これから引越しする人に・・・


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年09月24日(木)
【自分は引っ越しで損をしたくないと】
自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら見積もり価格を見てから、引っ越し業者を決めることをすすめます。


一番良いのは実際に業者に見てもらうことですが、業者に来てもらうことが困難であればどんな荷物がどのくらいあるかを電話で伝えることで最適なプランを教えてくれます。


あの業者ではいくらだったと伝えると標準価格から引いてくれることもあるので、忙しくてもひと手間かけて、5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。


あらかじめ引っ越しの費用がいくら掛かるのか、把握しているつもりでも思わぬ出費もあったりして、意外とかかることが多いようです。


あまり無駄な費用をかけたくないのであれば、業者の選択についても少し慎重になった方が良いかもしれません。


業者の料金を見ると、同じだけの荷物を積んで、同じ距離運んだとしてもそれぞれの会社によって料金体系も異なりますので、それが金額の違いになります。


そういった、料金の差を知りたいという人にとって役立つのが、引っ越し料金の一括見積もりサイトです。


サイトを訪問して必要事項を打ち込み、申し込みをするだけで各社がそれぞれの見積もりを提示してくれますので、金額を簡単に比較検討できて重宝します。


アパートなど、賃貸の部屋から引っ越すのであれば、部屋を出る前にきちんと掃除をしておきましょう。


何か効果があると言いきったりすることはできないものの、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。


これが敷金返還について影響する可能性もあるでしょう。


さてお掃除に関してですが、何をしても落とせない汚れがあったり自分で修理するのが不可能なレベルの傷や破損は、放置がベターです。


頑張って擦り落とそうなどとやると、余計に傷口を広げることの方が多いです。


最近、引っ越ししました。


準備をしているときにクローゼットの中を全部開けてみたのですが、もう使わないものが大半だったので我ながら呆れました。


とりわけ服は何年もしまい込んでいたものが多かったのです。


そんなわけで、引っ越しのために不要なものを片付けることができて、荷物も私の心も整理することができました。


住民票を動かすと、絶対しなければならない手続きの筆頭といえば、運転免許証の住所変更を申請することでしょう。


運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、住所変更の届は早く出した方が良いのです。


転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。


住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を窓口受付時間内に提出し、届を書いて出すだけで記載事項変更は終わりです。


07:12
2020年09月23日(水)
【子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの】
子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたが新築のマンションを買ったので、引っ越すことにしました。


引っ越し当日に起こったことですが、作業の最中、ずっしり大きいテーブルがあって、分解可能な筈でしたが、思ったようにいかないので、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、びっくりするような値段ではありませんでしたが、追加料金を請求されてしまいました。


見積もりを出してもらった段階で追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大事だと思いました。


少し検索するだけでわかりますが、引っ越し業者の数はとても多いです。


ですから、どこそこを利用したい、などという思い入れも特にないのなら誰もが聞けば知っているような大手業者にしておくのがまず間違いのない選択となるでしょう。


実際の会社名を挙げるとするなら、アリさんマーク引っ越し社といったような、知名度の高いところです。


名のある大手ということで、利用人数が桁違いです。


それだけ実績を積み、ノウハウの蓄積もありますから、安心できる質の高い、スムーズな引っ越し作業が期待できます。


これから引っ越し、という人にとって必要なものと言えば、とにかくまず、ダンボールではないでしょうか。


荷造りをするためには、ダンボールはどうしても必要となってきます。


軽い物は大きい箱に、重い物は小さい箱に、などと使い分けができると便利ですので、大小の種類がいくつかあった方が何かと困らないはずです。


家中の物を詰め込んでいきますし、人によってはかなりたくさん使うことになるでしょうから、想定より多めの個数を準備するのが良いようです。


ダンボールはネット通販やホームセンターで購入できます。


また、スーパーなどでもらってくることもできるのですが、何と言っても、引っ越し業者の用意するダンボールを使うのが作業効率の点から見ても良いようです。


人それぞれ引っ越しの仕方は異なります。


荷造りから荷解きまで全部を任せるタイプの引っ越しを選ぶと楽で良いのですが、人手も手間も要るので高くつきます。


荷物も少ない単身での引っ越しであるなら、お一人用のサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。


それだけでもう、引っ越しに必要な支出を大幅に削れることになりますので、その分は、何かと物入りな新生活のために割り当てるようにしましょう。


私たち一家が新居に引っ越したときは、1歳の子供がいました。


話すことはできなくても今までの環境と違うことは感じているもので勝手が違うことに戸惑っているようでした。


いつの間にか増えていた子供のものも、使わないものを思い切って処分しました。


いろいろ片付けていて母子手帳を見つけて読み返してみました。


一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。


07:12
2020年09月22日(火)
【無駄なお金を一円でも使いたくなけ】
無駄なお金を一円でも使いたくなければおよその見積もりを出してもらってから、引っ越し業者を決めるべきです。


正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、直接見てもらうことが難しければ荷物がどのくらいになりそうか、電話で伝えれば一番適当なプランがわかります。


いくつかの業者の見積もり価格を出すと相場より若干値引きしてくれることもあるので損をしたくなければ、いくつかの業者から見積もりをとるようにしましょう。


今まで忘れられていたものも、引っ越しの時に整理しなくてはなりませんが、どこの世帯の引っ越しでも不要品が生じます。


様々なものを処分するのは大変です。


そんなときぜひ利用してほしいのは不要品引き取りサービスを引っ越し業者が行っていることです。


電化製品などは、業者によってはお金を払って処分しなくてはならないものを資源のリサイクルなどの名目でただで引き取ってくれることもあるので、問い合わせるだけの価値はあります。


引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによって上下するみたいですね。


どうしても春先は、学校や職場が変わるため引っ越しが増えます。


そのため業者に支払う費用は高くなります。


週末および休日の引っ越しも当然割高になります。


では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。


情報はいくらでも手に入ります。


引っ越しの総合案内サイトもありますので無料サービスとして、見積もりを出してもらうことも簡単に行えます。


相場はどのくらいかしっかり調べ、一円でも費用を安くしていきましょう。


業者に依頼した場合の引っ越し費用は、同一内容の引っ越しで比べても時期によって変わることは確かです。


旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は引っ越しが多く、繁忙期になるため基本料金そのものが高くなることが多いです。


もしできるなら、いわゆる閑散期に引っ越しを実現できると費用もサービスもお得になります。


閑散期と繁忙期の差は、ほぼ倍になるケースも見られます。


今の住まいをどうやって決めたかというと、よく行く駅の近くにある不動産屋さんで、探してもらっていました。


どこにでもありそうは不動産屋さんでしたが、本当に親切で、対応が丁寧だったので、すっかり信用しまして、その方おすすめの物件から、今の部屋を選んだのです。


そこから少し離れた別の不動産屋にも訪ねて、相談もしてみるつもりはあったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれるということを教えてもらいましたから、お店のハシゴはせずに、帰ることにしました。


07:12
2020年09月21日(月)
【いつ引っ越しするか決まった時】
いつ引っ越しするか決まった時点で絶対欠かせないのは転出届を提出し、受理してもらうことです。


複雑な手続きではなく、現住の市区町村で役所に出向き、窓口で手続きできますが、郵送での受付もできますので、調べてみてください。


また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。


実際に転居する2週間くらい前から、届を受け付けることができるようですので、確認してください。


もし、引っ越しされる方が車をお持ちならば、自動車についても住所変更手続きを求められますが、そのときナンバープレートも変更になるかと気がかりだと思います。


日本全国どこでも、ナンバープレートの変更があるかどうかは陸運局の管轄地域が問題になってきます。


引っ越しの前と後で、管轄の陸運局が同じならナンバープレートの変更はありません。


管轄が異なる地域であれば、当然、ナンバープレートも変わります。


収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活をしている方がいるとすれば、その方が引っ越すとき最も大変なのは荷造りを完了することでしょう。


ものが多すぎて整理しきれず、荷造りを終えられそうにないと思ってしまえば引っ越しするのが嫌になってしまうかもしれませんが、いいきっかけになったと割り切ってとことん処分してしまえばきっと楽になるでしょう。


個人の引っ越しを扱う会社の大手で、全国どこでも高い評価を得ているのがパンダマークの引っ越しのサカイになります。


支店の数は全国170社以上に及び、車は自社の保有だけで3500台以上に及ぶので、大手にふさわしいネットワークや機動力のある引っ越しを期待できます。


サービスの向上にも努めており、どのスタッフもきちんと仕事をしているのでどの世帯の引っ越しも安心して任せられます。


引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。


ただ賃貸住宅の場合、退去時に、管理人や管理会社の担当者に対して取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを聞いてみるべきです。


管理する人の立場からすると、次の住人がすぐに使えるのでそのままにしていって良い、という答えが得られる場合もあります。


そうやってエアコンを置いていくことができればエアコンの取り外しにかかる費用を、使わなくてよくなりますから、少しコストを削ることができますね。


07:12
2020年09月20日(日)
【引っ越し作業についてですがい】
引っ越し作業についてですがいろいろな物の梱包を、衣服から日用品までなんでも自分でこなしてしまう人は意外に多いのですが、業者にもよるものの、梱包作業も業者が行なう引っ越し作業の一つとして依頼できるコースがあります。


そういったシステムなら時間をとる梱包作業は業者にしてもらうことを、おすすめします。


作業に習熟したプロに任しておけば、間違いはないでしょうし、もし何か問題が起こった時には作業を行った業者がその責任を負って弁償するケースもあるためです。


この頃ではもう、だいぶん廃れてしまったようですが、大変だった引っ越し作業を終えたら、みんなでソバを食べる、というような面白い習慣が、かなり以前からありました。


元々は、ソバの形状に掛けてどうか細く長くお付き合いできますようにと縁起をかついだのと、名称から「ソバ」に引っ越してきましたからよろしくお願いします等という洒落っ気も込めて引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。


引っ越しの際、コートやフォーマルなスーツなどの衣類を梱包するなら大抵の引っ越し業者からレンタルすることができる衣装ケースが存在しますから、これを用いると荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。


衣装ケースではなくダンボールを使用した場合はたたんで詰めていくので手間がかかりますがこの衣装ケースを使うと衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。


転居先に着いたら、ケースから取り出してハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。


時期や積み荷の量、あるいはどこまで運ぶのかの差異によって引っ越しにおける相場も変わることをご存知ですか?お得に引っ越しをするためにもまずは色々と情報を集めて目安になる相場を分かっておくことが望ましいです。


これを分かった上で、見積もりをとって業者を比較し、調べた相場より安価であったりサービスが良い業者にお願いするのが良い方法だと思います。


一般家庭の引っ越しを扱う会社として、日通は多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、よく知られた存在になりました。


一般家庭向けの引っ越し業者を調べたとき引越社とか引越センターの会社名しかない先入観がありました。


ところが、運送会社は近年、単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。


おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。


03:36
2020年09月19日(土)
【荷物の量や移動距離の違いで引っ越しにかかる費用の相場】
荷物の量や移動距離の違いで引っ越しにかかる費用の相場は変わります。


出来るだけ出費を抑えて引っ越しをしたい方は、まずは色々と情報を集めて目安をつけるためにも、一般的な引っ越しの相場を知っておくことが望ましいです。


大体の相場が分かったら、複数の業者に見積もりをお願いして、相場より安価でサービスの良い引っ越し業者を見付けるのが後悔の少ない引っ越しの方法だと思います。


忘れていませんか?引っ越しの際に準備しなくてはならないことの一つがインターネット回線の移転手続きです。


これが盲点だったという方も多く、これで引っ越し完了と思ったところで、はじめて移転手続きが終わっていなかったことに気づいた、そういう話は実際にあるのです。


引っ越しが多い時期だと開通に数週間かかることも珍しくありません。


引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは早く終わらせて損はありません。


快適で安全な住環境を構成しているのは住居の中だけとは限りません。


近所との関係も住環境を構成しています。


円滑な関係作りのためにも、引っ越したら、ご挨拶をその日のうちに済ませるべきです。


ちょっとした手土産を携えて訪問することを忘れないでください。


挨拶に時間をかける必要はないですが、良い印象が伝わるようにしましょう。


どんな人間関係も、第一印象で決まります。


1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。


大学入学や就職、転勤など、人の移動が多いことが要因でしょう。


一般的に、引っ越しは時間と手間がかかると耳にすることもありますが、手続きがややこしいという点が主な要因となっているようです。


引っ越しにおいて必要不可欠なガス、水道、市役所への提出書類など、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、後で手続き洩れが出ないように、きちんとした計画を立てて作業をこなしていく必要があります。


就職して、通勤に便利なところで初めて一人で生活することになりました。


この時、新しい部屋に持っていく荷物がほとんどなくて、普通の宅配便(クロネコでした)を使って引っ越しを済ませることにしたのです。


ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、トラック借りて運送したりするより、もっとずっとずっと安かったです。


ある種の生活必需品、たとえば布団とかは後から新しく買うことにしていましたからそんな引っ越しもできたのだと考えています。


03:24
2020年09月18日(金)
【来月引っ越すので準備を進めていますが、】
来月引っ越すので準備を進めていますが、引っ越し先までピアノを持っていくかこの際、処分するかどうか悩んでいます。


誰もピアノを弾くことはなく、ずっと置いておくだけでしょう。


そうかといって、処分するだけでもそれなりの費用がかかると思いますし、一体どうしたら良いのでしょうか。


もらってくれる方がいれば一番良いと思いますが、条件が会う方はいないものです。


私たち一家が新居に引っ越したときは、1歳になる子供と一緒でした。


こんな幼い子供でも今までの環境と違うことは感じているもので少しストレスを感じていたようです。


子供のものも知らぬ間に増えていたのでおもちゃや衣類など仕分けることにしました。


片付けを進めているうちに母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、それほど昔のことではないのに、ずいぶん懐かしく感じました。


学校や職場から便利なところに住みたい、世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で人は引っ越しするのではないでしょうか。


その際、不要になったものや長いこと着ていない服などは手放し、引っ越しの荷物を減らすことが多いのではないでしょうか。


それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。


一日のうち何時間かは必ず使うものですからなかなか手放せないものかもしれません。


よく言われることなのですが、引っ越し費用のうちで、高くなりがちなのがエアコン関連です。


エアコンの設置や取り外しは、専門知識のない人にとっては大変難しいので、必ず専門業者を呼びます。


なので、エアコン取り付け一台につき一万円と少し、といったところだそうです。


もし、エアコンの工事も引っ越し作業としてサービスでついている場合は安くなるはずですが、引っ越し業者はエアコンを新居に運ぶだけ、そして工事をどこにも頼んでいないという場合は、改めて専門業者に取り付けを頼むか、新しい物を購入して、店の人に取付工事と古い物の引き取りを頼むか費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。


忘れられていた様々なものが引っ越しの時に出てきますが、仕分けの結果、不要になるものもあります。


処分に頭を悩ませてしまいますよね。


ここで調べる価値があるのは多くの引っ越し業者が行っている、不要品を引き取るサービスです。


電化製品などは、業者によっては粗大ゴミにすれば処分にお金がかかるものをリサイクルといった名目をつけて無料回収を行うところもあるので必ず調べてみましょう。


02:54
2020年09月17日(木)
【転居に必要な手続きの一つは、引っ越し後にイン】
転居に必要な手続きの一つは、引っ越し後にインターネット回線を使えるよう、プロバイダーへの移転手続きを済ませることです。


引っ越し先の状況によって対応も違ってきますが、荷物も人も移転しているのに、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、そういう話は実際にあるのです。


三月から四月の引っ越しが多い時期には開通に数週間かかることも珍しくありません。


引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは抜けのないよう、早めに終わらせましょう。


引っ越しは何度もしてきていますが、その上で、一つだけ多くの人に聞いて欲しいことがあります。


「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。


とある引っ越しの時、運んでもらった荷物の中で、気付いてみると、一つの箱のいくつかの食器が欠けていました。


割れたものが、自作のお皿だったりしたため、ショックは大きかったです。


ただ、お気に入りのものではありましたが、高価なものではなかったので、もうクレームをつける気にはなれませんでした。


これ以降の引っ越しでは、壊れやすいものと貴重品は、自分の手で運んでいます。


引っ越しに共通して使われるものがありますね。


荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。


簡単に入手できるものばかりですが、専門の業者に依頼した引っ越しならば、契約するまでに契約特典扱いで、このような消耗品をもらえるという話もよく聞きます。


契約の時にたくさんもらえたのに先に買ったものが無駄になったと泣かないように見積もり依頼の際にはどうなっているのか知っておきましょう。


一番最近の引っ越しは結婚したときですが、宅配便で身近に感じていたヤマトの単身引越しサービスを利用しました。


実は、業者さんを頼っての引っ越しなど初めての経験で、最初の電話から、緊張の連続でした。


最初から最後まで、それぞれのスタッフの方に丁寧な対応と、確実な作業をしていただき、信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。


引っ越しはまたあると思いますが、その時にもヤマト運輸の利用を考えています。


けっこう多くの世帯で、引っ越すときに様々な側面から、生活そのものを再度見直すことになりますが、日頃見落とされがちなNHK受信料についてもこれを機にちょっと考えてみませんか。


もし、引っ越し先でテレビがないとすれば受信料を払っても単なる無駄金になるわけで、口座からの引き落としやカード払いならばそれを解除し、NHKとの契約を終わらせると生活費の節約につながります。


02:12
2020年09月15日(火)
【天候は、引っ越し作業に大きく影響するこ】
天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、雨が降ると荷物の防水などの作業が増え、時間がかかるようになります。


梱包作業を業者に一任しているのであれば、雨によって荷物が傷むなどのおそれは無いでしょう。


でも、雨による渋滞で引っ越し先にトラックの到着が遅れることはよくあります。


荷造りを全て自分で行なうのであれば、特に荷物の防水には気を使いましょう。


季節によってはゲリラ豪雨などもありますし備えておくと良いでしょう。


引っ越し業者の費用の相場は、引っ越しの内容が変わらなくても時期によって変わることは確かです。


人の移動が多い年度末や長めの休暇中だと引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、どの業者も高めの料金設定になっています。


このことから、できる限り繁忙期以外の閑散期に依頼できると費用面では断然お得です。


閑散期と繁忙期の差は、ほぼ倍になるケースも見られます。


あらゆる引っ越しには大小さまざまな問題が伴ってきます。


ガスコンロを引き続き使えるか、買い直すのか、検討するのも問題の一つでしょう。


私が引っ越したときは、新築だったためガスコンロも必然的に新しくなりましたが、家具が備え付けられた住宅の場合には、今のガスコンロが引き続き使えることもあり得ます。


プロパンと都市ガスなど、ガスの種類が変わるとガスコンロを使用できないこともあります。


ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新しいものを買おうと考えているなら新居のガスは何か、確認が必要です。


引っ越して、住所が変更したら、出来る限り早く国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行なう必要があります。


資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。


印鑑、国民健康保険証と、それから本人確認書類を何か用意して手続きを終わらせてしまいましょう。


面倒ではありますが、同じ市区町村内での引っ越しであった場合でも、提出しないといけないのが、転居届ですので、注意します。


大抵の引っ越しでは、意外なほど多くの不用品が出てくるものですが、これらの品をサービスとして買い取る、引っ越し業者が増えており、大変な人気を呼んでいます。


大型収納家具からブランド品、テーブルや応接セット、あるいはベッド等々、転居によって出る不用品と言えば、多種多様です。


不要品の種類が多くなりそうな場合は、そういった品の買取に熱心な引っ越し業者を利用すると良いでしょう。


そういったところは、査定がしっかりとしていますし、買取対象商品が広いので、新たに買取先を探す必要がありません。


19:54
2020年09月14日(月)
【生活に必要な手続きとして、電話回線の引っ越しも考え】
生活に必要な手続きとして、電話回線の引っ越しも考えなければなりません。


固定電話をほとんど使わないため、契約を止めるという結論になるかもしれませんが、引っ越しても生活に電話回線が必要だったら、引っ越しても電話回線を使えるようにするための手続きを忘れてはなりません。


引っ越したときには契約が始まっていないと電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、引っ越しを決めたらできるだけ早めに必要な作業を進めていきましょう。


家移りも本格的になると、当日はやるべきことに追われてしまい、作業だけで一日終わってしまうでしょうから、当日でなくてもできることは済ませておけば安心できます。


引っ越したらすぐに、水道や電気、ガスなどを使用可能にしておくことは絶対条件としても、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、他のものに紛れないように、取り出しやすく、片付けやすくしておかなければなりません。


引っ越しの荷物が全て積み込まれるのに、時間がどれくらいかかるかはその度に変わるのが普通で、一定にはなりません。


何階の部屋か、荷物はどれくらいか、それからスタッフは何人かなど、様々な要因によりぜんぜん変わってしまいます。


そういったことを踏まえて、ということになりますが、単身の方の、特に荷物が多い訳ではないケースで30分程度、他と比べて相当荷物が多いご家庭の引っ越しなら2時間を越えるくらいで、一般的な家庭の引っ越しなら、大体この範囲内で積み込みは終わるでしょう。


私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。


引っ越しの理由は進学や就職ですが、毎回苦労するのが荷作りです。


そんな経験からわかったことは、単身世帯が引っ越すのなら値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば荷物を安全に運べるということです。


無料で手に入るスーパーのダンボールや、クラフトテープと比べれば丈夫さが全く違います。


問題なく荷物を移動させるために必要になるので、あきらめないで入手しましょう。


転居などきっかけがあってNHKの番組をテレビで見ることはないと予想され、受信料支払い契約を解除したい場合、NHKが受信できないことを証明しなければならず、かなり面倒なことになると思ってください。


しかも、受信料が自動引き落としになっていれば解約手続きが完了するまでの間もNHK受信の有無にかかわらず引き落としが行われます。


段取りを決めたら、一日でも早く解約へと進んでいきましょう。


18:48

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++