業者に依頼しましたが、他は自分たちの車で移動しました。


そうした荷物の移動を終えた後で、転入届を市役所で出してきました。


どうしてもばたばたするものですが、力を貸してくださる方もたくさんいて、嬉しい誤算でした。


両隣にも挨拶に伺いました。


やることはまだまだたくさんありますが、がんばります。


我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。


少し前に転勤により、引っ越しをしました。


新居に引っ越しの荷物が届けられた時、濡れて水を含んだダンボールに気付きすぐに業者に電話をしました。


ダンボールが濡れていたのは、洗濯機のホースから出た水だったようでそれが漏れて出てきて、箱を濡らし、そんな状態で荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。


荷台まで水は流れていきませんでしたから、特に害も無かったのですが、洗濯機のホースから水を抜いておく、ということは思いつきませんでしたし次は失敗の無いようにしたいものです。


家の中にあるものを引っ越しの時に見直すため、仕分けの結果、不要になるものもあります。


処分に頭を悩ませてしまいますよね。


こんな時に朗報があります。


引っ越し業者が行っている、不要品引き取りサービスです。


大型家具など、業者の中には粗大ゴミにすれば処分にお金がかかるものをリサイクルということで無料で引き取ることもあります。


必ず調べてみましょう。


大きな荷物の運搬を行なう際に、どうしても気を付けたいことは、大型家具、家電などにはなるべくダメージを与えないようにしましょう。


せっかくの新居ということで購入したおしゃれな家具などは、毛布を巻いたり、市販の緩衝材なども使用して用心深く運ぶようにしたいものです。


新居にピカピカの家具、となるとワクワクしますが、運搬時に傷だらけにしてしまったら、誰だってガッカリしてしまうでしょう。


21:48
2019年11月20日(水)
【新しい住居に越してくる際、扱いに少々気を付けておきた】
新しい住居に越してくる際、扱いに少々気を付けておきたいのは洗濯機、というのは間違いないでしょう。


洗濯機は、毎日大量に水を使う家電であり、十中八九、水道の近くに設置されることになります。


そういった場所にある洗濯機のまわりは、湿気がたちこめ、そして、そうそうあることではありませんが、洗濯機の排水溝から水があふれることもあり、湿気対策の換気、それから水漏れの対策をしっかり行うようにします。


もしも引っ越して、住まいの住所が変わったら、なるべく早く、国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きが必要となっております。


資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、加入手続きの方は、引っ越し先の住所で行うことができます。


届けに必要なものは、国民健康保険証と印鑑と、加えて、運転免許証など本人確認書類を用意して手続きに行きましょう。


同じ市内での転居であっても転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。


一人暮らしの方が引っ越しすると新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。


ロフトなしワンルームであれば、広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。


それに、業者がベッドを移動するとき、新居の入り口からベッドを入れられないなどの問題も起こるものです。


引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を決断するのも意外と楽かもしれませんよ。


賃貸契約で住んでいたところから引っ越しする際、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。


特に何かメリットがあるとは言うことはできませんけれど、大家さんも気を悪くすることはないでしょうし、それが敷金返還のことなどに影響することも、あるいは考えられるでしょう。


ところで、お掃除をするなら、落とすのが難しい汚れだったり大きめの破損については、あきらめて、それ以上触らないようにしましょう。


あれこれいじり倒すと、余計に悪くなることの方が多そうです。


出来るだけ引っ越しの負担を少なくしたい方は、ぜひアート引越センターの利用を検討してみて下さい。


こちらであれば複雑な準備作業も滞りなくすすめることができます。


荷造りのための段ボールの用意や家具の運送などなど、引っ越しが完了するまでありとあらゆる作業を支えてもらえます。


重たくて大変な家具や荷物の運搬もきちんと対応してくれますから安心ですし、滞りなく新居へ移ることが出来るでしょう。


21:48
2019年11月19日(火)
【多くの場合、引っ越しでかかる諸々の費用のうち、結構】
多くの場合、引っ越しでかかる諸々の費用のうち、結構な比重を占めるものは実は、エアコンの取り外しや、設置の工事にかかる費用なのです。


エアコンを取り付けたり、外したりするのは、専門家の仕事になりますので、エアコン取り付け工事一台に一万円くらいはかかるのが普通です。


もし、エアコンの工事も引っ越し作業としてサービスでついている場合は安くなるはずですが、業者は単にエアコンを運ぶだけ、という場合は、どこか他の専門業者に取り付けの工事を依頼するか、新しい物を購入して、店の人に取付工事と古い物の引き取りを頼むかよく考えてから、判断しましょう。


自分は単身世帯の引っ越しだったので、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、あとのものは自分たちで運びました。


荷物を全部移動させたところで、市役所で転入の手続きをしてきました。


いろいろなハプニングもありましたが、力を貸してくださる方もたくさんいて、本当にありがたいことです。


ご近所への挨拶も済ませ、まだ片付けはたくさん残っていますが、がんばるしかありません。


引っ越しの準備として、忘れてはならないことの一つが引っ越し後にインターネット回線を使えるよう、プロバイダーへの移転手続きを済ませることです。


これが盲点だったという方も多く、必要な手続きは全て済んでいると思い込んでいて、肝心のネット回線が通じていなかった、という話は時々聞きます。


人の移動が多いときには開通に数週間かかることも珍しくありません。


引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは早く終わらせて損はありません。


引っ越しの荷造りで大変なものといえば、食器は数も多く、とても面倒です。


その多くを占める割れ物は、包み方や詰め方を一歩誤ると運搬中に破損する危険性が高まります。





近頃、薄いガラスの食器が人気を集めています。


そういう食器の場合、内側に丸めた新聞紙を入れてから外側から包み、特別な箱に詰めるなど、何重にも注意をして荷造りしておくとどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。


どんなケースであっても、引っ越しの前に最優先しなければいけないのは転出届を市区町村役場に提出することです。


これは、今住んでいる市区町村で手続きします。


役所に出向き、窓口で手続きできますが、郵送で送ることもできます。


転居する本人が忙しく、手続きに行けない場合は、委任状を添えれば、代理人が提出しても問題ありません。


この手続きは、転居する2週間前くらいからできる市区町村が多いようです。


21:36
2019年11月18日(月)
【引っ越しも一家で行おうとすると、】
引っ越しも一家で行おうとすると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。


一日作業に費やすでしょうから、引っ越し当日の前にできそうなことは済ませておけば安心できます。


まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは絶対条件としても、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、荷物の中でも目立つようにして、取り出しやすく、片付けやすくしておかなければなりません。


自分の引っ越しでは、大きい家具の移動は業者に依頼しましたが、あとのものは自分たちで運びました。


荷物を全部移動させたところで、市役所に転入届を出しに行きました。


いろいろなハプニングもありましたが、いろいろな人が手をさしのべてくれて嬉しい誤算でした。


どうにか当日中にご近所に挨拶して、手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。


新しい住居が決まり、いつ引っ越しをするかも固まってきたら、次はぜひ簡単に、引っ越しまでの大まかなプランを立てておきたいところです。


荷物の梱包などを極端に早く開始すると生活を送るのに不便を感じるようになりそうですし、あまりスローペースだと、予定に間に合わなくなることも考えられます。


順番としては、今現在の生活で特に必要としないものから始めて片付けていけばきっと間違いはないでしょう。


引っ越し作業に手間取るという場合は、アート引越センターならば、引っ越し作業も順調に完了できるでしょう。


段ボールの準備から家具の梱包や搬送まですべての引っ越し作業に関して支援してくれます。


重たくて大変な家具や荷物の運搬も誠実に対応してくれますから安心して任せられますから、当日も計画通りに引っ越しを完了することが出来ると思います。


何かサービスを受けた時にチップを渡す習慣は、日本にはまったくありませんが、しかし、引っ越しの時に限り、料金以外のチップの様なお金を、業者に渡している人は意外と多いです。


引っ越し作業という大仕事をしてくれるスタッフにお礼の気持ちをこめて、心付けを渡したり、また、ペットボトルの飲み物や食べ物を渡す場合もあります。


ご存知の通り、差し入れも心付けも、必要ないものですが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしても素直に嬉しいし、正直助かる、ということです。


20:36
2019年11月17日(日)
【引っ越しで、プロの手を借りずに、】
引っ越しで、プロの手を借りずに、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合はまずは荷物を少なくすることを考えます。


一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、詰め込みやすくするための工夫をします。


大きすぎないダンボールを使って荷造りをしたり、われものなどは、シワになってもいいTシャツにどんどん包んでいく、こんな風にして、包み紙の使用を防いで、その結果、荷物の嵩が減って一緒に衣類も運べるという、チョイ技になっています。


こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。


引っ越しをお考えの方にとって一番気掛かりなのは、やはりお金でしょう。


ですが、業者によっても必要な出費が左右されます。


多くの引っ越し業者がありますから、その中でも自分にとってベストな業者を選択しましょう。


必要な料金が少しくらい高い業者でも、荷造りの際のゴミを引き受けてくれるようなサービスを行っている所もあるようです。


ですから、引っ越しを考えた時には、いくつかの引っ越し業者の見積もりとセットのサービス内容と合わせて検討してみるのが良いでしょう。


先日引っ越したのは良いのですが、準備で本当に疲れてしまいました。


転居前はマンション暮らしだったこともあって引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。


けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。


業者さんに頼まなかったものは何日もかけて台車を借りて運び出し、新居へと持っていったのです。


台車一台で、よくも運んだものです。


引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら業者からレンタルできる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によって衣類の梱包がだいぶ楽になりそうです。


こういうケースがないと、普通のダンボールに衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこうした運送専用の衣装ケースを使うことができればハンガーのままケースにかけていって、荷造りを完了させられます。


転居先に着いたら、ケースから取り出してダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。


引っ越しにまつわる諸々の料金について、いくら位になるか金額の目途がつかないと、かなり気になってしまうものです。


とはいえ、今日日、それくらいのことはインターネットを利用するとすぐにわかるでしょう。


いくつもの引っ越し会社からいっぺんにざっくりとした見積もりをもらえるようなサービスもありますから、引っ越し業者の選択に迷って目星をつけることもできない、という場合は一括で見積もりのとれる便利な比較サイトを見て、利用してみると費用面の不安が軽減されるでしょう。


16:42
2019年11月16日(土)
【あらゆる引っ越しに関わってくる手続き】
あらゆる引っ越しに関わってくる手続きに、役所への転出届と転入届があります。


先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。


そして転入する市区町村の役所でそれを提出して、転入届を出して転入手続きをします。


転出届と転入届はセットであり、転出届がなければ転入届の提出もできないことに要注意です。


これを忘れると他の手続きも進まなくなるので手続きは速やかに終わらせるのが賢明です。


今の家に私たちが引っ越したとき、1歳の子供がいました。


話すことはできなくても今までの環境と違うことは感じているもので勝手が違うことに戸惑っているようでした。


子供のものも知らぬ間に増えていたので片端から仕分けて捨てることになりました。


仕分け作業のときに母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。


長い時間、犬と一緒に暮らしてきています。


ですから、住むところを変える際にはどうしてもペット可のマンションでないと困るので、意地でも毎回苦労しつつ、探しているのです。


そして、ただのペット可マンションではなく、ドッグランや犬用の水飲み場といったようなしっかりした設備が揃ったマンションが望ましいと考えています。


設備にお金がかかるせいで、家賃が少々アップしたとしても犬との生活は譲れません。


夫婦二人で暮らしていた頃に新しく購入したマンションに、引っ越しが決まりました。


引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、大きなテーブルがあって、取り外し可能な脚がなかなか取り外せず、あきらめて、そのまま運んでもらったのです。


そうしたら、不当な値段などではなかったと思いますが、少々腑に落ちない追加料金を支払いました。


事前に、例えば見積もりの時にどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。


専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によってかなり異なってきます。


最も引っ越しが多いのは、学校や職場が変わる春先で、この時期はどんなことをしても費用は安くなりません。


当然ながら、土日とか祝日の引っ越しも高額の設定をされています。


いくら割高でも、引っ越しする日は変えられないことが多いものです。


インターネットで検索すれば、引っ越しの総合案内サイトや業者の比較サイトがあり、業者からの見積もりを無料で出してもらうことができます。


相場はどのくらいかしっかり調べ、一円でも費用を安くしていきましょう。


16:12
2019年11月15日(金)
【まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で生活していました】
まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で生活していました。


当時のアパートは、どこでもペット不可で猫と一緒に住みたい友達は猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。


不動産屋さんにも何度も問い合わせてペット可の物件を探し当てました。


引っ越しもすぐに済ませて私たちも猫も満足できるところに住めました。


就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、おおざっぱで構いませんので、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。


新居に運ぶ荷物の梱包などを、あまりにも早々にスタートさせると今の生活に支障が出てくる可能性がありますし、遅すぎる場合はバタバタして新生活に障ります。


順番としては、今現在の生活で特に必要としないものから始めて梱包していけば無駄なく進めていけるはずです。


引っ越しをする場合、費用がいくらかかるのか気になりますよね。


でも、業者の選び方で出費を抑えることが出来ます。


ですから、出来るだけお得な引っ越し業者を選びたいものです。


たとえ費用が最安値でなくても、引っ越しの時に出たゴミや不用品を回収してくれるサービスのオプションがついている業者もあります。


なので、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、サービスオプションの内容を確かめてから判断するのが合理的でしょう。


1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。


この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが要因だと言えます。


一般的に、引っ越しは時間と手間がかかると耳にしますが、詳細を聞いてみると、各種の手続きが煩雑であるということが大きな理由のようですね。


水道や電気、市役所への複数の必要書類などなど、元の土地でも引っ越し先の土地でも行わなければならない手続きが重なっていますから、しっかりと計画を練って作業を終わらせていく必要があります。


転居先がごく近所であれば業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。


自家用車を使って、運べるだけの荷物はコツコツ新しい住居に運んでしまいます。


少量ずつ時間をかけて運んでいくことで自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。


自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。


これで運送してしまうと良いです。


このやり方ですと、引っ越しに掛かる支出は大きく削減できます。


16:06
2019年11月14日(木)
【新しい住まいに引っ越すにあたり】
新しい住まいに引っ越すにあたり、ライフラインなどの手続きとともに、もう一つできればネットも使えるよう、整えておきたいものです。


プロバイダをはじめ、今の環境を変えたいのなら引っ越しを機に解約、ということで良いのですが、そうではなく、今の状態を続けたいと考えるなら、今までの契約は維持し転居先で引き続き使えるように、住所変更の手続きなどをするようにします。


もし、引っ越し先にまったくネット環境がなかったりした場合は工事などをすることになります。


転居後すぐにネットを使えるようにしたいのであれば、確認と準備を早めにしておくのがおすすめです。


引っ越しでは、ご自分が所有する車も住所変更届が必要になりますが、そうしたらナンバープレートも変わることになるのか心配になるかもしれません。


これは単純な話で、ナンバープレートの変更はどこの市区町村に転入するかによって決まります。


転出してきたところと、同じ陸運局の管轄ならナンバープレートはそのままで良いのですが、陸運局の管轄地域が異なる場合、変更は強制的に行われます。


一般家庭の引っ越しを扱う会社としては実績を知られているのはパンダマークの引っ越しのサカイになります。


支店の数は全国170社以上に及び、車は自社の保有だけで3500台以上に及ぶので、その機動力を生かした引っ越しを行うことが可能です。


幅広いニーズに応えられるよう、スタッフの仕事も一定の水準を保っているのでいろいろなケースも信頼して任せることができます。


転居に必要な手続きの一つは、ネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。


忘れている方も多いようで、引っ越しを終えて、いろいろ連絡を取ろうと思ったところで、インターネットが使えなくて青ざめる、そんな方はどこにでもいます。


三月から四月の引っ越しが多い時期には数週間待たないと工事ができないということもありますので、引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは早く終わらせて損はありません。


賃貸の部屋から転居していく時には、退去時の立会いという部屋のチェックが必ずあります。


部屋を管理する立場の人が部屋に入り、部屋の隅から隅までチェックしてきます。


立会いを終了させてやっと退去です。


全てに当てはまるわけではありませんが、公共料金の精算は全て済ませておくのが常識ですし、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。


15:36
2019年11月13日(水)
【引っ越しにお金はあまりかけたく】
引っ越しにお金はあまりかけたくないという場合、赤帽は最適な引っ越し業者だと言えます。


中でも単身引っ越しでは実績があります。


料金設定は時間制のものが多いので、ご自身でも運搬をすることで作業の時間を短くすることが可能ですので、自主的に作業の手伝いをするのがおススメです。


赤帽車が軽という懸念があるかもしれませんが、一般的な引っ越しの荷物の量であれば、何の問題も無いでしょう。


一般家庭の引っ越しを扱う会社として、日通は「引っ越しは、日通」のキャッチコピーとともに、誰でも知っている事業になりました。


引っ越しサービスを扱ってきた業者を思い浮かべると、引越社とか引越センターの会社名しかないのが当然だと思っていました。


運送会社の多くが最近になって単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。


とりわけ、日通のように運送会社としても有名どころであれば、それなりのサービスを期待できます。


先日引っ越したのは良いのですが、引っ越し当日までに大変な労力を使いましたね。


転居前はマンション暮らしだったこともあって引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。


引っ越し費用を少しでも浮かせたいと思い、自分でエレベーターに乗せられる荷物は自分で計画を立て借りた台車に少しずつ積み、新居へと持っていったのです。


案外、台車は便利ですよ。


引っ越しにまつわる諸々の料金について、いくら位になるか誰しも気になるところではあります。


しかしながら、費用関連については、ネットを使うと容易に聞いたり調べたりできるはずです。


また、複数業者から簡単な見積もりを知らせてもらえるサービスなどもあり、まったくどこの業者を選べばいいのかどうにも判断しかねている場合は一度、業者の比較サイトを覗いてみて、一括見積もりを申し込んでみると良いでしょう。


引っ越し業者を使わずに、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合はまずは荷物を少なくすることを考えます。


一般の自家用車で、荷物を運ぶのが基本になりますので、詰め込みやすくするための工夫をします。


大きすぎないダンボールを使って荷物を作るようにする、食器やコップなど壊れやすいものは、衣類でくるみ、梱包をしてしまう、こうして、包み紙を使わないことで体積が増えることを防ぎ壊れ物も衣服も、どちらも安全に同時に運ぶことができます。


こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。


15:30
2019年11月12日(火)
【自営業をはじめとする、国民年金加入者が】
自営業をはじめとする、国民年金加入者が引っ越しを行なうと、国民年金手帳の住所変更の手続きをしないといけません。


手続きの期限は引っ越し後14日以内ですから住所変更手続きをしてしまいましょう。


手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。


どうしても本人が手続きに行けない、という場合は、記入漏れのない委任状が出せれば本人の代理人が、手続き出来るようになりますので、ご参考までに。


天候の良し悪しは、引っ越し作業に大きな影響があります。


例えば、激しい降雨などがあると、防水の徹底など、作業が増えて時間がかかってしまうでしょう。


荷造りから何から一切を業者に任せている場合は、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、道路事情が雨で悪くなったりすることで到着が大幅に遅れるなどの影響は出るでしょう。


スタッフの手を借りずに、自分で荷物を梱包をするなら、特に荷物の防水には気を使いましょう。


万が一のことも考えて防水対策をやり過ぎてしまう、ということはないはずです。


引っ越しを契機として今後NHKは見ないという見通しがあり、受信料支払い契約を解除したい場合、自宅に受信できる機械がないことを証明する手続きも要求されて、かなり面倒なことになると思ってください。


それだけでなく、受信料を口座引き落としにしている世帯では、解約手続きで時間をとられている間に、容赦なく受信料が引き落とされます。


段取りを決めたら、一日でも早く手続きに取りかかってください。


引っ越しをすると多くの場合、さまざまな不用品がでてきてしまいますが、こういう品物を買い取ってくれるサービスを行なう引っ越し業者があって、かなりの人気があります。


たんすやクローゼットのような収納家具から、バッグなどのブランド品だったり、それからソファーとかの応接セットなど、引っ越しの時に出てくる不用品の種類は様々です。


種類が多い場合は、不要品の買取を本格的に行う方針の業者を選ぶのが賢明です。


なぜならそういうところは、査定がしっかりとしていますし、買取対象商品が広いので、新たに買取先を探す必要がありません。


引っ越しにおける挨拶をした方が良いのかしない方が良いのか悩んでいるという話も耳にしますが、やはり転居元と転居先の隣近所に向けて忘れずに挨拶するのが良いでしょう。


挨拶をしておかないと隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。


普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。


円満に解決するためにも、隣近所の住人には、可能であれば挨拶をしておいた方が良いと言えます。


13:42

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++